Exult in Extinction by FURYBORN

仕事はクソが付くほど不調だが、気が付いたら70000HITを記録した当ブログの更新速度はバカが付くほど好調である。

FURYBORN:Dawn of Leviathan
d0089277_21385119.jpg
「元BLOODSHOT DAWNのギタリストがゲストでソロを披露!」という理由から前作ミニアルバムを買った奴はふぁじーを含めても含めなくても地球上で30人くらいしかおらんであろう。イギリスのメロデスバンドがまさかの1stフルをリリース!購入自体はもう半年くらい前です。

良くも悪くもマシーナリーでスマートな感触の音作りだった前作に比べると音圧がバカみたく上がっている。スピードというか体感速度が若干落ちた代わりにヘヴィネスも当社比三割増、無駄に大仰なメロディは勿論据え置き。

前作ミニアルバムまではアクセント程度だった男らしいノーマルシンギングがサビパでゴリッと盛り込まれていて、キレのあるスピーディなメロデスをやっていた前作に比べると全体的にアグレッシヴになっており、メンバーの見た目体脂肪率も相まってなんというかこの時期ピッタリの非常に暑苦しい仕上がりである。

RAUNCHY:Deatg Pop Romance
d0089277_21385197.jpg
これ系にしちゃデス声もっさりのくせにデンマークでは最早国民的人気ロックバンドとして認知されているバンド。日本で言うと…全く聴いた事ないけどUVERWorldみたいなもんですかね。

俺が何でこんなきらきら☆でぽっぷ☆でぴこぴこもにょもにょしたアルバムを買ったかというと…まぁ、俺以外の他人には一生を五千回繰り返しても理解してもらえまい。「どうしても好きで好きでたまらなくてどうしてもほしかったんだ!」という男勝りな性格をしたボーイッシュなヒロインに言ってもらいたいセリフナンバー999みたいな理由ではないが、中身は、まぁ、アレだ。SOILWORKやSCAR SYMMETRYといったガチのメタル寄りのバンドというより、DISARMONIA MUNDIみたいなやつ(もしくはそれらに影響を受けた米国産メタルコアみたいなやつ)。基本的に食指は動かないが、たまに聴くなら悪くない系の。

それにしてもWikipediaの彼らの項目で出てくる「ロサンゼルスからきた最後のハイパーネオメタルバンド」って一体誰のことなんでしょう。
[PR]

by final-resistance | 2017-11-05 21:57 | Comments(1)

A Morbid Institution by MURDER MADE GOD

日本で初めてこのバンドのアルバムをレビューしたブログとして後世に長く語り継がれるべく早めの更新。

MURDER MADE GOD:Enslaved
d0089277_20313038.jpg
未だ解決の目処も立たない経済危機の崖っ淵に立ちながらも、NYPで200円くらい高く支払いしてあげたら健気にもイカしたステッカーを一枚プレゼントしてくれたギリシャのブルータル・デスメタルバンド。まぁそれくらいのサービスは当然だよね(笑)

変に捻った展開。冗長なイントロ。無駄な間奏。まどろっこしいものは極力省いたある種爽やかさすら漂わせる潔さ。ギターソロすら全く無し!ギリシャらしさを微塵も感じさせないスピード感のある2~3分前後の小気味良い極悪トラックを連発してくれます。速過ぎなく心地よいBPM内でリフとリズムの緩急だけを利用してテンポ良く曲をまとめるセンスの良さは、当方でも超絶絶賛した同じくギリシャが銀河に誇る天才集団KRONOSを髣髴とさせてグッド。今後にも期待Awesome!

※ステッカーおまけしてもらって気を良くして書いてます


[PR]

by final-resistance | 2017-11-02 21:02 | Comments(0)