<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

No Title

妹が俺のソファでメビウスFFやってる横でブログ書きます。

CIRCLE OF CONTEMPT:Structures for Creation
d0089277_20120420.jpg
フィンランドと言えばサンタクロースとムーミンとサウナとクサメタルが名産という常識をひっくり返す実力派Djent勢。Sumerian所属でしたが、今作はバンド自身のセルフリリースだそう。

前作フルレングスからEPと安定して良作をリリースしているバンドですが、今作もまた良い意味で安心して聴けるメロディアスなペンデュラムスウィングを連発。気持ち良い位に順当なレベルアップを果たしておりまして非常にグラッツェ!少し落ち着いたDjentブームに関係なく、テクニカルメタル好きなお前らにオススメいたしたい一品です。

DAATH:The Hinderers
d0089277_20120425.jpg
翻ってこちらはアメ産の……何ですかコレ。アヴァンギャルドとまでは行かないにせよ、ストレートなグルーヴデスメタルと不穏なミドルテンポを忙しなく行き来するヘンテコテクデス…いやテクデスってほどテクテクしてないし、独特なグルーヴもツーバスドドドの迫力もすごいし…そういえばKevin Talleyが在籍していたはず、との記憶を辿ってみるもどうやら今作ではヘルプで#6のみの参加の模様。

と「…」を多用したくなる程には解釈が難しいバンド。Kevinが本格参戦した次の次の作品が名作らしいのでその内そっちも買ってみようと思います。

NILE:Black Seeds of Vnegence
d0089277_20120573.jpg
これはもう説明不要ですね。いつでもどこでもいつまでも、孤高のピラミッドゴッドブルータルデスを貫き続けるバンドの初期作。

個人的意見としてドラムがGeorge Kollias固定になってからはスピードとアグレッションはバカみたいに上がったけどフィルインとかがすごく単調になった気がしてあまり好きじゃなくなりましたので、わざと加入前の初期作を買ってみたらビックリ。そういえばDerek Loddyが担当してましたね。

速い曲はもちろん素晴らしいのですが、そんなのより遥かに絶大なインパクトをリスナーに与えるのがラスト三曲。その辺のアングラブラックメタルなんかよりヤバみハンパねえ気味の悪いインスト。そう、インストなんです(しかも合わせて15分くらいある)。そんなもん聴いてるだけで本気でイムホテップか何かに呪い殺されそうな気がします。そのためだけに買う価値ある…とは言えませんが、一度聴いてみる価値はアリと思います。一回聴けば二度と聴くこともないかもしれませんが。

[PR]

by final-resistance | 2017-09-11 20:46 | Comments(2)