2012年 08月 29日 ( 1 )

No title

先日アクセス数の話をして、やはり音楽の話題が一番ウケがいいという結論を得たにも関わらず今回も日常ネタです( ^ω^)
d0089277_113853.png
取りました。ウチのお母さんのではありません。毎日午前中だけ授業受けて2ヶ月かからないということは、朝から晩まで通いつめたら1ヶ月で取れるってことですね。ニートってすげえ。

8年前に学生卒業してから勉強するための脳味噌がうんこちんちんになってしまったふぁじーでも試験の類はオールストレート合格だったんだから余裕ですよ皆さん。恐れることはありません。一番大事なのはいかに教官とうまくやっていくかなんですから。






これだけじゃつまらないので裏をかいて音楽の話。
EMETH:Telesis
d0089277_112844.png
何故かこの数分間タグが機能しなかったエキサイトクォリティには安心感すら漂っている。ベルギーのデスメタルバンドといえばABORTEDかIN-QUEST様かというくらい将来性の薄かったベルギーのデスメタル界に一筋の光を差す事に成功したバンドの三枚目フルレンス。1998年のデモリリースを経て2004年の1st"Insidious"でデビュー。2008年にこの作品をリリースしてから音沙汰がないので解散したと思ってましたがどうやらまだライブ活動を続けているようで、割と息の長いバンドであります。イケない方法でゲットしちゃったよ…。

1stと2nd"Reticulated"はゲロとクソとミソの海でめっためたにのた打ち回るようなブルータルデスメタルだったと記憶していますが、この作品はそんなアングラ志向の過去作とは大きく趣を異にし、バンド名が先行してどこか神秘的な感じが漂うメロディ(Encyclopaedia MetallumのLyrical themesにも『Human Mind, Society, Death』って書いてある)や分かりやすい展開等キャッチーさにも気を使うようになり、二流だったサウンドも随分と垢抜けてメジャー級に。多少耳の鍛えられた程度のメタラーなら受け入れられそうな洗練されたデスメタルに生まれ変わりました。すったかすったかツービートで走り抜けるパートがこのテのバンドにしてはやたら目立つので、このスカッとしたキレのよさはデスラッシュに通じると言っても良いのでは。初期から支えてきたオールドファン()からは非難轟々でしょうね。そんなものいるかどうか知らないけど。

まぁでもそれは後々加えられた追加要素という程度の話で、根っこは相変わらず容赦もエゲツもあったもんじゃない強烈なデスメタルだと思います。でもやっぱり、ブルータルデスメタルがメロディを取り入れることになんの抵抗も無いふぁじーは#2"Anochi Kofer"のためらいの無さが好きだったりする。他にも#1"Silence Goes Unheard"で変態的にベースをプルンプルン鳴らしてみたり、#9"Aquarian"が不穏なメロディを紡ぎ出すアコースティックギターのインストだったり、タイトルが謎な#11"Aum"は土着民族が信仰している神を呼び出す儀式のようなトライバルなリズムだけのアウトロだったりと器用なこともやってのける器の広さも持ち合わせている(と思ったらこういう意味の単語だった)

どうでもいいけどwikipediaのデスメタルの項目、ベルギーのとこにABORTEDだのIN-QUESTだのを差し置いてEMETHだけちょこんと載ってるのにワロタ。すごいぞEMETH!やるじゃんEMETH!
[PR]
by final-resistance | 2012-08-29 12:38 | Comments(0)

一生一緒にデスメタル。


by final-resistance
プロフィールを見る
画像一覧