<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

No Title

コメント管理画面を開くとズラっと並ぶ俺以上に愉快な頭してる人達のコメント群に草が生える。こんにちは。幻獣物語またイベントやってくんないすかね。

結局退院してから更に二週間合わせて二ヶ月以上の期間を睡眠とフリゲに突っ込むという想像以上に何事も生み出さない日々を過ごし、なんだこんだのアナコンダで職場復帰になりました。また毎朝豚畜共のケツに指を突っ込む日々が始まる…。

記念ってわけじゃないけどざざっと更新。

LYFTHRASYR:The Engineered Flesh
d0089277_1642483.jpgバンド名が読めなかったけど「りふ…すら、しる?」と語感だけを見て口にしてしまえば何の事はない。オーディンスフィアの最新作のサブタイトル「レイヴスラシル」のことである。METALERみんな大好き北欧神話で有名なラグナロク後に崩壊した新たな世界で生まれた一組の男女の女の方の名前。らしい。ちなみに男の方はリーヴ。

つまりはそういうのをテーマにしたバンドなのかと思ったけどパッと見た感じではそんな感じが微塵もしない、無慈悲でマシーナリーなインダストリアル・デスメタルデュオ。インダストリアルなのは雰囲気なだけでドラムは人力である。

ふぁじーのカタログの中で一番近いのはNEXUS INFERISだな。懐かしいなおい。リフがあまり印象に残らないのも、ビートだけがやたらと非人間的なスピードなのも、冷徹で機械的なキーボードの使い方もソックリ。こっちはメロデスっぽいというところだけが違うかも。


WORMED:Krighsh
d0089277_1642592.jpgスペインといえばサッカーとラファエル・ナダルとオリーブオイルとパエリアくらいしか思い当たる要素が無いデスメタル弱小国家から登場した(といっても活動歴はこのブログの倍はあるのだが)イカレマジキチブルータルデスメタルゲロゲロヴォイド。三作目という超スローペース。

相変わらず量子力学的というか幾何学的というか、読もうと思ったら辞書開かないと読めない「これ造語じゃねーの?」と思っちゃうようなそのテの分野の専門用語が曲名から曲の中身までもっさりてんこもりの難読不可解な摩訶不思議デスメタル。wikipediaにも載ってるちゃんとした実在の言語なので、日本語版を読みながらこれを聴いてみると頭がほどよくこなれたような気になれまして楽しゅうございます。アルバムタイトルだけは本当に造語みたいなので意味不明。

前作もそうだったけど、聴けば聴くほどやたらスタイリッシュというかクールというか、ものすごくドライでサバサバした感触を受けるのは土地柄ってやつなのか?


FALLUJAH:Dreamless
d0089277_1642484.jpgKRONOSと並ぶ今年一番の有望株。前作"The Flesh Prevails"を買ったのが去年の後半だったので、これがリリースされた今年の最初は勝手に「またミニアルバム?」と勘違いしてしまった一枚。

変わった所は特にはありません。強いて言えばインスト曲がポップになったり、前作収録の"Sapphire"くらいのバンド語るならこれ聴いてたらおkみたいな超秀曲が惜しくも見当たらないくらいで、前作同様ポストでモダンでアトモスフェリックなテクニカルデスメタル完全体みたいなバンドとして最強候補の一角と言っても異論はないでしょう。

このバンドがその辺のテクデスよりも段違いに高く評価されているのは、デスメタルとは直接関係ないような要素をこれでもかっつーほどブチ込んでも尚「これはデスメタルであるぞ」と言い切れるような圧倒的に攻撃的な凶暴性にあると思うんだが、そこんとこどうでしょうか諸兄ら。

[PR]

by final-resistance | 2016-06-15 16:18 | Comments(4)

Still Alive by SOUL DEMISE

SOUL DEMISE:Blind
d0089277_1713155.jpgいや、まさかあると思いませんでした。ドイツのデスラッシュ、というかメロデス/スラッシュというか。メロデスっぽいスラッシュ?まぁそんなとこです。

このバンドのmyspace(!)をすっっっっっごい昔に紹介したことあるんです。興味ある人は頑張ってブログ内検索してみてください。試してないけど多分出てこないと思います。当然ながら今ほど音楽をダウンロードして購入する概念なんて普及しておらず、かといってフィジカルで買おうにもこんなドマイナーすぎるシロモノがAmazonやHMVぽっちじゃ流通なんてするわけもなく、手に入れることも出来ないまま頭の毛がちょっと気になりだすくらいには年月が過ぎて、今。

何となくItunesのカタログでブツを漁ってたんです。あさってからでもいいかな。その時何の思い付きか"Acts of Hate"という単語を検索で入力してみたんですね。多分DEW-SCENTEDの曲名の入力ミスったんだと思います。引っかかったんですよ、このバンドのまさしく"Acts of Hate"っていうアルバムが。いろいろビックリしすぎて666回はディスプレイ見直しましたね。

しかもこれまたAmazonにあったっていうね。450円。もう俺のためにデスメタルの神様が用意してくれたんだとしか思えない。中古ですけど。さすがにyoutubeにはあったので試聴して気に入ったのを買うことにしました。確か当時もこのアルバムをイチオシしてたような気がする。

なんか思い出話ばっかりで中身全然触れてないですけど、至って普通のデスラッシュかな。実は同系統の草分けであるHATESPHEREなんかよりは前にデビューはしてるんですけどね。殆ど勢いとスピード任せで突き進むザリッザリの荒い音質はスウェディッシュスタイルの野暮ったいバンドなんかを思い起こさせるが、マイナーくさいのは多分そのせい。

[PR]

by final-resistance | 2016-06-09 16:03 | Comments(1)