<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

No title

予定より早くブツが届きました。いつもニコニコあなたの期待を裏切るゴミ野郎ふぁじーです。
d0089277_188159.jpg
水没王子だと思った?残念、マクシミリアン・テルミドールでした!予告編でステイシスの画像出しておきながらのアンサング。いつもニコニコあなたの期待を裏切るゴミ野郎ふぁじーです。プラモデルなんてマジで10年ぶりくらいだからどうなのか知らないけど箱がやたらデカくて鼻からコジマ粒子噴いた。取説がやたら凝っていて、コレを見てるだけで30分はニヤニヤできます。

d0089277_1817116.jpg
道具一式。総額7000円でキットが3600円。半分が道具代だというのに、まともに使ってるのはニッパーと接着剤のみ。ナイフはたまにはめ込みずらいパーツを削ったりするのに使うくらい。ヤスリはランナー切り残しがあまりに汚い時に申し訳程度にかけるとか…すいませんよくわかんないんです><

d0089277_18281256.jpg
パーツ数は450を超える。どうやら一般的なガンプラで300~350ほどらしい。多いやつで400行くか行かないか。箱開けた瞬間「やっちまったなぁ!」という声がどこからか聞こえました。

d0089277_18282732.jpg
果たしてふぁじーは立派なリンクスになれるのか!



d0089277_182913.jpg
で、途中経過。昨日給料袋ぶら下げながら帰宅後作成開始。今日も昼頃から黙々と組み上げ、合計10時間ほどで取説の半分ほどまで進んだがしかし、もう来週の日曜まで進展する気がしないぜ…。
[PR]

by final-resistance | 2012-09-30 18:06 | Comments(0)

No title





2012年








































d0089277_1126189.jpg









































10月








































d0089277_11297100.jpg









































ふぁじーの








































d0089277_11291865.jpg









































新たな








































d0089277_1129339.jpg









































挑戦が








































d0089277_11302822.jpg










































始まる








































d0089277_11295053.jpg













































かもしれない。続報を待て。
[PR]

by final-resistance | 2012-09-27 11:36 | Comments(0)

No title

ブログ最上段左部辺りに「似ているブログ検索機能」みたいなものがありまして、クリックすればするほど掃き溜めみたいなこのブログとは似ても似つかないブログがたくさん出て来ました。「へぇーこんなブログもあるんだなー」とほじった鼻クソ丸めて食べながら見てました。ウソだよ見てねーよバカ。そしてゲイリー・オールドマンもとい下痢がとまらねえです。腹が痛いわけでもなく体調が悪いわけでもなく、何の前触れもなく突然にPSソフトのSIRENみたいな効果音が腹の中で響いてトイレに駆け込み寺でBダッシュ、みたいな日々が続いております。その内海還りとかしてしまいそう。なんとかしてくれ。



突然話を音楽に切り替えますが、90年代に黄金時代を築いたオルタナ系ヘヴィロック、所謂ニューメタルの四天王は誰かという、このブログでは何度かやった話題。

まずKORNとレイジは確定でしょ。でリンプでしょ。

オバQことMARILYN MANSONはオルタナティブとはちょっと違うような気がする。
DISTURBEDもGOD SMACKも本国ほどの知名度無いし、俺DEFTONESとか知らねーし。
STAINDもSYSTEM OF A DOWNやMUDVAYNEもいいけど、四天王と言われるほど実力があるかって言われるとそうでもない気がする。
LINKIN PARKはポップすぎ。SlipknoTやSOUL FLYはオルタナロックと呼ぶにはメタル過ぎる。
DIR EN GREYは氏ね!DIR厨も氏ね!

四天王クラスで後は誰が残ってるかっていうとこいつらですよねっていう(前フリここまで)。
TOOL:Lateralus
d0089277_16315939.jpg d0089277_16323936.jpg
左が薄いプラスチックのカバー絵。右がその下に隠れているジャケ絵です。こんなのいつ買ったんだ…。

激動の時代と言われていた90年代、まだまだチン毛も生え揃ってなかったふぁじーは「なーんか面白いこと無いかなー…」とラノベの主人公の最初の5Pくらいの様な気持ちでオナニーしながらのんべんだらりと過ごしてた。そんな中GREENDAYに出会いKORNに出会い、その他諸々ヘヴィロックを聴き漁っては当時の実家の屋根裏部屋で奇声を上げて家族にキモがられるようになっていき、ふと近所のCDショップでこのアルバムを手に取り「ライナーノーツでしょっちゅう目にするよな」という気持ちだけで買いました。

「wwっうぇうぇwwwなんだこれ気持ち悪りいwwwww」

それまで聴いてきたロックバンドのキチンと4分割できる普遍的なリズム/ビートしか聴いた事がなかったふぁじーは衝撃を受けたといいますか、ただただ気持ち悪くてのた打ち回ってました。リズムという概念以外では特別メロディが独創的なわけでもリフが個性的なわけでもなく、むしろ"Parabol"なんて超硬派なガチガチヘヴィロックとして名曲なのではないかというくらいキャッチーなモノでした(ちなみにこの曲は絶対に単一で聴いちゃいけないよ。長いけど"Palabol"も一緒に聴こう!)。

何でこんな気持ち悪いバンドが売れまくってるんだと不思議に思ってたんですが、理由は簡単。

歌が上手いから。





自分で言ってすごく醒めてきた。きっとこのバンドのリスナーの殆どは歌だけ聴いて「TOOL最高!!!!!」とか「TOOLは神!!!!!!」とか言っちゃってるんだろう。だから、歌モノにそこまで興味が無い上に演奏がよくわからないふぁじーはTOOLはあんまり好きじゃありません。要は歌が良けりゃナンボでも売れるんだなー。
[PR]

by final-resistance | 2012-09-23 17:05 | Comments(0)

20/200 by VEIL OF MAYA

仕事場の牧場まで自転車で通勤しているんですが、移動の最中に振動のせいなのか何なのかよくわかりませんが亀頭部に心地よい痺れに似た刺激を受けるので通勤が楽しいです。

先日腰をぶっ壊したと報告した直後に風邪を引いてしまい更に注文した覚えも無いのに追加で寝違えて首筋を痛めるというサービスまで受けて、布団の中で涙とウンコを漏らしながら死んでいました。泣きっ面にファイブフィンガー・デスパンチの日々でしたが、こうして休憩時間中にブログを更新するほどの余裕が出てきました。慣れると逆に14時まで暇ですね。



今日は子牛の出産に立ち会ってきました。

いつものように、キスをする時のすぼめた唇にソックリな形の牛のアナルと大陰唇を眺めながら、ふぁじーもといクソを掃除していた時。陰部から、エイリアンの口から出てきそうなねっとりどろどろぼちゃぼちゃした筒とも袋状ともつかない、とにかくよくわかんない内臓みたいなものをDisgorgementしている牛を発見。牧場主さんに報告すると「もうすぐ産まれるよ」とアッサリ。グロ画像みたいなのを想像して勃起しつつ見たいなぁと思いながら仕事を続け、1時間後見に行ったら羊水に濡れた子牛が横たわっていたでござる。遅かった…。

出産の瞬間を間近で見ることが出来ず悔しい><思いをするもとりあえず報告して、麻布の上に乗せてからそれを持ち上げて小屋まで運ぶ。お涙ホイホイの動物モノ番組でよくやるのとは全く違い、非常に事務的かつ作業的な光景。そりゃ牧場やってる人からすれば慣れたモンでしょうね。特に何の感動もないまま出産という一連のシーンは終了しました。でも確かに実際、あの程度のモノで感動したり涙ぐんでる人間とは、ふぁじー付き合えないと思うの。

牛飼いの現場を知ったふぁじーはまた一つアダルトの階段を登ったのでした。



そして。

NILE:Those Whom The Gods Detest
d0089277_11334896.png
実は3rdしかもってないNILE先生のもう6枚目。最近7枚目が出ましたが、某Hさんから「買わないとお前をレイプする」という脅迫メールを頂いたのでコッチにしました。

HMV様お得意の4枚割引キャンペーン中に頼んでいたのがいきなりコイツだけ入手困難で入荷しなくなりやがりまして(おかげで他の3枚もおじゃん。新たに注文し直した。FUCK!!!!)Itunesで仕方なく買いましたら、あまりに詳しすぎてマジモンの学会からもリスペクトされているというKarl Sanders先生の手による曲の詳細がビッシリと掲載された歌詞付きデジタルブックレットが付属しました。音源より手間かかってんじゃねーかコレは…。

中身なんですがやっぱりと言うか何と言うか、数年ぶりに目の当たりにするナイルの惨状ったら凄まじいことこの上ないですね。破壊神と破壊神と破壊神が三つ巴の大喧嘩を繰り広げてしっちゃかめっちゃかになったところでタイミングよく氾濫したナイル川に飲み込まれて疫病と瓦礫と死体が蔓延する古代超国家を想像して半泣きになりながら悶え狂ってしまいそうです。楽しくて。ギリギリと体を引き千切りながら殺していく拷問器具みたいなド迫力のスローパートも正座しながら聴いちゃいます。あら!!!あら!!!でいごん!!!でいごん!!!!!

演奏面だとやっぱり際立つのがDIO様の次に人間辞めちゃったDrのGeorge Kolliasのドラム(ギターとか何やってんのかよくわかんないし)。もうすっごいのなんの。いやyoutubeとかで見て凄いのは知ってたけど、改めて音源で聴くと圧倒されるね。Drに限らずメンバーチェンジで去っていった人はバンドが演る曲に全然付いていけなかったんじゃねーかっていう妄想すらしてしまいます。

ぶっちゃけると、ファストパートやスローパートやその対比、ご自慢のエジプト風調味料は1stからずーっとやってるんですが、毎度毎度呆れるほどの神クォリティで「全部同じに聴こえる(kirixtu)」と2ちゃんで騒ぐだけのアンチすら黙らせる問答無用で偉大なバンドの偉大な作品ではないかと。げっふぅ。

ちなみに国内盤だと#2"Hittite Dung Incantation"と#6"Permitting The Noble Dead To Descend To The Underworld"のインストverがボーナストラックとして収録されているようです。ヒッタイトの糞尿呪術というもの一体なんなのか、ふぁじー気になります!
[PR]

by final-resistance | 2012-09-20 11:23 | Comments(0)

No title

ダメでした。明日まで休みます。

ぶっちゃけ、たかが腰痛とナメてました。ごめんなさい。朝上体起こせなかったです。起床時間キッカリの5時に目が覚めたのに起きてトイレ行けたのが30分後でした。

痛みそのものはもちろんですが、それにも関わらずふと気を抜いた時に普段道理の動作をしてしまうのが怖いですね。

トイレで便座に腰を降ろす時に「アッー!」

テーブルの上の濡れ布巾を取るのにちょっと屈んで手を伸ばしたら「アッー!」

宅急便の荷物受け取る時に「アッー!」

呼ばれて振り向く時に「アッー!」

座った姿勢から立ち上がる時に「アッー!」」

ぬこを抱っこする時に「アッー!」」

一日中真夏の夜の淫夢ごっこしてました。気を紛らわせるためにCDの感想でも書こうと思ったんですが、逆に気が滅入ってきたのでやめます。
[PR]

by final-resistance | 2012-09-13 22:29 | Comments(0)

Silence call the storm by QUO VADIS

牧場勤めが一週間を過ぎました。隠れて子牛とセックスしてるのがバレてクビにならないかビクビクしながら、いつものようにエサ運びをしていた時。





















































腰の辺りからはっきりとした「ピキッ」という音が聞こえました。





















































d0089277_21211358.png







































承り太郎のフルパワーオラオララッシュを食らったスティーリー・ダン並みに「あ、コレはダメだな」と思いました。勤務一週間にして人生初のぎっくり腰。26歳の牛飼い見習いに明日はあるのか!?
[PR]

by final-resistance | 2012-09-12 21:31 | Comments(0)

No title

ふぁじー、ニート脱出の巻。
はい。このPVを見て分かる通り農家に転職しました。実家の近くにあった乳牛農家にお世話になっております。心優しいお方で、農業なんて全くやったことないド素人のふぁじーを30分ほどの短い面接で快く採用して下さいました。

仕事内容は単純なもので、掃除とエサやりに関する雑務が9割。あとは牛をなでたりすることくらいでしょうか。時々牧場主の母親、つまりはおばあちゃんの話し相手も勤めます。

最大の敵は、朝6時から夜7時半まで(お昼休憩3時間)というスーパーハードな勤労時間と、朝起きるのも辛いほどの物凄い筋肉痛。果たしてふぁじーは立派な牛飼いになれるのか!?



そして本日のアレ。
DIMENSION ZERO:This is Hell
d0089277_2034648.png
就職祝いに買いました。ジャケでボコボコにされてるのはVo担当のヨッケたんではありません("Immaculate"のPVではそうですが)。

アンダースの気持ち悪い歌声に嫌気が差してIN FLAMESをやめたGlenn Ljungströmが「まぁまぁそう言うなよ。彼だってあのドレッドヘアをキープするのに苦労しているんだ」と彼をなだめにきたJesper Strömbladを無理やり引き込んで、MARDUKを抜けて一日中ゴロゴロしていたJoakim GöthbergとLUCIFERIONが解散して一日中ゴロゴロしていたHans Nilssonを誘って結成されたプロジェクト的バンドの2枚目フルレンス。

前作よりもブルータリティとスピードは3割増し、逆にメロディは3割減少してよりピュアなデスラッシュに近付いた作品。ドラムがほとんど疾風2ビートと疾風ブラストビートを繰り出すだけのマシーンになっていたり、ボーカルが強烈なスクリームオンリーだったりとリズム面において限界までシンプルになっているのはリフを引き立てるための戦略なのでしょうか。ちなみに次作は聴いたことありません。

#1ののっそりした演奏のイントロから、バンド名を冠した#2でズドドドドドドドギャーギャーギャー!!!
#3も#4もリフがちょっとだけメロディを意識するようになり、ズドドドドドドドギャーギャーギャー!!!
#5はメロディ多めに割と前作に近い作風の曲でズドドドドドドドギャーギャーギャー!!!
#6もズドドドドドドドギャーギャーギャー!!!
#7がメロデスっぽいリフでズドドドドドドドギャーギャーギャー!!!
#8も#9も飽きることなくズドドドドドドドギャーギャーギャー!!!
#10のタイトルがちょっと変なのでアウトロか何かかと思ったらズドドドドドドドギャーギャーギャー!!!

ドラムがひたすら叩きまくり、ボーカルがひたすら吼えまくり、ギターもベースもとりあえずバカみたいに弾きまくる。ある意味グラインドコアのようにも楽しめる良盤なのではないかと。
[PR]

by final-resistance | 2012-09-09 22:11 | Comments(0)