Alas, Lord Is Upon Me by BEHEMOTH

BEHEMTOH:Evangelion
d0089277_2257143.jpg


『ただ、ブラックメタル色の強い曲やミドルテンポの曲が退屈に感じることもあり、僕は聴いていて少しダレることもありました。』

『前作ほどブルータルでバラエティに富んでいるわけでもなく、』

『評価は平均かな。』



『うーん、これは俺としては微妙。』

『ってわけで、並盤~良盤です。』

『よわい曲の存在が若干目立つということで。』




ヒットとレビューと信者の数だけ多いサイトの人間の言うことなんて犬のクソほどもアテになんねーってことがよぉーくわかりますね。お前らには失望するばかりだよ。

今のところ今年のNo.1であるし、バンド史上最高傑作であることは間違いないよね。これ聴いてちょっとでも上記みたいなセリフが吐けるクソ溜めみたいな奴は病院でもいったら?
[PR]

by final-resistance | 2015-04-21 22:55 | Comments(10)

Exaltation by NEAERA

肩慣らしのつもりだったけど書いちゃった。勢いって大事ね。

BLOOD STAIN CHILD:Mystic Your Heart
d0089277_21595649.jpg新作の発表が全ッ然無いどころかコスプレ衣装アップしまくるだけのブログに落ちぶれてしまったRyu師匠のモノクローム黙示録に切れそうになる堪忍袋の緒を抑えるために取り敢えずで買った2ndアルバム。

次作以降で開花していくトランス×メロディックデスメタルの面影よりも、この時点では聴いてるだけで胸と喉の辺りがもにょもにょしてくるあの頃の僕らは若かった的クッサクサなフィンランドメタル臭がまだまだ強い。今現在でもどっかこっかに素人臭い面は見え隠れしますがそれが顕著なのも、まぁ、マイナスとまでは言わないが…いかんせん単調に過ぎますな。ピコピコ鳴らしてるだけのキーボードとかどう考えてももっとやり様はあったろうに。

といいつつ2nd、3rd辺りのKALMAHみたいな雰囲気もあるのでほんのちょっと惹かれているのも事実っちゃあ事実ではある。


GLORIA MORTI:Lateral Constraint
d0089277_21592778.jpgずぅーっと前にお世話になった、ともう何度か書いてるChaotic Earth(r.i.p)で見付けたフィンランドのバンド。”Eryx”っていうアルバム名と蛇のジャケだけが記憶に残っていたので調べてみたらこっちのアルバムが気に入ってしまったので買った。

な"ん"だ"よ"こ"れ"え"え"え"え"え"ぇ"!!!

めっちゃくちゃええやんけ!!ツーバス全開で前のめりに突進しまくるブルータルデスらしい曲調の中で結構どころか無茶苦茶メロディアスなリードやらソロやらをここぞとばかり叩き込むニクらしさ。憎らしさ余って可愛さ一億倍ですよ。ジャケがショボいので正直そんな期待期待してなかったんだけど、2015年現在もっとも優良な掘り出し物。


DESTRAGE:Are You Kidding Me? No.
d0089277_21592724.jpg

まずはこちらをご覧頂きたい。

d0089277_23163494.jpg
ジャケの表と裏からしてコレモンである。こんなものを見せられたら「バカにしてんの!?」と言いたくもなろう。でも中身は全然バカに出来ませんよ。前作から収集付かないほどのカオスっぷりやバカっぽさ(まぁそれは良点でもあるのだが)をほんのちょっとだけ差し引いて、そこにクールでメタリックなイケイケの格好良さを生挿入して順当に進化した意欲作である。"Panda vs Coala"とか"Smell You Later Fishy Bitch"とか"Home Made Chili Delicious Italian Beef"とかいうアホな曲名で演ってた連中とは思えな……いや思えるな。

ところでふぁじーが買ったCDのケースには"Europe's answer to SYSTEM OF A DOWN"と書かれたシールが貼ってある。そうか、そういう言い方もあるな。勉強になるわ。


THEORY IN PRACTIEC:Third Eye Function
d0089277_2242099.jpgItunesで800円くらいだったのでなんとなく買ってみた一枚。ジャケはもっとどんより暗いゴシックメタルか何かみたいな色使いだったと思うけど、後発されたジャケ違い版なのかな?どうでもいいけど画像の処理ミスみたいな白い枠がすげー嫌だ。

まぁまぁよくもここまでやってくれやがりましたねと感心したくなるくらい、耳から牛追い棒突っ込まれてくっちゃくちゃに掻き回されてるような一筋縄では絶対にいかないテクデスっぷりは相変わらず。ブラストビートも真っ当なツービートも無いのによくここまで変な疾走感出せますわ…。あまりにもとっちらかり過ぎな"Colonizing The Sun"よりはちゃんと聴ける。気はする。


MORS PRINCIPIUM EST:Dawn of the 5th Era
d0089277_21592846.jpgもう完全復活を果たしたと言っても良いでしょう(アルバムタイトルからも伺えますね)。KALMAHと並ぶフィニッシュメロデス二大巨頭モプリン様の最新作が前作から二年でリリースされました(コレ重要)。でも相変わらずギターが安定しないようでまた一人変わっております。ニュージーランド人の方が案の定抜けて、新たにフランス人が加入。なんだか某ドラゴンフォースみたいに…。

メインソングライターのイギリス野郎は変わってないので曲調も前作と変わらず。なので敢えてそこは触れませんが個人的に推したいのはVoのVille Viljanenの活躍ですな。良くも悪くも一本調子だったスタイルはそれはそれで悪くはなかったものの、バンドサウンドに比べて華が足りなかった感が抜けきって明らかに今作で上達してます。デスメタルの世界ではこういうのを"表現力が増した"というのでしょうか。これはもう髪の毛が長くなったのが原因かもしれない。

[PR]

by final-resistance | 2015-04-16 22:41 | Comments(0)

And to Posterity a Plague by NEAERA

腹が痛いです。デス。DEATH!!

天然素材:EXceed3rd-JADE PENETRATE-ORIGNAL SOUND TRACK
d0089277_2293461.jpgこういうものを買うとなんだかものすごく後ろめたいというか気が引けるというか、普段触れる機会が少ない世界を覗き込むとそんな気分にさせられます。元ネタのゲームは同人サークルが作ったSTGで、もちろんやったことないしそもそもコッチの業界なんてこれっぽっちもわからんけど中身は至って普通なノリの良いゲームBGMです。…と侮っていると急にガチなメロスピみたいな曲が流れてくるので油断出来ません。

この世界にはあまり興味が無い、と書くと本当は好きなのに無理矢理否定しているツンデレを見るような目で見られてしまうのもアレなのだが「ゲーム音楽が好きだから」という理由から買っただけでしかないことを強く念押ししておく。でもこういうサントラがまだまだ落ちてるなら探して見る価値はあるかな。


四月の肩慣らしブログはとりあえずこれで濁した。
[PR]

by final-resistance | 2015-04-16 22:20 | Comments(0)