<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

No Title

中傷コメントや黒人のごん太おちんぽなんかに絶対負けない!!!!

DEVOLVED:Reprisal
d0089277_21592425.jpgこのバンドの新譜も意外っちゃ意外でした。"Oblivion"が元々ツマんないFEAR FACTORYの劣化コピーというほんっと退屈な代物で完全に記憶の外だったのですが、たまたま見付けて試聴したら前作とは比べ物にならないブルータルなぶっ飛びっぷりに驚いて思わず買っちゃった一品。

それによって何がどう変わったのかなんて知りゃしませんけど、創設者の一人にしてリーダー格でドラム担当のJohn Sankeyなる人物以外は全て新しいメンバーになっているようです。で、そのサンキーさんはFEAR FACTORYの新作のドラムトラックの作成も手伝ったとか。こんなところに繋がりが。


ABYSMAL DAWN:Obsolescence
d0089277_2159298.jpg初めて買うバンドですね。毎回ジャケを飾るイメージキャラのアビス丸君が地味に印象的だったのですが、やってる音楽ってのもまた地味というか……オールドスクールっぽい堅実なテクデス。どのアルバムもこんな感じなようです。

既に20枚以上ある今年のディスコグラフィでANAAL NATHRAKH、BEHEMOTH、EMETH、GLORIA MORTI、HOUR OF PENANCEとブルータル系が既にかなり出揃っちゃっているのでその中で奮闘できているかというとかなり厳しい印象。もうちょっとブルータルに吹っ切るかテクニカルに進むか、敢えてオールドスクールの道を突き進むかすれば……あんまりオールドになると俺の耳には合わなくなりますが。今のところあまりヘヴィロテには恵まれていない。がんばれアビス丸。


NEAERA:Forging the Eclipse
d0089277_21593310.jpg今年の一位コレにしちゃってもいいかもしれない。

っていうくらいの衝撃ですよ。まるっきりHEAVEN SHALL BURNなんだけど、要するにそれってつまるところクッソ格好いい。コピーだのパクリだのなんてとんでもない。他のアルバムはわかりませんが、少なくともこの作品は俺が持ってる"Deaf to our Prayers"や"Iconoclast"や"Invictus"とタメはれてますね。

ヘブシャルは"Godiva"が個人的にちょっと違うなとスルーしてたのでここにきてこのバンドの存在は吉報以外の何物でもない。交互にアルバム出してもらえれば長くローテーションを楽しめるのでその辺お願いします。


DEW-SCENTED:Invocation
d0089277_2159318.jpgすげー久しぶりに名前を目にした気がする、三羽烏に次ぐドイツの重鎮。もう三羽烏って呼び方古臭いからやめた方がいいと思うんだけどなぁ…四天王も半分死んだようなもんだし。

我輩このバンドは"Issue Ⅵ"がマイベスト候補に上げる(マイベストにするとは言ってない)くらい好きなのだが、それに匹敵するかって言うとそんなことはない。リフにキレが無い、というか変にゆったりとしたパートが増えてるので爽快感が足りない。決定的に違うのがUwe Weringさんじゃない…ってすぐわかるくらい明らかに見劣りもとい聴き劣りするドラム。オカズが足りねえんだよオカズが!"Inwards"の曲なんてイントロとか二、三回聴いたら脳みそに叩き込まれる位印象的。試しに聴き比べてみろって。今のドラマー絶対こんな叩き方しないから。

あとこのアルバムに限ったことじゃなくて毎回そうなんだけどギターソロが全然魅力的じゃないのは何故?

[PR]

by final-resistance | 2015-05-11 21:58 | Comments(2)

No title

FURYBORN:The Reaping Of Our Days
d0089277_20501163.jpg別にただそれだけのためっていうわけでは決してないんですけど、俺が5年も6年も……いやもっと長いな。8年くらいに渡ってブログを休まず書き続けているのは……え、お前ら今なんで笑った?休まずって言ったところでなんで笑った?

ともかくブログを書くのは他でもないこういうバンドを紹介するためという使命感があるからである。

というとこの音源がこのブログ史上稀に見る超々大傑作であるかのような見方をされるかもしれないがそんなことは全くない。ブラショのエリス兄キがゲストでソロ弾いてるよという情報さえ無ければこの先短い一生で只の一度も聴くことがなかったであろうただの何てこと無いメロデスだ。

その程度の実力のバンドなのである。その程度の知名度のバンドなのである。いや実際の知名度なんて知ったこっちゃねーしお前らがこれ聴いてどう思うかなんて尚更知ったこっちゃねーんだけども。

そういうバンドがさ、一生懸命活動してんのってなんだかキュンとくるじゃん。そりゃ出会いはただの偶然でしかなかったけども、ちょっと聴いて「まあまあかな」って感想持ってさ。Amazonで調べたら500円で売ってたらさ。買ってあげたくなるじゃない。サポートっていうの?こういう投資を惜しまない心こそが、愛こそが、信念こそが、次なる新しいバンドやアルバムを生み出す原動力にもなるってもんだよ。違うかい?

[PR]

by final-resistance | 2015-05-03 20:57 | Comments(0)