Defeat

agiel.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 29日

The Dead Sea by FALLUJAH

未だに手付かずの状態で残っているステイシスとノブリスさんの箱。中の冊子は見たんですけどね。そんだけ。なんかもうホワイトグリントで燃え尽きた感が…。

そんなことは置いといて、今日はミニアルバム特集。

FALLUJAH:Nomadic
d0089277_1139213.jpg
デビューふるれんすから1年程度でリリースされたFALLUJAHさんの三曲入りミニアルバム。どうやらItunes限定のリリースのよう。"The harvest wombs"は前年度ベスト90点超えを獲得。割りと個性的でしっかりブルータルしているテクデスでお気に入りではあったもののそこまでいい作品だとは正直な所思わなかった。



しかし、これは…!



ブラスト乗っけ盛りの激しいBORN OF OSIRISを地で行くスタイルは変わらない。変わっていないのだが……なんだなんだ。一体何なのだろう。人間の精神世界にどこまでも広がり続ける残留思念と内的宇宙を宗教的無常観で包み込み多次元的概念論で際どく蒸し上げたような圧倒的アトモスフェリック空間~~~~ッッッッッ!!!



ハイいつもの。こりゃ口じゃ説明できんわ。レビュー放棄とかそんなレベルではなくて。hayaさん(R.I.P)がKRALLICEを聴きながら感じていた世界観はきっとこんな感じだったのではなかろうか。素晴らしい。素晴らしい。ただ只管に感動的である。

一つだけ残念なのは収録曲の一つがほわぁ~んゆわぁ~んとしたアンビエンスな音が5分間続くだけという曲名通りのSilentなインストで、実質二曲しか収録されていないというあまりの物足りなさ。これはもう次のフルアルバムに期待するしかないでしょ。今でしょ。



KEEP OF KALESSIN:Reclaim
d0089277_113915.jpg
世界にその名を刻み込ませたキープなカレシンさんの超名盤"Armada"へと受け継がれる形でリリースされた純潔ノルウェイジャンブラックメタルの系譜的ミニアルバム。

いやはやこれも素晴らしいっすわ。今や直近二作ではすっかり失われてしまったブラックメタル特有の冷酷な殺人的暴虐性が色濃く残っております。それでいてスラッシュメタルが持つドギツく脂っこい肉の匂い。この二つが神懸り的バランスで組み合わさって尚且つスーパーかっこいいバンドって世界中探してもこいつらだけですよきっと。収録時間が30分近くあり、ミニアルバムなのにVEIL OF MAYAのフルレンス並みというボリュームも嬉しい一枚。

そういえばこのアルバムはリーダーのCさん以外に参加しているメンバーが(Bassをのぞいて)名が通っている凄腕ばかりなことでも有名だが、後の作品を聴いてみても彼らとそう変わっているとも思えない。Frostと並ぶノルウェーきってのシバき屋であるVylの大将は無論だが、Attilaさんの声マネがいくつも出来るThebonさんってすごい器用なヴォーカリストなんだと実感できた次第。

BENEATHE THE MASSACRE:Maree Noire
d0089277_1139154.jpg
"Dystopia"以来買い続けてすっかりファンになってしまったペニース・ザ・マサグルの"Incongruous"の前に発表されたミニアルバム。

こいつらもまっっっったく変わんねえwww ビビリのふぁじーはCD買う前にyoutubeやItunes Storeなんかで試聴してから買うタイプのだが、最早そんなまどろっこしい真似せずに素直にショッピングカート放り込めるレベル。いつものアレです。ゴゴゴゴガガガガガピーピーピロロロロロログギャギャギャギャギャピルピルピルピルピルピルピルピルキュイキュイキュイキュイキュイキュイズダダダダダダダダダというわけわかんない演奏の上に超ゲヴォガテラルが乗っかるいつものやつ。

"Incongruous"に繋がるだけあって"Dystopia"よりちょっと速いかなーとかそんな細かいことはすぐにどうでもよくなります。モノクロな色使いがどことなくアーティスティックでお上品なジャケからは全く予測できない轟音爆音激音殺音暴音耳レイプの世界へ、アナタもようこそ。
[PR]

by final-resistance | 2013-04-29 11:56 | Comments(0)
2013年 04月 22日

The Departure by MORS PRINCIPIUM EST

先日画像を乗っけてから既に自分の中では終わっていたつもりになっていた3月のアレをいい加減紹介せねばなるまい。

CATTLE DECAPITATION:Monolith of Inhumanity
d0089277_21131947.jpg
これ聴く前にベスト晒しageしてしまった事をちょっと後悔しました。ベスト15前後はこいつのせいでひっくり返るぜ。

ふぁじーは変態系メタル好きを名乗っておきながら実を言うとそれほど変態メタルは好きではない。その変態要素が「速く、激しく、格好良く」に繋がっているなら何の文句も無いンだが、アヴァンギャルドとタグのつくバンドを例に取ると(ディアボロスウィングナンチャラとか、SIGHとかいう存在意義にも溜め息つきたくなるようなバンド)要らぬ下克上のせいで"変態"と"メタル本来の格好良さ"の上下関係がひっくり返り、変態要素がまずありきになっているバンドは大嫌いである。

だから変態要素が農厚でありかつ格好良いバンドってのは(『変態要素』が何かっつー不毛な話題はしない)MESHUGGAHは別格なので置いておくとして、自分の中ではDIVINITYとかULCERATEがまず筆頭、次点でVEIL OF MAYAとかBENEATH THE MASSACREとかPSYCROPTICとか…そんなモンである。

そんな変態激烈カオティックブルータルデスメタルバンド群に重武装して殴り込みを掛けた社畜デキャピテイション。いやはやこんな重鎮を今の今まで放って置いたとは、少々どころではない痛手である。「地球環境を破壊したり、かわいい動物たちをいぢめるなんて許さないんだからぁ!人類死すべし!」すべからく皆死すべしィィィッィイ!」と萌え声で提唱しているようで、陸のシーシェパードというトンチンカンな異名を取るとか取らないとか。もうそれだけでその辺のバンドとは格が違うということが予想できた。

聴いてすぐわかるのはヴォーカリストの有り得ないヤバさ。"Kingdom of Tyrant"の「ワキャー!!ワキャー!!!!ワキャー!!!!!!!ワキャアアアアアアアアアー!!!!!!1111111iiiiiiiiii」という気の触れた絶叫や、グーヴィーグーヴィーとギッチギチなガテラル。果てはキチガイじみたダミ声で高音部のメロディを歌ったりしている。

ドラムもギターもベースも常軌を逸している激しさ。クソグルーヴとクソブルータルとクソスピードとクソメロディのバランスで言うとDYING FETUSが近いんだろうけど、あんな聴きやすくてわかりやすくてキャッチーなもんじゃない。この数年聴いた演奏の中で頭一つ抜けてブッチギレている!

なんのトゲもない紳士的な佇まいの男性がいきなり奇声を上げて騒ぎたてるようなキチっぽいところはAKERCOCKEみたいなバンドも思い浮かぶ。これでメンバー全員ベジタリアンなんてウソだろ…。発狂したDYING FETUSが恐怖に怯えるAKAERCOCKEをレイプしたハメ撮りファック動画を見せられているような奇想天外驚天動地の人肉爆散ゲログチャデスメタルワールド。こりゃモプリン押しのけて今年のナンバーワン来るで!


HEAVEN SHALL BURN:Iconoclast
d0089277_21131851.jpg

俺はもうこのバンドについてはとやかく語らん!聴いてこの熱さがわからないようであればメタルを聴くのをやめて今すぐ死んだほうがいい。とにっかく"Endzeit"と"Black Tears"に尽きる!もう叫ばずに入られない格好よさ。ウィーアー!ウィーアーザー!ウィーアーザーファイナール、レジスタアアアアアアアアアアンス!

両方PVがあるのでそちらをどうぞ。



NEXUS INFERIS:A Vision Of The Final Earth
d0089277_21131096.jpg

イギリス生まれのサイバーインダストリアルブラックメタルちゃんぽん麺。というと同じく英国産のイカレマジキチ紳士黒アナルが思い浮かぶけど、インダストリアルっ気がかなり強くてもうぶっちゃけてしまうとブラックメタル要素がくっついたインダストリアルミュージックと言ってしまってよい。ずーっと前に紹介したTHE AMENTAと似ている。というかほぼ一緒だコレェ…。

うーん…ブラストブラストしてる曲は良い。それ以外の見所となるとやはりこの終末的退廃感漂うサイバネティクスな音使いなのだが、それ自体に魅力を感じるかというと全然そうでもないわけで。それらが組み合わさった速い曲が良いって言ったってそこまで突出したモノがあるわけでもないし…。

何回か聴けば印象も変わるのだろうけど、そこまで聴きこむ時間は前述の2枚のアルバムに費やしたい。


SEVERED SAVIOR:Servile Insurrection
d0089277_21131153.jpg

やっぱりというかなんというかODIOUS MORTEMでした。そっちほどカオティックではなく、もうちょっと毒気を抜いて
とは比べてみても

書くのが面倒になりました。CATTLE DECAPITATIONはもう10回以上聴いたけど、これは2回くらいしか聴いてません。っていうことで。
[PR]

by final-resistance | 2013-04-22 21:16 | Comments(0)
2013年 04月 16日

No title

へどばん。信者が続々と我がブログに流れてきておる。ぐへへへ。コメント欄にて素敵なものをご紹介頂いたので、トレイラームーヴィーと共にご紹介させて頂く。

いいですねぇ。速くてメロけりゃなんぼでも食べれますよわたしゃ。



で。



先日コメ欄にて頂いた質問に「MESHUGGAH?全部買え!」というイチブロガーにあるまじき身も蓋も無い回答をしてしまったのでここで一つ、ふぁじーが所持しているMESHUGGAHの音源の個人的総評をわかりやすくまとめて書いてやるから見やがれ。1stアルバムと"I"を除いたミニアルバム等は未所持。

Destroy Erase Improve
d0089277_10533475.jpg
言わずと知れた出世作。まだ幾分ストレートなスラッシュ気質が残るため中毒患者には物足りない気もするが、取っ掛かりとしては最適。資料的価値も非常に高いので、何はなくとも持っておくべき一枚。メタルの歴史から見てもあまりにも存在意義が強いため、この作品に不評を下すと一部の熱心なファンの方々にフルボッコされるのでご注意(ソースは俺)。

Chaosphere
d0089277_10523882.jpg
全作品中最強と言っても間違いのない暴力性と突進力。何もかもをブチ壊してしまいかねないその音像は生粋のバンドファンからは遠ざけられがちだが、他に類を見ない圧倒的かつ破壊的な音圧は絶対に聴いておくべき。個人的評価は先日のベスト記事から推して知るべしである。

Nothing
d0089277_10541646.jpg
"Djent"というジャンルを産み出し、知名度を飛躍的高めたモノリス的作品……ではあるのだが、あまりに突拍子もなく奇っ怪な作風のためここから入ると火傷する可能性大。が、「MESHUGGAHとはなんぞや」と尋ねられてコレを出せるくらいになれば立派なジャンキーの仲間入り。並みの変態メタルでは満足できない方は是非。 画像は原盤だがふぁじーが所持しているのはリレコ盤。音の分離がいくらかスッキリしているような気もするが、初の映像作品となる付属のDVDに興味がなければそこはお好みで。

I
d0089277_10534636.jpg
21分のミニアルバムといって侮るなかれ。その辺のバンドフルアルバムよりも遥かに濃密な豪音の嵐。それでいてバンドの個性も即効性も十分と、実はひっそりと初心者にオススメ出来る逸品かもしれない。長尺1曲という作風は意外な形で自作へと引き継がれていく。たまにマシンドラムを使ってレコーディングされたという文言も見かけるが、ふぁじーが調べた限りそのような事実は無いようだ。

Catch Thirty-Three
d0089277_10522527.jpg
似たようなリズムが一定速度を保って延々50分近く続くという一見お断りの異色作。その徹底された狂気はある意味最も『MESHUGGAHらしい』作品ではある。ドラムがマシーンなのも敬遠されがちな理由の一つだが、そのドラムパターンを組んだのはTomas Haake自身であることをお忘れなく。

Obzen
d0089277_10543478.jpg
全世界にその名を知らしめることに成功したバンド史上紛れもない最高傑作にして集大成とも言える作品。初期から順当に聴き進んできたへヴィなファンにも、これからこのバンドを聴き始める人にも自信を持って進められる名盤。"Bleed"は絶対に聴き逃せない神曲。

Koloss
d0089277_10535660.jpg
現時点での最新フルレンス。6thの多様性とスピード感に4thの粘っこいグルーヴを混ぜて2ndの躍動感をまぶしたような、これも一つの集大成のカタチ。ここまできて更なるオリジナリティを産み出すネタ切れ感の無さには脱帽モノ。
[PR]

by final-resistance | 2013-04-16 11:21 | Comments(0)
2013年 04月 11日

Formshifter by ALLEGAEON

せっかくタグ機能があるので年間ベストにもつけてみました。こうして無駄機能を使いこなせるようになっていく…。鼻くそ食うくらいの暇があったらご覧下さい。10枚しか買ってない年もあったりして、あの頃はいったい何に金を使っていたんだろうと切なくなります。しっかし昔の記事ってひっでえこと書いてやがるなー。いや今がどうとかも言えないよね、ヘヘッ。



もうだいぶ前ですけど、MESHUGGAHのPVがいつの間にかいくつも出来上がっていたのでご紹介。


この曲が来るか!蝿に羽化する直前の蛆虫に脚先からじわじわと体を侵食されるようなねっちりしたリフに耳と脳がトロットロに。こんなのコピーするヤツがいるんだぜ…。毎度のことだが低音弦が涙目である。3:30からの30秒間は、見た感じテクニカルでも何でもないのにマジで何をやってるのか理解不能。


バンド史上最高に、いや最悪に生理的嫌悪感全開な気味の悪さが際立つ悪趣味PV。今何回「悪」って言っただろう。TOOLやMarilyn Mansonの"Tourniquet"等のPV、若しくは映画"リング"の貞子のカクッカクッていうあの独特なムーヴがダメな人は閲覧注意です。
[PR]

by final-resistance | 2013-04-11 18:38 | Comments(0)
2013年 04月 09日

No title

ULCERATE"Everything is Fire"の記事でコメントして以来、2年半ですか。あっという間だったような、そうでもなかったような。今思えば「リンクしてください!」っていうフリは「ウチのブログのコメントにリンク張ってください!」っていう意味だったのかもしれない。そう考えると初リンクだ初リンクだと一人で盛り上がった自分を想像して死にたくなる。お互いのブログのコメント欄でしか絡んだことはありませんが、良い思い出です。向こうに取っちゃ傍迷惑もいいところだったしょうけど僕は楽しかったです、えぇとても。

大いに遅れてしまったけど、タイミング的には悪くないかな。この記事は京都で一番イカしたMETAL HEADS hayaさん及びへどばん。にDedicatedします。並大抵のアルバムではまず揺るぎはしない、鉄壁の3枚です。

3 THE FORSAKEN:Manifest of Hate
d0089277_22253822.jpg

ふぁじーとこのバンドが同時に存在している時代
デスメタルの歴史に遺された知られざる神盤

この感動にふぁじーを導いてくれたまこさん(R.I.P)
彼女と出会うきっかけとなったブログ

全ての奇跡に、最上級の感謝の意を示したい

2 KALMAH:The Black Waltz
d0089277_22253966.png

未だにありありとその光景を思い浮かべることが出来る。まだ新潟に住んでいた頃に家の近くの石丸電気の試聴機で"Time takes us all"のイントロを聴いた時の衝撃と感動。脳にこびり付いた鮮明な記憶を、俺は一生涯忘れることは無いと断言しよう(このアルバムを実際に買ったのは新宿UNIONですが)。

メロディがどうとかテクニックがどうとかそんなものに捉われない、音楽を聴く以外にも"何か"をする上で一番大事な気持ちがこのアルバムを聴いていると湧き上がってきます。

1 MESHUGGAH:Chaosphere
d0089277_22253869.jpg

多くは語らない。ただただ好き。本当に、心の底から好き。

一生、否。何十度、何百度生まれ変わっても、否、否、否。

未来永劫聴き続けるに値するアルバム。永遠のNo.1です。



-----------------総括的な------------------



記事数にしてたったの7つなのに、やるぞと言い出して間を置いたら2ヶ月とどえらい時間がかかりました。ちょっといい加減過ぎやしないかとたまに思ったりもしましたが、閲覧している人の数なんてたかが知れてるのでいつもみたいにかったるくやらせて頂きました。

またしばらく後になりますが、ランクインした全てのアルバムをコメントだけ抜いて一つの記事にまとめてしばらくトップに飾っておこうと思います。何のためって自己満足以外にないだろ。

そして突然のお知らせですが、本日をもって当ブログも更新を終了することに致しました。長らくご愛読いただき、本当にありがとうございました!





















んなわけねーだろ。あとはそのへんの大学生が雷にでも当たっておっちねば、デスメタルとプラモデルを同時に紹介するこのニッチなブログなら100万ヒットのワンチャンあるで。
d0089277_22245160.jpg

[PR]

by final-resistance | 2013-04-09 22:05 | my best | Comments(0)
2013年 04月 04日

No title

d0089277_11105912.jpg

うおおおおおおおおおおおおおおお!!!!
最近すっかりプラモデルとメタルの扱いが対等になってきた当ブログの管理者といたしまして一応興奮はしてみたわけだが、何故今更バルバロイ…?

d0089277_11105981.jpg

アルゼブラのフレームってSOLUHコア以外かっこいいと思ったことは無いんですが、こうして立体化されるとめちゃくちゃスタイリッシュじゃないですか!今度ゲーム内で組み立ててマグリブ開放前線ごっこしよう。
d0089277_1111032.jpg

無論塗装なんて面倒なことはやらないのでここまで格好良くはならないでしょうけど。「でも名義はアルゼブラなのね」というページ内に埋め込まれたfacebookのコメントにちょっと吹く。







d0089277_11182623.png
でも先にこっちっすわー。自転車買おうとしてたはずなのに。ホワイトグリント完成してないのに。
時間をよこせ時間を!
[PR]

by final-resistance | 2013-04-04 11:18 | Comments(0)