No title

d0089277_21174067.jpg
買えよオラ!!!ネームユアプライスで$666$出して買えよオラ!!!!!!!!!!!!

[PR]

# by final-resistance | 2016-02-29 21:19 | Comments(0)

No title

ふぁじーより一生懸命レビューをこなしているにも関わらず、全世界ン十億人いるインターネットユーザーの只一人すらからもレスポンスを付けてもらえないブログが庭の畑の草花の数より多い中、遥かにたくさんのコメントを頂いて、たまにこういったクソどうでもいいオススメコメントをもらったりもしますが…(拝聴しましたところ、クソコメントよりクソどうでもいいクソメロデスでしたね)。

で、何故皆様「今年発売じゃないCDを『今年のCD』と紹介してレビューすること」を嫌うのでしょう。長年ブログをやっておる小生様々コメント頂いて唯一そこだけがずぅーっと気になっております。もしかしてふぁじーの語彙力や読解力や文章力や理解力がバカだったりするのでしょうか?それともアレか?お前らアレか?「『今年のCD』っていうのは『今年発売したCD』じゃなきゃダメなんだよ!お前が『今年買ったCD』はレビューしちゃダメなんだよ!」とかいう強迫観念でもあるのか?新譜レビューが見たければ他にも一生懸命なブログはそれこそ庭の畑の虫の数よりは多いと思いますからそちらを拝見して頂ければいいと思います。あと何回も言ってますけどウチはレビューブログじゃありませんから!ツキイチ更新で今年のCDレビューするだけでレビューブログを名乗ったりしたら他のレビューブログに失礼ですから!!やめてくださいよほんとに!!!

さぁ前置きはこれでおしまい。今年のCD、今年もどうぞよろしくお願いします。




と、CDの紹介に入る前にですね、一つ昔話をさせていただきますとですね。
専門学校時代授業中にPCでレビューブログ読んでるのバレて怒られたんですよ。ずーっと教壇から降りてこないタイプの教師なのになんでバレたのかといいますとですね。とあるアルバムのジャケが飛び込んできたわけですよ。

いきなりコレモンのね

マジで「wwwww」って声出ましたね。周りのクラスメイトもみんな振り向きました。デスメタルのレビューサイト見てていきなりお前マンコかよっていうサーモンピンクの多足のバケモノが出てきたら笑うでしょ。葬式の最中にいきなり坊さんがブラストビート叩き出したらヘドバンするでしょ。

その後あろうことか教師が集う職員室で30分ひたすら怒られ続けた僕は、そのジャケットとバンド名だけは卒業後10年経っても鮮明に覚えていたのでした。

KRONOS:The Herenic Terror
d0089277_13534078.jpgってなわけでコイツです。去年新譜リリースしt……あぁダメなんですねあなた達。今年発売したものじゃなきゃ新譜って言っちゃダメなんですよね。わかりましたよもう。去年アルバムリリースしたこのバンドを見た瞬間電撃的に上記の出来事を思い出しました。試しに聴いたら中々よろしかったので注文したついで、過去作探してたらコイツがツボにヒットしましていつねsでポチりました。

どこにでもいそうな検索泣かせのフランス産、オールドスクール臭がプンプン漂うデスメタル。声がベントン師匠じみている点もまたオールドスクールっぽさがアップアップしてますね。といっても血生臭いドログチャネチブチョした雰囲気はほぼ皆無、あまりオールド過ぎずにあくまで00年初期のテクニカル/ブルータルデスが輝き始めた頃のエッセンスも存分に吸収しまくったパワフルかつメロディアスで正にヨーロピアーンな一枚。というとVADERも思い浮かんでくるんですけどそうですね。「オールドスクールにこだわりながらデスメタルとしてのスタンスはガッチリキープしつつも時代に合わせた正統進化を続けていっているDEICIDEやVADER」というイメージでピンと来た諸兄はどうぞ。

[PR]

# by final-resistance | 2016-02-15 13:45 | Comments(8)

No title

まだベスト記事も書いてないのに去年の購入録消しちゃった…リスカしょ…。
そんなわけで記事を掘り出すのも思い返すのも面倒なので印象に残ったものを紹介するに留める(大体順不同)。

GLORIA MORTI:Lateral Constraint
d0089277_1941453.jpg
フィンランド産のブルデルぅ?どうせ小汚いガテラルとブラストかましてるチンパンデスメタルでしょ?と顔をしかめたソコのアナタ。こいつを聴いてフィンランド住人5000兆人に土下座しろオオオォー!!!

DESTRAGE:Are You Kidding Me? No.
d0089277_19413971.jpg
タイトルもジャケも演奏も何もかも人をバカにしてるが中身は真剣そのもの。こんなアホなのにこんなイケてるメタルはそうそう無いっすよお兄さん!

ANAAL NATHRAKH:Hell is Empty, and all the Devils are here
d0089277_18523630.jpg
ナッスは三枚買ったけどこれが一番良かった。というかブラックウィドウより好きかもしれない。最新作は何故かそこまでツボらなかった。

MECHINA:Archeron
d0089277_18523551.jpg
聴き手に全く飽きを感じさせないブルータルオーケストラユニヴァースに宇宙やヴぁい!やヴぁい!と連呼するしかなかった傑作。

EMETH:Aethyr
d0089277_18523175.jpg
ヘンテコとまではいかないが、一味違うひねくれたメロディのブルータルデスが聴きたかったらコレ。あとは順調な活動さえしてくれれば…。

SUBMISSION:Code Of Conspiracy
d0089277_18523056.jpg
どれくらいのヘヴィメタル愛好家がこの作品を知っているのだろう。こういうのを隠れた名作というのだな。これだからデスメタルはヤメラレナーイ!

DEFLESHED:Royal Straight Flesh
d0089277_18522977.jpg
こういう、あまりにもド直球で格好いいメタルって聴いてる内に変な笑いがこみ上げてきますよね。きません?

WORMED:Exodromos
d0089277_18522864.png
予測不可能な展開と変な不協和音がこれまたクセになって「もっとぉ!おにいちゃんもっと欲しいよぉ!うきゅううううん!」って床をのたうち回れる一枚。

CATTLE DECAPITATION:The Anthropocene Extinction
d0089277_18522667.jpg
前作ほど強烈でもないし前作ほど印象に残っているわけではないが、この規格外のやかましさは既存のデスメタルの遥か先までぶっ飛んで行っちゃっている。

HATE ETERNAL:Infernus
d0089277_18522542.jpg
この世の地獄とは正にこの事。バンド史上、そしてデスメタル史上においても物凄く重要な一枚。

NEAERA:Forging the Eclipse
d0089277_18522463.jpg
上半期はこればっかり聴いてたような気がする。ネット上でメタルコアと聞いてこれを買った連中のこんなのメタルコアじゃないよぉ!という悲鳴が聞こえて来そう。

HOUR OF PENANCE:The Vile Consception
d0089277_18522366.jpg
当ブログにおいて定番となったバンド。ほとんど区別がつかないブルータルデス特有の曲調にあぁ^~と気持ちよくなってくること必須。

NERO DI MARTE:Deivae
d0089277_1852227.jpg
2015年度のゲロデス部門第666位はこちら。理解できたら人としてまずい気もする、何度聴いても全く意味がわからない世界観。

BEHEMOTH:Evangelion
d0089277_18522135.jpg
ある意味Defeat史上最も話題に昇ったアルバム。なんだかんだ言ってやっぱ好きなんすねぇ(ゲス顔)

THE ARCANE ORDER:Promo 2015
d0089277_1852192.jpg
"Cult of None"を聴き終えた僕は、その後一度もそのアルバムを再生すること無く「新作はまだかな、もう少しで出るのかな。楽しみだな」と呟きつつ涙を流しながらひたすらこれをリピートしていました。



とまぁこんな感じでどうでしょう。GYZEとかBENIGHTEDとか他にもいろいろよさ気なのはあったけど、まぁアップ出来る画像15枚までだったから、じゃあそれで行こうってことで。ね?
[PR]

# by final-resistance | 2016-01-31 18:32 | best of the year | Comments(3)

No title






ん?何?お前らやっぱりなんだかんだ言って更新期待してんの?ベスト記事みたいの?ねえ見たいのねえwwwww



トレダンRPGが面白すぎて仕事も手に着かない状態なのでもうちょっとまってくださいねー。
[PR]

# by final-resistance | 2016-01-14 21:46 | Comments(0)

Infernus by HATE ETERNAL

HATE ETERNAL:Infernus
d0089277_1031915.jpg

ちょっと早いけど今年のベスト記事やりますね。これです。以上。今年買ったCDは全部ゴミみたいなものに成り下がりましたし、あと二ヶ月弱もう何聴いたってこれを超えられる気がしません。多分来年もきっと無いでしょう。

二年に一枚くらいは俺様の人生でこれだけは外せない墓までどころか来世まで持って行きたいアルバムベスト10を塗り替えるくらいの神盤ってものがポロっと出てくるんです。ブラショとかね。このアルバムは見た瞬間からそんな気がしてましたが、やっぱりそうでした。

ロックやメタルの歴史を紐解いてみると、歴史が変わった瞬間ってのはいくらでもあると思います。BLACK SABBATHやJUDAS PRIESTが結成されたとか、イングのデブがネオクラを始めたとか、SLAYERのアレがリリースされたとか、カート・コベイン(笑)が死んだとか、インナーサークルの連中がホモと教会を狩り始めたとか、日本だとラウドなパークが開催されたりとか、まぁ人によっていろいろあると思います。

このアルバムが世に放たれたということは、そういった歴史が動き出した瞬間の出来事と同意義であるし、また同じくデスメタルの歴史が塗り替えられたことと同意義であると思います。

このアルバムを聴いても多くの人は格好いいだとかすごいだとか最高だとか、一般的な感嘆しか口にしないだろうし、出来ないでしょう。その中の――あるいはそれ以外を含めた少数は「何が起こっているのかよくわからないけど、確実に何かが起きている」ということは聴いている最中に実感出来ると思います。それは歴史の変化です。歴史が変わる音が鳴っているのです。喜びましょう。誇りましょう。我々は、ヘヴィメタルの歴史が変わる瞬間に立ち会えているのですから。




最後に。

注文した時は気が付かなかったのですが、どうやらデラックスエディションというものを注文していたようで数々の素敵なプレゼントがくっついてきました。こんなの聴く前から神盤確定決まってるでしょ。
d0089277_10282149.jpg

d0089277_10282180.jpg

d0089277_10281952.jpg


d0089277_10282074.jpg
最後クッソワロタ。何に使うんだよこんなのww
[PR]

# by final-resistance | 2015-12-31 06:06 | Comments(4)

The Prophets of Loss by CATTLE DECAPITATION

12月の記事はもう1個書いちゃってるんで別に更新しなくてもいいかなぁ鼻ホジホジってしてたんですが、一応新年に向けてねほら、今年のCDは今年の内にっていうそういうクソみたいなことをね?考えてましてね?ほら読めよゲロクズあさって信者共(笑)。これでDefeat年内書き納めじゃ。

CATTLE DCAPITATION:The Anthropocene Extinction
d0089277_1653632.jpg今年はHATE ETERNAL一直線なのは間違いないんですが、思い起こしてみるとBEHEMOTHやらANAAL NATHRAKHやらSUBMISSIONやらNEAERAやら数々の素敵な名盤に今年も巡り合えることが出来まして、その中素敵な一枚にコレも加える事が決まりました。まぁさすがにHATE ETERNALの直後に聴いちゃったこともあって前作ほどの腰抜けるくらいの衝撃は受けませんでしたが、前作と同じく俺達人間ポリューションをただひたすらディスりながら泣いても謝っても殴り続ける混沌としたデキャピーワールドは今年のベスト8は間違いなく飾れる超水準なクォリティ。男にも女にもモテない貴様達は今年のクリスマスはこれを聴きながら町行くアベック達に以下略しましょう。


INVISIUS:The Spawn of Condamnation
d0089277_1653796.jpgデンマーク系ってHATESPHEREの真似事か劣化版にしかならない宿命でもあるんでしょうね。HATESPHEREがHATESPHEREたる要因ってのはあの独特なクセになるグルーヴ感を叩き出せるドラムにあると思っているのですが、こういう劣化版を聴いてるとやっぱりそうなんだろうなぁと改めて思わされます。Hansen Studioの持ち腐れですなぁ。

俺はこのアルバム、曲そのものよりCDケースの内ジャケに写ってるメンバー写真にビックリしました。全員しまむらとドンキホーテ好きそうな中学生みたいなんだものww


DREAMSHADE:The Gift of Life
d0089277_1653758.jpgメロデスかと思って聴いたらメタルコアでした。メタラーあるあるですよね。数曲或いは曲中1パートだけ聴いて「おっしゃ、これはイケるで!」って聴いてみたら予想を裏切られる。

でもおかげで普段聴かないタイプの音源に巡りあうと、こう、何と言いますか。普段荒んだメタルばっかり聴いて疲れ切っている耳がリフレッシュといいますかリセットされますよね。また月曜日か…がんばれ、ワタシ。っみたいな。スイーツ(笑)


あ?今年のベスト記事?ほっとけよそんなもんwww
[PR]

# by final-resistance | 2015-12-20 16:11 | Comments(3)

Edge of Hostility by INVISIUS

グランキングダムも届いてしまったのでブログの更新が遅くなってしまいます。もうほとんどやる気無いんじゃないですかね。はい無いです。

完全にやる気がどっかいってしまう前にいっちょたまったブツの感想でもどうぞ。

SYLOSIS:Edge of the Earth
d0089277_1852420.jpgあんまり良く知らないのでどこのバンドだったかなと思って調べたらイギリスだった。何となく気難しそうな人の凝った作風なのでなんとなく納得がいくような気がする(いつものように適当な感想)。

リズミカルで小気味良いリフとリズムはスラッシュである。冗長ともとれる複雑な展開はテクニカルであり、プログレッシヴである。大体の曲は4分か5分で、長いものになると7分前後。トータルで1時間を超えるボリューミーな内容。だがそれを聴き通すとなると…俺はスラッシュじゃ物足りない。いくら聴いても満足感が得られない。おかしいなぁ、試聴した時はかなり格好良く聴こえたのに。まぁ試し聴きだということでしたね所詮は。


GYZE:Black Bride
d0089277_1852477.jpg以前「名前の元ネタは北海道にある”ぎぜ”っていう地名から来てるんですよ」っていうウソ情報を書いた時は気付かなかったのだが、本当に北海道出身のバンドなんですね。ビビりました。ところでなんでこのアルバムのジャケ画って調べても縦に短いのしかでてこないんだろうwww

曲に関してはまぁ他所のブログでも見てもらうとして、前作同様、いや前作以上にお馴染み中音域をブーストさせるぼやっとした音像が特徴のエットレ式ミキシングのせいで太すぎるリズムギターの音が要のリードギターの旋律がわかりにくくしている。…けど言うほど悪い点かなそれ。俺の場合オーテクヘッドホンちゃんが頑張ってるから気になる程でもない。



MECHINA:Acheron
d0089277_1852362.jpgアメリカのバンド、っていうことくらいしかよくわからないバンド。まぁ詳細はここでも見て下さいよ。

マシンパワー全開で気味が悪いくらい精密なドラミング(人力メンバーがいるようだが、このアルバムはマシン採用)とリフが徹底してリズムを刻む中、シンフォニックな旋律で宇宙ワールドを描くとびっきりエピックなエクストリームメタル紀行。bandcampでもItunesでも買える。他にも何作か出ているが一番気に入ったのはコレかな。思わずボーカル無しのインストトラック盤まで本当は$7のところをName Your Priceで$10出して買っちゃったくらいは気に入った。そっちはほとんど全然あんまり聴いてないけど。



PSYCROPTIC:selftitle
d0089277_1852352.jpgなるほどそうか。もう完全にそっちの方向いっちゃったんですね。進化の仕方はKEEP OF KALESSINと一緒だな。今までで最大の個性を捨てて、相対的に他の個性を引き立てるスタイル。

その最大の特徴はハーレイ兄弟が作り出すジャケの蛇みたいなうねうねぐにょぐにょした気味の悪いリフに狂い無く連動するバカキチガイクソじみてるレベルで上手いドラミングのシンクロ率50000%が生み出す圧倒的なハイパーテクニカルデスであった。そのドラムがすっかりおとなしくなって鳴りを潜めてしまい、そうなった結果残ってしまってやけにグルーヴィに聴こえ始めるリフが主力となった。一体何があった、ハーレイ兄弟。


[PR]

# by final-resistance | 2015-12-06 19:24 | Comments(0)

No title

これは草。人気あるブログは大変だなぁ(こなみ)。

それに引き続きましてHATE ETERNAL新譜の記事も好調のようでしてたくさんの心温まるコメントを頂いておりまして、レビューブロガー(笑)冥利に尽きるというものです。いつも欠かさずコメントをくれる方々のためにがんばって購入したブツのレビュー(笑)をお届けしたいのですが、デモンゲイズ二周目Lv99クェーサーを倒し終わるまで待っててね。



最近車通勤時に携帯プレイヤーで適当な音源詰め込んでランダム再生で流すのがマイフェイバリットでして買ったはいいけど二回くらいしか聴いてないブツが流れてきたりするとアレこんなかっこよかったっけと白目剥いて痙攣して癲癇起こして事故ることが多々有りまして

WORMEDとかトチ狂ったEMETHみたいで鼻血レッドデューンだし
BENIGHTEDが牛デキャピテイションみたいで耳が自爆テロ起こすし
CRYPTOPSYは相変わらず微妙

新規レビューの代わりにと言っちゃなんですが、気付かなかった魅力を発見できたアルバムを教えてあげちゃうからそれまで鼻くそみたいな記事首長くして待ってろよ~。
[PR]

# by final-resistance | 2015-11-25 22:53 | Comments(0)

No title

THE ARCANE ORDER:Cult of None
d0089277_22125968.jpg5年とか8年とか長い間待ってた超絶好きなバンドのアルバムは外れるというマイジンクスをTHE FORSAKENと共に決定的なものにした無駄盤。全曲開始1分か2分で飛ばして一曲たりとも通しで聴かなかったというある意味で貴重な体験が出来た本年度最下位間違いなしの正真正銘信じられないほどクソみたいなアルバム。こいつらどんなこと考えてこんな曲作ったり演ったりしてたのかな。

唯一評価出来るのは収録時間60分を無駄にせずに15分位で切り上げたことでデモンゲイズやる時間が増えたってことでしょうか。ホント、一体誰が聴くんだコレ…。
[PR]

# by final-resistance | 2015-10-14 22:17 | Comments(1)

No title

以前はあんなにあった面白コメントがぱったりと途絶えてしまいました。地味に楽しみにしていた私としては非常につまらなく残念なことであります。これだから夏休み真っ盛りで2ch見始めたばっかのケツの青いガキは困る。

もう10枚くらい感想雑記が溜まってますが、だから何?

ANAAL NATHRAKH:Eschaton
ANAAL NATHRAKH:Hell is empty,And all the devils are here

d0089277_22224469.jpgd0089277_22224635.jpg

ANAAL NATHRAKHはブラックメタル(+グラインドコア+α)という解釈がなさる方が多いようですが、この二枚を聴いて(そして改めて所持しているバンドの音源も聴き比べて)メインコンポーザーのMick Kenny氏はブラックメタルをやっているという自覚は(少なくともこの時点では)あまり無いんじゃないかと思え始めました。"Eschaton"はまだ初期のMAYHEMよろしくヘドロを被って腐敗した樹木のような香りが濃厚ですが、"Hell is Empty..."は特にそういったデス/グラインドな嗜好が顕著です。イントロに続くオープナーの#2がいきなりグラインドコアですし、というかそもそもShane Emburyがゲストとかじゃなくて本気でベース弾いてるし、BEHEMOTHみたいなデスデスしい曲や極悪デスラッシュみたいな爆走チューンとかそういったブラックメタル特有の邪悪さよりもヘヴィメタル本来の爽快さの強い曲が大半ですし。まさかこのバンドの感想書くのに「爽快」という単語を使うはめになろうとは。そういった意味でも"Hell is Empty..."は驚きとアイディアが詰まった作品ですし、最もリフのヴァリエーションに富んだアルバムであると思います。なんか"Eschaton"が置いてけぼりくらってるレビューですが、それくらい"Hell is Empty..."が面白いアルバムだなと思ったので仕方がありません。

スタートラインや自身がリスペクトしているモノこそブラックメタルですが、「Kenny氏がとにかく自分が格好いいと思ったメタルを演る」というコンセプトに根付いたすごく雑食性の強いバンドなのではないでしょうか。ヘヴィメタルレジェンド大国イギリス出身だけあってそれを作り上げる手腕は、"Domine Non Es Dignus"と"Passion"以外のフル音源を全て買ってしまったふぁじーには、最早疑う余地がありません。


[PR]

# by final-resistance | 2015-09-16 22:13 | Comments(0)