<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Revival by LOST SOUL

またまたイケない方法で手に入れちゃいました。だってどこにも売ってねーんだもん。
LOST SOUL:Immerse In Infinity
d0089277_13524683.png
今も昔もポーランド四天王といえばVADERとBEHEMOTHとDECAPITATEDとこのLOST SOULでしょう(あと裏番長的にYATTERINGを推しとく)。2004年にリリースした"Chaostream"を最後に音沙汰を絶ってからしばらく行方がわからなかったのだが、なんと2009年に突如このアルバムをリリースして奇跡の復活宣言。惑星一つを拳一発で粉砕するハイパーウルトラスピードエクストリームメタルを引っさげてシーンに衝撃を与えた。THE FORSAKEN届くのが最悪8月末になりそうで発狂していたのだが、十分このアルバムだけでいけるでしかし。

しっかしまぁポーランドのデスメタルのドラムのレベルの高さには恐れ入るな。「どこまで己を高めることが出来るか」という修行僧じみた苦行を課しているような色即是空昇天ドラミング。「速さ」をここまで極めると強力無比な武器になり得るのだということを教えてくれます。この美学を理解できない輩はちゃっちゃとおっ死ね英国野郎(ライミー)。ちなみにこの作品をリリースした2009年のドラマーは既に脱退、現在は先日紹介したCRIONICSの人がセッション的に参加している。こんなん叩けんのか。

当然ポリッシュ四天王の一角を張るんだから他のメンバーも半端じゃないレベル。SUFFOCATIONの1.3倍くらいの速さでリフを弾きながらひたすら唸るボーカルなんか殺る気MAXの魔闘気放ってますよ。で、こいつらが他のポーランド勢力よりも決定的に秀でている部分が、そのリーダーのハゲのGu/Voが弾いてるであろうギターソロなんですね。ここぞという場面で繰り出す凄まじい扇情力、一撃必殺の破壊力。妹と並んで見ていたFate/Zeroで例えるなら、約束された勝利の剣で聖杯もキャスターもクソもミソも一発で吹き飛ばすセイバーさんといったところ。

「無」に飲み込まれてネオ化したエクスデスがPTメンバーにくっつきそうな勢いで迫り来る怒涛の55分があっという間に過ぎていく。9分もある#8"Simulation"の最初の1分はNILEのアルバムにでも入ってそうなエジプシャンなSEがちょこちょこ挿入されるのだが、どこをどうすれば"Simulation"という単語に繋がるのかさっぱりわからないというのがこのアルバムの唯一にして最大の謎である。
[PR]

by final-resistance | 2012-07-31 16:29 | Comments(0)

No title

d0089277_0233221.gif


ちょっと大阪行って来る。
[PR]

by final-resistance | 2012-07-30 00:24 | Comments(0)

No title

なんか世界スポーツ祭りが始まってますね。誰がどの競技で何色のメダルなのかは例によってどうでもいいし興味もありません。

そんなことはどうだっていいんだよ!THE FORSAKENの新譜はいつになったら届くんだ!気を紛らわせるために他のCDを聴くも興奮も感動も落胆もしない。

そんなこんなで暇なので旧譜についてのうだうだをどうぞ。
PANTERA:Vulgar Display of Power
d0089277_1956285.jpg
このアルバムには妙な思い出がある。お察しの通り故Darrel氏絡みであるのは間違い無いが、例によってふぁじーは凡人共とはまた一味違う大騒動を引き起こした。それはヘヴィメタルへの道を歩み始めた高校生の頃に見付けた、今は亡きSLAYERの非公式ファンサイトの掲示板での出来事。

そこの管理人及び主な住人様達は既に愛する人と結ばれたり子供も出来たりと家庭に恵まれたご立派な大人。標準的メタルリスナーの例に漏れず「メタル界の重鎮バンドはとりあえず一通り聴いてる」リアルPANTERA世代で、その思い入れというもひとしおなわけです。

詳細はwikiでも読んでもらうとして、2004年12月にDimebag DarrelはDAMAGE PLANのライブ中にイカレ野郎に銃殺されてこの世を去りました。当然その衝撃は掲示板内にも広まっていて、スレッドがいくつも立つほどの盛り上がりっぷり。

ブログで書いたところで猫のションベンほども伝わりはしない事実を述べるならば、この事件があるまでPANTERAというバンドは、今は中古屋以外では見ようとすらしない国内盤CDのライナーノーツの中でしか確認していなかったし、Darrel氏に至っては名前すら聞いたこともなかったふぁじーにはイマイチその事件の大きさが伝わらず、頬杖つきながら画面をスクロールさせていった。後日、そいつがどんなにすごいやつなのか確かめたくなってすぐにこのアルバムを買った。

がしかし、既に見も心もデスメタル浸けになっていたため"fucking hostile"のやけくそなスピード感にしか高揚感を抱かなかった。その気持ちをそのまま直接掲示板に書き込んで、どんなレスがつくか(当時は割りと真っ当な好奇心を持って)楽しみにしながら翌日のぞいて愕然とした。まるで死んだ親を辱しめられでもしたような誹謗中傷の書き込みの嵐。日付見たらほんの数時間。たかが個人サイトの掲示板ごときで必死すぎワロタですよ。

俺ぁ納得いかなかったね、うん。

「オルタナティブ・ヘヴィメタルの時代を切り開いた偉大なバンド」と「偉大なギタリストであるダレルが死んだ悲しみ」いう事実のどちらにも共感を抱けない人物にとっては、「PANTERAがかっこいい」っていう客観的な評価には繋がらないわけです。それに君達、Ben MarlinやJared Andersonが誰かわからないし、死んだってちっとも悲しくならなかったでしょ?音に現れない原理主義に付き合う気はありません。

戦争と一緒だよ。バリバリの大戦経験者がその時代に受精卵すら作られてない若い衆に苦痛をいくら伝えても「悲しいですねー辛いですねー」という感想以外として価値は無意味。その悲惨さを知識として教えたらあとは本人の受けとり方次第なわけで当の本人にはもうどうしようもないの。ぶっちゃけ年寄りの苦労自慢なんて知ったこっちゃねーんだよ。



かくしてふぁじーはこの一連の事件から書き込む度に微妙な雰囲気に包まれると言う事態に苛まれ、少し後にパジャソ君に「そーゆーのは余所でやれ」と言われてこのブログを始めるに至ったという話。ちゃんちゃん。
[PR]

by final-resistance | 2012-07-28 20:58 | Comments(0)

No title

d0089277_1351453.jpg

d0089277_1352711.jpg

完全に一致。
[PR]

by final-resistance | 2012-07-23 01:35 | Comments(0)

No title

この人のファンであるお母様が東京で開かれている個展を見に行っちまったわけでして。

忙しい。

幸い今日と明日は教習所が休みなので朝からのんびり犬猫の世話や家事を片付けていられるのだが、教習所ある日はそれらを片付けるとなると7時に起きないとまず間に合わない。畑に水も蒔かねばならない。日曜日と月曜日は朝からヘルモードなのだ。

妹二人含めて家に3人もいるならやらせればいいじゃんとお思いの方、あまっちょろい。速くてメロけりゃいいじゃんっていうドラフォ並み。あ、親父は単身赴任ですよ?

妹その1…家事は出来なくもないが、片付けまできちんと出来ているところを見たためしがない。料理はその道目指してるだけあって中々なので飯支度はこいつで決定。
妹その2…家事全般壊滅的。そもそもまず自分から率先して家事をしようという気が全く無く、末っ子魂が常にオーバーソウル状態。

ましてや二人はバイト持ちで、クソだるい朝の時間にやれエサだトイレだとペットの世話をする暇などない。飯を減らす等の節制以外で家計を助けることが出来ない腐れ兄貴がふぁじー、俺がやらねば誰がやる状態である。

それに朝は犬猫と畑の世話さえやれば、教習の終わる昼過ぎには帰ってきて残りの家事が出来るのでそこまでキツくないっちゃキツくない。7年間一人暮らしをしてきた腕の見せ所というわけだ。



で、暇なので新譜レビューならぬ旧譜レビューそのに。
NILE:In Their Darkend Shrines
d0089277_22305539.png
前回スウェーデンのドカタ仕事さん達の時にちょろっと名前を出した、今や押しも押されぬスーパーバンドの一つとなったナイルレストランの3枚目のフルレンス。今のところコレしか持ってません。ふぁじーが聴いたのは8年くらい前ですが、リリースされてから10thアニバーサリー。ところで「フルレンス」と「フルレングス」ってどっちが正しいンでしょうね。検索結果は後者の方が多いようですが。

ORIGIN弁当の1stアルバムと並んでふぁじーがこの道に進むきっかけとなったアルバムの一つで、デスメタルというジャンルにおいて最重要項目と言っても過言ではない「どこまで速く、どこまで激しく演奏をできるか」というテクニックにおける限界点をORIGINやCRYPTOPSY等と共にブレイクスルーすることに成功したマイルストーン的作品。

今でこそこのバンドではジョージ・ゴリラズじゃなかったGeorge Kolliasという間違いなく最強レベルのSick Drumerが名を馳せているが、8年前のこのアルバムの時点でもトニー・ドラリーニョじゃなかったTony Laureanoという知る人ぞ知る名手が在籍していて、2ちゃんねるとかの最強ドラマースレで風呂もう煮えるじゃなくてFlo Mounierさんなんかと一緒によく名前が挙がっていたのを覚えています。ゴリラと比べてもスピードがほんのちょっと遅いだけで叩き方ほとんど変わらないってどういうことなの…。

"The Blessed Dead"、"Execration Text"、"Kheftiu Asar Butchiu"、"Unas, Slayer of the Gods"、"Churning the Maelstrom"、"Wind of Horus"…つーか3曲目の"Sarcophagus"とラストの組曲part1以外全部ですね。10年も前にほぼ完成されて未だにそう簡単に追随を許してはくれないレベルの、(☝՞ਊ՞)☝ンウウッゥイイイイイィ!!!ってなりそうなデスメタルのドラムの一つの究極がそこにあったということです。要するに。
[PR]

by final-resistance | 2012-07-22 23:20 | Comments(0)

No title


これかっこEEEEEEEEEEEEEE!!!

こちらから頂きました。書くのは面倒なので詳しい内容はそっちを読んでやってください。


中々に盛り上がってるライブの映像。クリーンパートの落差が激しいのでそこだけデスメタルのライブとは思えない不可思議な感覚に陥る…。実直そうなVoはKey兼任なのですね。逞しいです。

そしてコレ系のライブを見る度に思うのがTomas Haake御大の凄まじさ。悲しいまでに足元に及ばないドラムの健闘に思いを馳せるのでした。
[PR]

by final-resistance | 2012-07-18 22:20 | Comments(0)

No title

大津

皇子山中学校

いじめ

自殺

木村束麻呂



これでふぁじーのブログのヒット数モリモリ上昇間違いなしである。
[PR]

by final-resistance | 2012-07-17 23:00 | Comments(0)

No title

昨日「教習所通い、がんばるゾ☆ミ」と威勢良く書いたばっかりなのに、送迎バスの運たん運たんが迎えに来る場所間違えた挙句確認もしてくれないでがんばって7時に起きて準備したふぁじーを豪快に無視してそのまま次の生徒を迎えにいってしまったという惨い仕打ちを食らう。どう考えても向こうのミスなのに「なんとかなりませんか」とこっちから頭を下げてお願いする様に立派な社畜っぷりを覚えながら結局撃沈。



暇なので、過去にレビューしたことの無いアルバムのレビュー記事でも書こうと思い立った。こういう時こそポジティヴシンキング。

となると必然とブログ開設以前に手に入れた古い音源ということになる。ブログに載せたアルバムは大体覚えているが、その逆はあまり思い出せなかったので何があったかなとitunesのリストを覗いていたら191枚もアルバムがあった。千枚単位でCD持ってるレビュアーがごろごろいる世界では多い方ではないが「そろそろ200枚かぁ」とデスメタルに出会って10年近いふぁじーは感慨にふけるのであった。

SOILWORK:The Chainheart Machine
d0089277_9402163.png
で、こいつ。今や"路線変更して大成功したメロデス四天王"の一角(他はIFとかDTとかAEとか)の2枚目、びよーんがまだハゲじゃなかったころの傑作です。デスメタルの味を覚えたNILEの"In their darkend shirines"から数えて3枚目くらいの音源。画像乗っけたらレビューのモチベもあがるぜぇ。

ふぁじーの中で最高傑作といったらコレ。コレったらコレ!門前のアレよりも、Devil May Cryのダンテ様ばりにCool&Stylishなこっちが断然好み。2000年丁度にリリースってことは、TERROR2000も同時期だったってことか。納得。この頃は確かにデスラッシュ勢が元気でした。

初めて聴いてから10年近く経つのに未だに口ずさめるほどのインパクトを持つギターリフが目白押し。「えーマジ2nd?キモーイ!SOILWORKが許されるのは4th以降よねキャハハハ」と思っている方々に聴かせたらどういう反応するのかな。4th"Natural Born Chaos"もオーマイガーな出来ですが。どちらにせよHenrry Lantaのセンスありすぎでクラクラしそうなドラムが冴え渡っているのは確定的に明らか。

クッソ速いのにグルーヴ感が腹の底にズシンと効いてくるというめちゃくちゃな曲#4"Generation Speedkill"に最も衝撃を受けました("Nice Day For A Public Suicide"というサブタイトルが付いてることに最近気付く)。そこかしこで先走りしているdrivin'なノリは抜けた叔父と甥のギタリスト二人のエッセンスに違いない。
[PR]

by final-resistance | 2012-07-14 10:56 | Comments(0)

Victim of Failure by NEMBIENCE

30歳という今後の人生の大体を決めるような気がする大台がそろそろ近付いて来たのに車の免許を持っていない日本男児というものは日本国内においてふぁじーくらいかもしれないんじゃないかと言う妄想をしたら死にたくなったので通うことにしました。30歳って書いたら余計死にたくなった。



題して「自動車学校、始めました。」



初日はまず申し込み手続きと適性検査と学科を1時限だけ。ふぁじーはどうやら車を運転するには常人よりちょっとだけ注意を要する性質なようです。

「踏み切りでは一時停止しましょう」とか「赤信号では止まりましょう」とかを教えてくれる教官を見て、何だか幼稚園に戻ったようなむず痒い心地になれました。しかし、一部のDQNを除いては最早DNAレヴェルで人類に刻み込まれているといっても過言ではないこのような知識を実行することが、自動車という非常に限定的かつ閉鎖的な空間であるというだけでどれほど難しいことなのかを思い知らされたのは2日後、つまりtoday is the day.

「今日から実技やるから」という言葉にもうちょっと学科で知識を積んでからやるものだと思っていたふぁじーは目から鱗がフライアウェイ。人生はいつだって突然なのである。で今日、生まれて初めて運転席に座ってハンドルを握って回したりペダルを踏んだりウィンカー出したりレバー動かしたりしてみたんです。



エアコン効いた車内なのに1時間それやったら全身汗びっしょりでした。何この鉄の化け物。アーマードコアかよ。



実を言うと遊び人である妹の方はさっさと免許取っちゃってアルテッツァを乗り回してるんですが、もうお前神でいいよ、神。あんなおっかないモンを時速ン十kmでカッ飛ばす人間の神経が知りたいわ。

ただ、人生初の運転がもんのすげー刺激的だったことは事実です。送迎バスが朝の8時しか無いくせに「朝9時に教習所到着したけどふぁじーが受けれる学科は昼の12時から1時間だけ」とか「今日の講習は朝イチの1時限だけなのに帰りのバスが13時まで無い」とかやたら非効率的なのを除けば楽しいです。いや楽しくはねえな。

明日もエンストさせないようにがんばりたいとおもいました まる
[PR]

by final-resistance | 2012-07-13 21:34 | Comments(0)

No title

d0089277_20242847.jpg

アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああアアアアアアアアアアアあああああああアアアアアアアアアアアアあ亜嗚亜嗚呼嗚呼亜ああ亜アアアアアアアアアアアああアアアアアアアアアアアああああああああああああアアアアアアアアアアアああああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああアああああああああアアああああああアああああああああああああああああああああああああアアアアアアアアアアアアああああアアアアアアアアアアアあああああああアアアアアアアアアアアアあ亜嗚亜嗚呼嗚呼亜ああ亜アアアアアアアアアアアああアアアアアアアアアアアああああああああああああアアアアアアアアアアアああああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああアああああああああアアアアアアアアアアアアアああ亜ああアアアアアアアアアアアああああああアアアアアアアアアアアアああああああああああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアあああああああああああああああああああアアアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






忘れ去られてたバンドだからどこにも置いてないだろうと思っていたのだが、そこはさすがのHMV様。4枚で35%割引というホイホイ価格だったのでガッツリ4枚いきました。amazonでMP3データが600円でしたが耐えました。5年も待ったのにデータだけ買うなんていう真似出来るか!

これ届いたら死んでもいい。
[PR]

by final-resistance | 2012-07-07 20:37 | Comments(0)