Defeat

agiel.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 20日

The Prophets of Loss by CATTLE DECAPITATION

12月の記事はもう1個書いちゃってるんで別に更新しなくてもいいかなぁ鼻ホジホジってしてたんですが、一応新年に向けてねほら、今年のCDは今年の内にっていうそういうクソみたいなことをね?考えてましてね?ほら読めよゲロクズあさって信者共(笑)。これでDefeat年内書き納めじゃ。

CATTLE DCAPITATION:The Anthropocene Extinction
d0089277_1653632.jpg今年はHATE ETERNAL一直線なのは間違いないんですが、思い起こしてみるとBEHEMOTHやらANAAL NATHRAKHやらSUBMISSIONやらNEAERAやら数々の素敵な名盤に今年も巡り合えることが出来まして、その中素敵な一枚にコレも加える事が決まりました。まぁさすがにHATE ETERNALの直後に聴いちゃったこともあって前作ほどの腰抜けるくらいの衝撃は受けませんでしたが、前作と同じく俺達人間ポリューションをただひたすらディスりながら泣いても謝っても殴り続ける混沌としたデキャピーワールドは今年のベスト8は間違いなく飾れる超水準なクォリティ。男にも女にもモテない貴様達は今年のクリスマスはこれを聴きながら町行くアベック達に以下略しましょう。


INVISIUS:The Spawn of Condamnation
d0089277_1653796.jpgデンマーク系ってHATESPHEREの真似事か劣化版にしかならない宿命でもあるんでしょうね。HATESPHEREがHATESPHEREたる要因ってのはあの独特なクセになるグルーヴ感を叩き出せるドラムにあると思っているのですが、こういう劣化版を聴いてるとやっぱりそうなんだろうなぁと改めて思わされます。Hansen Studioの持ち腐れですなぁ。

俺はこのアルバム、曲そのものよりCDケースの内ジャケに写ってるメンバー写真にビックリしました。全員しまむらとドンキホーテ好きそうな中学生みたいなんだものww


DREAMSHADE:The Gift of Life
d0089277_1653758.jpgメロデスかと思って聴いたらメタルコアでした。メタラーあるあるですよね。数曲或いは曲中1パートだけ聴いて「おっしゃ、これはイケるで!」って聴いてみたら予想を裏切られる。

でもおかげで普段聴かないタイプの音源に巡りあうと、こう、何と言いますか。普段荒んだメタルばっかり聴いて疲れ切っている耳がリフレッシュといいますかリセットされますよね。また月曜日か…がんばれ、ワタシ。っみたいな。スイーツ(笑)


あ?今年のベスト記事?ほっとけよそんなもんwww
[PR]

# by final-resistance | 2015-12-20 16:11 | Comments(3)
2015年 12月 06日

Edge of Hostility by INVISIUS

グランキングダムも届いてしまったのでブログの更新が遅くなってしまいます。もうほとんどやる気無いんじゃないですかね。はい無いです。

完全にやる気がどっかいってしまう前にいっちょたまったブツの感想でもどうぞ。

SYLOSIS:Edge of the Earth
d0089277_1852420.jpgあんまり良く知らないのでどこのバンドだったかなと思って調べたらイギリスだった。何となく気難しそうな人の凝った作風なのでなんとなく納得がいくような気がする(いつものように適当な感想)。

リズミカルで小気味良いリフとリズムはスラッシュである。冗長ともとれる複雑な展開はテクニカルであり、プログレッシヴである。大体の曲は4分か5分で、長いものになると7分前後。トータルで1時間を超えるボリューミーな内容。だがそれを聴き通すとなると…俺はスラッシュじゃ物足りない。いくら聴いても満足感が得られない。おかしいなぁ、試聴した時はかなり格好良く聴こえたのに。まぁ試し聴きだということでしたね所詮は。


GYZE:Black Bride
d0089277_1852477.jpg以前「名前の元ネタは北海道にある”ぎぜ”っていう地名から来てるんですよ」っていうウソ情報を書いた時は気付かなかったのだが、本当に北海道出身のバンドなんですね。ビビりました。ところでなんでこのアルバムのジャケ画って調べても縦に短いのしかでてこないんだろうwww

曲に関してはまぁ他所のブログでも見てもらうとして、前作同様、いや前作以上にお馴染み中音域をブーストさせるぼやっとした音像が特徴のエットレ式ミキシングのせいで太すぎるリズムギターの音が要のリードギターの旋律がわかりにくくしている。…けど言うほど悪い点かなそれ。俺の場合オーテクヘッドホンちゃんが頑張ってるから気になる程でもない。



MECHINA:Acheron
d0089277_1852362.jpgアメリカのバンド、っていうことくらいしかよくわからないバンド。まぁ詳細はここでも見て下さいよ。

マシンパワー全開で気味が悪いくらい精密なドラミング(人力メンバーがいるようだが、このアルバムはマシン採用)とリフが徹底してリズムを刻む中、シンフォニックな旋律で宇宙ワールドを描くとびっきりエピックなエクストリームメタル紀行。bandcampでもItunesでも買える。他にも何作か出ているが一番気に入ったのはコレかな。思わずボーカル無しのインストトラック盤まで本当は$7のところをName Your Priceで$10出して買っちゃったくらいは気に入った。そっちはほとんど全然あんまり聴いてないけど。



PSYCROPTIC:selftitle
d0089277_1852352.jpgなるほどそうか。もう完全にそっちの方向いっちゃったんですね。進化の仕方はKEEP OF KALESSINと一緒だな。今までで最大の個性を捨てて、相対的に他の個性を引き立てるスタイル。

その最大の特徴はハーレイ兄弟が作り出すジャケの蛇みたいなうねうねぐにょぐにょした気味の悪いリフに狂い無く連動するバカキチガイクソじみてるレベルで上手いドラミングのシンクロ率50000%が生み出す圧倒的なハイパーテクニカルデスであった。そのドラムがすっかりおとなしくなって鳴りを潜めてしまい、そうなった結果残ってしまってやけにグルーヴィに聴こえ始めるリフが主力となった。一体何があった、ハーレイ兄弟。


[PR]

# by final-resistance | 2015-12-06 19:24 | Comments(0)
2015年 11月 25日

No title

これは草。人気あるブログは大変だなぁ(こなみ)。

それに引き続きましてHATE ETERNAL新譜の記事も好調のようでしてたくさんの心温まるコメントを頂いておりまして、レビューブロガー(笑)冥利に尽きるというものです。いつも欠かさずコメントをくれる方々のためにがんばって購入したブツのレビュー(笑)をお届けしたいのですが、デモンゲイズ二周目Lv99クェーサーを倒し終わるまで待っててね。



最近車通勤時に携帯プレイヤーで適当な音源詰め込んでランダム再生で流すのがマイフェイバリットでして買ったはいいけど二回くらいしか聴いてないブツが流れてきたりするとアレこんなかっこよかったっけと白目剥いて痙攣して癲癇起こして事故ることが多々有りまして

WORMEDとかトチ狂ったEMETHみたいで鼻血レッドデューンだし
BENIGHTEDが牛デキャピテイションみたいで耳が自爆テロ起こすし
CRYPTOPSYは相変わらず微妙

新規レビューの代わりにと言っちゃなんですが、気付かなかった魅力を発見できたアルバムを教えてあげちゃうからそれまで鼻くそみたいな記事首長くして待ってろよ~。
[PR]

# by final-resistance | 2015-11-25 22:53 | Comments(0)
2015年 10月 14日

No title

THE ARCANE ORDER:Cult of None
d0089277_22125968.jpg5年とか8年とか長い間待ってた超絶好きなバンドのアルバムは外れるというマイジンクスをTHE FORSAKENと共に決定的なものにした無駄盤。全曲開始1分か2分で飛ばして一曲たりとも通しで聴かなかったというある意味で貴重な体験が出来た本年度最下位間違いなしの正真正銘信じられないほどクソみたいなアルバム。こいつらどんなこと考えてこんな曲作ったり演ったりしてたのかな。

唯一評価出来るのは収録時間60分を無駄にせずに15分位で切り上げたことでデモンゲイズやる時間が増えたってことでしょうか。ホント、一体誰が聴くんだコレ…。
[PR]

# by final-resistance | 2015-10-14 22:17 | Comments(1)
2015年 09月 16日

No title

以前はあんなにあった面白コメントがぱったりと途絶えてしまいました。地味に楽しみにしていた私としては非常につまらなく残念なことであります。これだから夏休み真っ盛りで2ch見始めたばっかのケツの青いガキは困る。

もう10枚くらい感想雑記が溜まってますが、だから何?

ANAAL NATHRAKH:Eschaton
ANAAL NATHRAKH:Hell is empty,And all the devils are here

d0089277_22224469.jpgd0089277_22224635.jpg

ANAAL NATHRAKHはブラックメタル(+グラインドコア+α)という解釈がなさる方が多いようですが、この二枚を聴いて(そして改めて所持しているバンドの音源も聴き比べて)メインコンポーザーのMick Kenny氏はブラックメタルをやっているという自覚は(少なくともこの時点では)あまり無いんじゃないかと思え始めました。"Eschaton"はまだ初期のMAYHEMよろしくヘドロを被って腐敗した樹木のような香りが濃厚ですが、"Hell is Empty..."は特にそういったデス/グラインドな嗜好が顕著です。イントロに続くオープナーの#2がいきなりグラインドコアですし、というかそもそもShane Emburyがゲストとかじゃなくて本気でベース弾いてるし、BEHEMOTHみたいなデスデスしい曲や極悪デスラッシュみたいな爆走チューンとかそういったブラックメタル特有の邪悪さよりもヘヴィメタル本来の爽快さの強い曲が大半ですし。まさかこのバンドの感想書くのに「爽快」という単語を使うはめになろうとは。そういった意味でも"Hell is Empty..."は驚きとアイディアが詰まった作品ですし、最もリフのヴァリエーションに富んだアルバムであると思います。なんか"Eschaton"が置いてけぼりくらってるレビューですが、それくらい"Hell is Empty..."が面白いアルバムだなと思ったので仕方がありません。

スタートラインや自身がリスペクトしているモノこそブラックメタルですが、「Kenny氏がとにかく自分が格好いいと思ったメタルを演る」というコンセプトに根付いたすごく雑食性の強いバンドなのではないでしょうか。ヘヴィメタルレジェンド大国イギリス出身だけあってそれを作り上げる手腕は、"Domine Non Es Dignus"と"Passion"以外のフル音源を全て買ってしまったふぁじーには、最早疑う余地がありません。


[PR]

# by final-resistance | 2015-09-16 22:13 | Comments(0)
2015年 08月 30日

No title

以前から何故かこの記事(のコメ欄)が異様に盛り上がってるようですが、皆様一体どうしたというのでしょうか。今年発売したやつだろうが人様が今年買ったやつだろうがそんなの気にしなくてもいいんじゃないですかね。俺も読む人のことなんて特になーんにも考えてないですしw

とりあえずすごく気に入った一枚だけどうぞ。

SUBMISSION:Code of Conspirasy
d0089277_11184829.jpgこれも今年のナンバーワン候補ですよ!!
先日久しぶりの新譜をリリースしたTHE ARCANE ORDERのギタリストとベーシスト、そしてよく知らないバンドICON IN ME、うんこばんどAMARANTHE等でその腕を振るう只今絶賛売り出し中のハイパードライブメカニカルドラムマシーンことMorten Lowe Sorensenが在籍していた、5/8チップスならぬ3/5THE ARCANE ORDERなモダン・デスラッシュバンド@解散済み!のラストアルバム。

相変わらず唸りに唸ってますねえ。執拗と言ってもいいほどにねっとり叩き込まれるフィルインが特徴的なアニキのドラミング。単にクソッ速いだけの高速リズムだけ聴いてても死ぬほど格好いいんですけどコレがないとやっぱりヘヴィメタルってのは締まりがないよね、締まりが。

怒鳴ってる時のVoの声質がまんまびよーんの兄ちゃんなのでSOIL WORKの2ndにも質感が似ている気がしてくる。というかメンバーがメンバーなもんだからVoだけ入れ替えたTHE ARCANE ORDERの1stな気もしてくる。SOILWORKとTHE ARCANE ORDERだけってわけじゃないけど俺が求めてるヘヴィメタルの理想型バンド二つに感触が似てるもんだから、こいつぁもしかしたらものすごくものすごく好きなアルバムなんじゃないか?とりあえず#3"Imaginary Freedom"の歌詞誰か下さい。


[PR]

# by final-resistance | 2015-08-30 11:38 | Comments(1)
2015年 08月 09日

The Hyperion Threnody by MECHINA

d0089277_21215626.png


ついに来ました!!

「そろそろ新作出ますよ!」とかいって三年とか五年とか平気で待たせるのが当たり前なこの業界において、2014年に2曲入りデモをリリースしてからスタジオ入りとレコーディングを半年で終わらせて年内にアルバム出すというのはものすごく順調なようです!!メンバーはみんなRAUMCHYやらAMARANTHEやらで忙しいからもう二年はかかると思っていたので!!

RAUNCHYのメンバーが描いたイカしたアートワークも公開されているようなので早速見てみましょう!!!

d0089277_21494457.jpg




何これ…暗黒系のポスト/プログレみたいじゃないですか…意識高い系メタラー好きそうなやつ…。
曲名もそれっぽいんですけど本当に大丈夫ですか!同じく5年待ってとんでもないクソ作送り込んできたTHE FORSAKENの二の舞いは勘弁してくださいよ!
[PR]

# by final-resistance | 2015-08-09 21:58 | Comments(1)
2015年 07月 17日

No title

最近よくコメント欄にてお褒めの言葉を頂いております。見るのも聞くのも耐え難い肥溜めのようなブログをわざわざ覗いてもらった上にコメントまでも寄越して下さる方々に感謝の念と涙を禁じ得ません。俺のナントカとかいうその界隈では有名なブログはふぁじーも知りませんが、そういった有名所と比較してもらえるだけでも埃に思います。誤字じゃないですよ。

そんな仏のようなありがたいありがたい方達のために我輩は今日も頑張ってブログを書き溜めていきます。めんどくさいのでコメ一つ一つにいちいち返事なんて書きませんがね。どうぞよろしくお願いします。

KEEP OF KALESSIN:Epistemorogy
d0089277_2144134.jpg俺はもうこのバンドをブラックメタルとして捉えないことにしました。ものすごい勢いのあるブラックメタル風ドラムをベースにしたデスラッシュっぽいシンフォニックメタルだと。そう思って聴くとあら不思議。”Armada”信者の僕でさえ「こ、これ結構格好いいんじゃないの?」と思ってしまうくらいの出来に。前作も合わせて聴いてみて二度美味しい。ただしKolossusテメーだけは許さん。ところでリーダーのオブCさんはVoまで兼任するようになっちゃったんですね。聴き終わった後他のブログ見てから気が付きました。というくらい違和感ないと思います。”Kolossus”からもう三回もこの路線が続いちゃったということは”Armada”みたいな奇跡的な名作は生まれないだろうと思うと少し残念では有りますが。


ARISE:The Reckoning
d0089277_20452935.jpgこれ実はまこさん(R.I.P)のブログ見てから買おうと思って……多分5年くらいじゃないか?ずっと放っといていたバンドの作品であります。活動はしているようですが2010年リリースのこのアルバム以降音沙汰はありません。

ストレートに言いますと今回買った三枚の中で一番ガッツポーズ出来る買い物ですな。内容もストレートですからね。メロディアス気味なデスラッシュ。ただそれだけという頭で考えたりしないでスーッと聴けて体に染み込む二日酔いの朝に飲む味噌汁のような優しい味わいです。あくまで俺にとっては、ですけども。リフやリズムのバリエーションがあんまり多くないのは10年近く前にリリースされた1st”The Godly work of art”から変わってないようですが、若手スラッシュみたいな勢いでずいずい持って行っちゃう所は評価できます。


VEIL OF MAYA:Matriarch
d0089277_20452993.jpgこれよりちょっと前にデジタル配信されていた新曲"Phoenix"(このアルバムには収録されてませんされてましたテヘペロ)でVoが変わったのは知っていましたけど、リリース情報と共に発表されたももクロみたいなジャケを見た瞬間、嫌な予感と寒気がいっぺんにやってきたSumerian Recordsの主力バンドにしてDjent業界最右翼マヤさんの新作。クリーンボーカル導入という大胆な路線変更は他所様の評価も大いに否定的でして、一応前作をマイベストトップ10に挙げていた自分としては聴く前から随分と不安に駆られたものでした。

俺も彼らと大体同じ評価を下します。こいつぁさすがの俺ちゃんもどうにも擁護出来んね!クリーン導入という手口は百歩譲って我慢出来るとしてもあまりにポップ過ぎる歌い方っちゅーのは一体どげんしたもんなんでしょうかねコレ。ちょっとリズムが変なだけのメタルコアか歌モノDjentやんけ。次妹が最近こういう歌モノメタルも聴き初めてきて、俺の知らないバンドをたまに得意そうに勧めてくるようになったので試しに聴かせてみましょうかね。


[PR]

# by final-resistance | 2015-07-17 20:52 | Comments(3)
2015年 06月 29日

No title

まだ大丈夫と気を抜いてたらもう6月終わるやんけ!一月の大半を仕事と睡眠に、残りはソルサクデルタとオナニーに費やしてました管理人です。

DEFLEHSED:Royal Straight Flesh
d0089277_2137385.jpgとっくの昔に解散したデスラッシュという格好いいんだか悪いんだかよくわかんない語呂のジャンルにおいて、同郷はCARNAR FORGEやCENTINEX、THE HAUNTED、DIMENSION ZERO等、他の有名ドコロだとHATESPHEREなんかと共に始祖的存在とされ半ば神格化された感のあるバンドの、ラストアルバムの一個前のアルバム。

ラストアルバムは個人的に今ひとつどころか今みっつくらいでピンと来ず「こんな人気あるバンドのラストアルバムがこんなもんなの?」と疑問を抱かざるをえないほどの出来だったのだが、この作品は素晴らしい。ダウンピックだけでも腕がもげそうなくらいの速いのに更に合間にオルタネイトピックを組み入れて隙間という隙間を埋め尽くしにかかるLars Lofven独特の奏法が如何無く光る珠玉の名作。どうしても新品が見つからないので中古で¥2,000も出した甲斐があるってもんよ。

そして7年使ったヘッドフォンがようやくぶっ壊れてくれました。これで心置きなく新しいのを……と思ったのですが修理すれば¥5,000ほどでまだ使えるようなのでオーディオテクニカさんに送りつけます。本社は福井県にあるんですねぇ。
[PR]

# by final-resistance | 2015-06-29 22:03 | Comments(7)
2015年 05月 11日

No Title

中傷コメントや黒人のごん太おちんぽなんかに絶対負けない!!!!

DEVOLVED:Reprisal
d0089277_21592425.jpgこのバンドの新譜も意外っちゃ意外でした。"Oblivion"が元々ツマんないFEAR FACTORYの劣化コピーというほんっと退屈な代物で完全に記憶の外だったのですが、たまたま見付けて試聴したら前作とは比べ物にならないブルータルなぶっ飛びっぷりに驚いて思わず買っちゃった一品。

それによって何がどう変わったのかなんて知りゃしませんけど、創設者の一人にしてリーダー格でドラム担当のJohn Sankeyなる人物以外は全て新しいメンバーになっているようです。で、そのサンキーさんはFEAR FACTORYの新作のドラムトラックの作成も手伝ったとか。こんなところに繋がりが。


ABYSMAL DAWN:Obsolescence
d0089277_2159298.jpg初めて買うバンドですね。毎回ジャケを飾るイメージキャラのアビス丸君が地味に印象的だったのですが、やってる音楽ってのもまた地味というか……オールドスクールっぽい堅実なテクデス。どのアルバムもこんな感じなようです。

既に20枚以上ある今年のディスコグラフィでANAAL NATHRAKH、BEHEMOTH、EMETH、GLORIA MORTI、HOUR OF PENANCEとブルータル系が既にかなり出揃っちゃっているのでその中で奮闘できているかというとかなり厳しい印象。もうちょっとブルータルに吹っ切るかテクニカルに進むか、敢えてオールドスクールの道を突き進むかすれば……あんまりオールドになると俺の耳には合わなくなりますが。今のところあまりヘヴィロテには恵まれていない。がんばれアビス丸。


NEAERA:Forging the Eclipse
d0089277_21593310.jpg今年の一位コレにしちゃってもいいかもしれない。

っていうくらいの衝撃ですよ。まるっきりHEAVEN SHALL BURNなんだけど、要するにそれってつまるところクッソ格好いい。コピーだのパクリだのなんてとんでもない。他のアルバムはわかりませんが、少なくともこの作品は俺が持ってる"Deaf to our Prayers"や"Iconoclast"や"Invictus"とタメはれてますね。

ヘブシャルは"Godiva"が個人的にちょっと違うなとスルーしてたのでここにきてこのバンドの存在は吉報以外の何物でもない。交互にアルバム出してもらえれば長くローテーションを楽しめるのでその辺お願いします。


DEW-SCENTED:Invocation
d0089277_2159318.jpgすげー久しぶりに名前を目にした気がする、三羽烏に次ぐドイツの重鎮。もう三羽烏って呼び方古臭いからやめた方がいいと思うんだけどなぁ…四天王も半分死んだようなもんだし。

我輩このバンドは"Issue Ⅵ"がマイベスト候補に上げる(マイベストにするとは言ってない)くらい好きなのだが、それに匹敵するかって言うとそんなことはない。リフにキレが無い、というか変にゆったりとしたパートが増えてるので爽快感が足りない。決定的に違うのがUwe Weringさんじゃない…ってすぐわかるくらい明らかに見劣りもとい聴き劣りするドラム。オカズが足りねえんだよオカズが!"Inwards"の曲なんてイントロとか二、三回聴いたら脳みそに叩き込まれる位印象的。試しに聴き比べてみろって。今のドラマー絶対こんな叩き方しないから。

あとこのアルバムに限ったことじゃなくて毎回そうなんだけどギターソロが全然魅力的じゃないのは何故?

[PR]

# by final-resistance | 2015-05-11 21:58 | Comments(2)