<   2012年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

No title

バンド音源が欲しくて登録しただけのfacebookだったが、来るわ来るわ連日のように輸入盤CDの超剥がし難いシールの剥がし残しくらいにどうでもいい旧知からの友達申請が。お前らそんなに俺のことが好きかよとぼやきつつ、プロフィール欄にその旨を優しく記入してあげたった。でもどうせ誰も見ないで懲りずに申請してくるんだろうな。

そしてマウスが不調である。彼女との別れ際に…あ、言うの忘れてましたけど彼女と別れました。6年間お疲れ様です。彼女と別れたらブログを削除するという宣言はうわなにするやmmmmmmmmm



で、別れ際にもら(パク)って半年ほど使ってきた無線マウス君のクリックボタンの調子が悪くなってきた。10回中1~3回は動作しない気がする。今更有線モノとか使いたくねーなー。こんなんとか使ってみたいわ。何コレトランスフォームすんの?

さて本題である。

AZOIC:Gataways
d0089277_182332.png
いつも勝手にお世話になっているボヨヨン岬様から頂きました。非常に珍しいアイスランド出身の、IMMORTALとかINCANTATIONのような非常におどろおどろしくて呪術的なブラックメタルっぽいデスメタルのようなブラックメタル。音質は中の下と言ったところですが、これくらいだったらむしろ雰囲気助長するくらいでものすごくしっくりくる。ジャケットも気持ち悪すぎて最高です。

#1"Apeiron"の初っ端から地底の大神殿に封印された邪神の目覚めの声のような轟音で幕を開ける。くぐもった唸り声のような気味の悪いデス声が素敵。終盤に出てくる不穏なメロディを追うノーマル声も怪しくて素敵。この曲でこのバンドのカラーが掴めるかと。#2"Skywatchers"も#3"A Portal"も同じような調子で終始爆走。ファストパートとスローパートのコントラストが上手いため、この邪悪極まりない雰囲気が際立つ!際立つ!たまんねーなーコレは。

#4"Hold bindur tomid"はSunn O)))を彷彿とさせる「ゴォオオオォォォ…」という惑星クラスの体格の化け物の口腔から響いてくるようなノイズと、その化け物を召喚する儀式のようなインスト。なるほどルルイエはアイスランドにあったのか。その後は#5"Wisdom Prayer"以降も絶妙な緩急をつけながらダレることなく曲が続いていく。#6"Monasterium"のラストはミックスのミスかな?狙ってもいそうだが…。

ドローン/ドゥームのようなとのっそりした演奏と黄泉から木霊する亡者の呻き声のような歌唱が延々続き、3分半を過ぎた頃に一呼吸置いて暴走気味に突っ走る#7"Spirituphysics"は、重なったギターの不穏な音色と音の低いタムの連打がULCERATEを思い浮かべずにはいられない。かつて全宇宙を蹂躙した醜悪な古代の神々の復活劇は、退廃的なインストゥルメンタルの#8"Eldlina"で幕を閉じる。



最後にこの音源はfacebookでフリーダウンロードできます。ほら、登録しといてよかったでしょ?せっかくなんでふぁじーもイイネボタン押してきました。
[PR]

by final-resistance | 2012-06-30 12:00 | Comments(0)

Rust Never Sleep by KALMAH

PCの音楽プレイヤーソフトをItunesで済ませてしまっているふぁじーは、そこかしこで散見される「Itunesの音質が良くない」という話題を密かに気にしていた。

「たかだかン千円のヘッドホンで音楽聴いてるヤツらがPCのソフト変えたくらいでそこまでわかるのかよwww」とバカにしながらも、音楽好きの端くれとしてはやはり気になるところ。

なので

音質が良いとされるAIMP3を使ってみたり(確かにふぁじーの耳でもわかるくらい音が変わるが、ファイルの管理がすごくいい加減で使い辛かった)

音質を良くするための外部ソフトを入れてみたり(ふぁじーの耳には判別不能だった)

ファイルの読込形式を変えてみたり(既に取り込み済みの2000個近いファイルには意味がなかった)



いろいろやってみたものの、どれもしっくり来ないというか2chのオカ板、じゃなくてオーディオ板のプラシーボの域を出ていない気がする。

そして「やっぱコレか…」とガックリしながら辿り着いたのがイコライザーをいじるという荒業。
以前何度も自分好みの音質を狙って触ってはみたものの、10年近くPCが身近にあるのに今だにネットを見るか音楽を聴くかブログを書くかゲームをやるかにしか使わないPC音痴なふぁじーのテクニックで既存のプリセットを超えるような音質を生み出せるはずもなく、Acousticの右端をちょっと上げただけで満足していた。


しかし、今回も半ば諦めながらネットを漁っていると興味深い記事と画像を見つけた。

d0089277_22295496.jpg
海外のItunesユーザーが発見した"パーフェクトなイコライザ設定"だという。実は今更記事にするのも恥ずかしいくらいにものすごく古くからある手法らしいのですが、特に何をするわけでもなくぼんやりとしか音を聴いて来なかったふぁじーには初耳でありました。

藁にもすがるというか、ぼんやり仰向けで浮かんでたら木が流れてきたからとりあえずつかまろう的気分でこれに設定してみた(設定は左から+3, +6, +9, +7, +6, +5, +7, +9, +11, +8となっている。ツマミを1ピクセル動かすorマウスホイールを1カチで+1)。

神 音 質

さすがに音そのものを直接操作する設定だけあって効果は絶大。特に高音部が強烈でガッツンガッツン耳に突き刺さる超攻撃的な音質、いわゆるドンシャリ系に変貌。もう今までの苦労はなんだったのっていうレベル。試し聴きをしたら、やたらシンバルを増やしたがるテクデスの類の次元が変わって聴こえてきた。NECROPHAGISTとかPSYCROPTICとか、シンバルの音追ってるだけで楽しめますよ。ちなみに画像通りの設定だとあまりにも音が大きくて音割れしてしまうので、PC自体の音量やItunesの音量を下げたり、プリアンプを下げて使わなければいけない。



更にふぁじーはもう1個発見したのだが、この設定だと耳に突き刺さるような尖った音が強烈で長時間聴く耳に疲労にかなりのダメージが蓄積されてしまう。ふぁじーのような激烈メタル中毒患者としては捨て置けない問題であり、高音部をキツめな音作りにしているブラックメタルなんかは最早ANAL TORTUREなレベルに達する。

そこで上記の数値を半分にして使ってみると

神 音 質

耳に釘を打たれるような「ギンッギンッ」という刺激的だった高音部が若干マイルドになり、尚且つ低~中音部が明確に聴こえるようになる「ドンッドンッ」というものすごく耳に心地よい重低音になった。ふぁじーはそこから更に発展させて

d0089277_112445.png

図のように32と16kの部分を少し上げて使っている(これだと音量調節無しでも聴ける)。

自画自賛するわけではないが、ふぁじーはこの設定が気に入っている。が、この間買ったFALLUJAHのアルバムような割と丸めの音質ならば前者の設定の方にして音を鋭角的にさせたほうが良いと感じた。2種類のプリセットを使えばどんな音源でも快適に、最良の音質で聴くことができるではないか。

この設定はItunes以外のイコライザでも応用が出来そうである。他のプレイヤーを使っているメタラー諸兄もお試し頂きたい。
[PR]

by final-resistance | 2012-06-26 23:06 | Comments(0)

The Prodigal Empire by VALE OF PNATH

あ~50歳以上の政治家殺してえ。

あ~40歳以上の政治家も殺してえ。

あ~全警察官の3/4くらい殺してえ。

あ~というか全公務員の1/3くらい殺してえ。

あ~死刑囚全員さっさと殺してえ。

あ~DQN殺してえ。

あ~JASRACの人間全員殺してえ。

あ~東電社員全員殺してえ。

あ~パチンコ業界関係者全員殺してえ。

あ~ナマポ不正受給者全て殺してえ。

あ~韓国人全員殺してえ。

あ~朝鮮人も全員殺してえ。

あ~中国人も全員殺してえ。

ざっと考えただけでもこんなに殺したい人がいる。ふぁじーもtwitter()やろうかな。

※実はタイトルが秀逸な記事。今たまたま聴いてたんですよ。
[PR]

by final-resistance | 2012-06-24 16:47 | Comments(0)

No title

DEICIDEの新譜のPVがクソすぎる件。

なぜアニメーションにしたし…しかもコミカル風味のクレイアニメ。バンドイメージと全然合ってないではないか!師匠がお気に入りのハーレー乗り回したりクライストさんが悲惨な目に合うのはいつも通りだが、手首ではなく手のひらに釘を打つ辺り、大事な所が抜けてますよ師匠。





こんなものを紹介するのにわざわざログインしたわけではない。


サムネイルだけ見るとKORNのPVみたいな(吊り下げられた電球とかそれっぽい)DECAPITATEDの復活作"Carnival is Forever"から"Homo sum"に続く2本目のPV"Pest"。改めて見ると、ドレッドヘアを振り回して吼えたてる新Voは見栄えが良い。バンド史上最高の力量を持つパフォーマーである。
[PR]

by final-resistance | 2012-06-19 13:06 | Comments(0)

No title

奇しくもふぁじーが唯一所有する音源と同じ"SYMBOLIC"の名を掲げて、カナダはケベック州で活動するDEATHのトリビュートバンドの2時間フルのライブ映像を寝る寸前にうっかり見つけてしまって、ちょっと後悔しながらも完全制覇したった。

DEATHをコピーするだけあってメンバー全員ハゲあがる程のテクニシャンだが、それもそのはず。
Gu/Vo…Matthew Sweeney(フロントマン)
Gu…Michael Sweeney(フロントマンの弟)
Ba…Dominic"Forest"Lapointe(動画には未登場)
Dr…Antoine Baril(AUGURYでも活動中)

3人の固定メンバーと以下のゲストミュージシャンが入れ替わりで演奏するのだが、そのメンツたるや凄まじい。

Gu…Shannon Hamm(ex-DEATH,ex-CONTROL DENIED)
Gu…Bobby Koelble(ex-DEATH)
Gu…Jon Lee(活動暦は不明。18:30辺りに出てくるバンダナの人が多分そう)
Gu…Marc-Andr Gingras(MAGというカナダのプログレメタルバンド)
Ba…Daniel Peron(同上)
Ba…Alexis Robitaille(MAGやSYMBOLICにゲスト参加しているセッションミュージシャン)
Ba…Scott Clendenin(ex-DEATH,ex-CONTROL DENIED)
Dr…Nicholas Barker(ex-ちむボガー,ex-CRADLE OF FILTH etc)

全員カナダのメタル界の裏ドンやったでぇ。ちなみに晩年のChuckもCONTROL DENIEDの活動のためにケベックに移住したという。カナダはデスメタルの隠れた聖地だったのである(ナンダッテー!)
[PR]

by final-resistance | 2012-06-18 01:32 | Comments(0)

No title

検索件数の多さと一番上のリンクコンボで鼻水噴き出る程ワロタ。
[PR]

by final-resistance | 2012-06-16 15:58 | Comments(0)

No title

レンズに傷が入りまくりのかけてるだけでブラー効果が発動する眼鏡を新調することにした。

眼鏡に限らず身に付けるものほとんど全てそうなんですが、ふぁじーが自分で決めて買うと後から家族の「えーなんでそれ買うのー」というブーイングが鬱陶しいので全部投げてます。今年で26という中々いい年こいて服を買うのも親姉妹に任せるこのだらしなさ。超気持ちいい。

で、眼鏡なんですがこちら。
d0089277_23364834.jpg

人任せでよかった。免許取ることも見越して、今まで弱めに調整してきた度数も強めに。家の中ってこんなに汚かったんだ!という知りたくない発見もありました。



最近欲しい音源リストが着々と消化されつつあり、逆に所持音源リストが増えてきている。欲しい音源リストが増えないという、ふぁじーの密かな悩みである。

リストにあるやつを1ヶ月3枚買っていくだけで3ヶ月平気なんだが、ああいうリストは自分で把握しきれないくらい書き並べて「あーコレ早く買わないとな。でもコレと似たようなのこの間買っちゃったし…今月コレとコレと…うわコレも聴きてー」と悩むのが楽しいから30個くらい並べておきたい。

日本の総理大臣と同じくらいどうでもいいけど、なんかサッカーのW杯予選みたいなのがあったらしいですね。BENEATH THE MASSACREとOBSCURAの客入りが悪かったのはそのせいらしい。許せん。
[PR]

by final-resistance | 2012-06-13 23:44 | Comments(0)

The Hurt That Finds You First by MESHUGGAH

先日VILDHJARTAの音源を聴いてこれは中々いいぞと気に入り始めたので、フリーでダウンロードできるデモ音源"Omnislash"を手に入れようと思い至る。

バンドのfacebookのブログにリンクがあるとどこかのブログで読んだような気がしたので早速彼らのFBにお邪魔すると、どうやら同じくfacebookを使っている人間しか閲覧できないようであった。

のでふぁじーも適当な項目を入力してFBのアカウントをゲット→Omnislashダウンロードうぇうぇうぇしていた。今後もこういうったフリー音源を手に入れる機会があるかもしれぬとアカウントはそのまま残しておいた。



翌日yahooメールに小学校時代のクラスメイトから友達招待のメールが2件届いててクソ吹いた。

あの、僕そういうのじゃないんで。音源欲しくてアカウントとっただけで、友達とか要らないんで、はい。

出身地や卒業学校から自動的に友達を探してくれる機能がついていて、のぞいてみたら出るわ出るわ懐かしい名前が。どこから個人情報が抜かれるかわからないご時世に堂々と顔写真を乗っけてる豪気な人がかなりいることもビックリ(FBは元々そういうモノだが)。それも将来子供にキラキラネーム()とかつけそうな顔ばっかりで…というかすでにそういう子供がいるかもしれない。

ていうか何よりたった一日で現在のふぁじーがどこで何をしているか知られてしまった事実がただただ恐ろしい(出身以外の項目は何も記入していないにせよ)。お前らそんなにFB好きなんか。「イイネ」アイコン押したいだけちゃうんか。



ひとしきり名前を確認した後、送られていた友達申請を拒否してブラウザを閉じた。ふぁじーはもういいです、ほんとに。親族以外の誰の記憶に残ることなく、デスメタル聴きながらひっそり生きてひっそり死んで行きたいので。

あ、"omnislash"は何てことないdjentでしたよ。
[PR]

by final-resistance | 2012-06-13 18:14 | Comments(0)

No title

いつものようにふぁじーを除け者にして家族が買い物へ。妹その1が「にーちゃん絶対喜ぶから!」と周囲の反対を押し切ってクワガタを拾ってきました。




何と言うことでしょう。
3年前のバジルから脈々と受け継がれている、六月の奇跡がまた今年もやってきた。




考えるより先に体が反応しました。幸い実家は自然に満ち溢れた土地なので今度はすぐに住処を作成。夏休みの自由研究は終了。夜家族が寝静まった隙を狙われ二度も猫に襲われながらも懸命に生きるその姿に胸を打たれたのでした。


そして今月の3枚をどうぞ。


DECREPIT BIRTH:Polarity
d0089277_1829536.png
イングヴェイなんちゃらさんみたいなクラシカルなツインギターのハモりで始まり吹きそうになった本作。

これはもう完全にギタリストのオナニーではないか。ただのオナニーなら某氏のようにオナニー茶盤乙と切り捨てていたところだがしかし、そのオナニーが曲芸レベルのスーパーオナニー。「俺様の自慰に酔いな」と言わんばかりの魅せるオナニーです。他人のオナニーなんて見たくもないが、ここまで上手いとある意味そのテクニックに見惚れてしまう。

チンコなだけに話が反れた。賛否両論を生んだ前作と同じ路線を更に推し進めた、1stの頃のブルータルの極みアッーのような路線は相変わらず低音でヴォーヴォー唸るVoにしか見られない、「僕達最初からテクニカル&メロディアス路線ですけど何か?」と何食わぬ顔でしれっと言われる、1stしか知らない人に#7"A Brief Odyssey In Time"や#9"Sea Of Memories"を聴かせた後に「ドッキリです」と書いた札を見せた時の反応を見てみたいくらい様変わりしたデスメタルバンド。

アルバム製作中にそのなんちゃらマルムスティーンさんがスタジオに「俺は貴族だ!伯爵だ!」とか訳のわからないことを言い出しながら乱入、救急車にさらわれて行った微妙な雰囲気の後に出来たような作品。最近のテクデスの影響を受けたバンドに必ずあがるといっていい「DEATHとCYNICに影響を受けた」という。強引にメロディをねじ込んでしまうところは確かにDEATHなんかと共通点がある。CYNICはもうアレですな。テクデスならCYNICの名前だしとけばええやろ雰囲気ということで。

デビューから10年くらい経つというのに「どっちでもいいじゃん」という意見を一切受け入れない頑固一徹な職人(笑)リスナーの間ではしつこく賛否が語られているが、そういう輩は1stだけ聴いてればよろしい。2ndからのにわかファンのふぁじーの中では安心して聴けるバンドの一つですな。「新譜出したんだ。買おうっと」みたいな(その割にはリリースから2年くらい経っちゃったけど)。

それにしても前作と同じようなメロディ使いすぎでないかい?丸かぶりなフレーズもちらほら…。でも「2ndの焼き直しだろ」とか言っちゃいけない。



FALLUJAH:The Harvest Wombs
d0089277_18314377.png
「マントラ」とか「禅」とか「カルマ」とか「精神と時の部屋」という単語を彷彿とさせるオシリス爆誕っぽいジャケットからシュメールの土の匂いがプンプン。音作りやメロディはどう考えてもSumerian.Recなんだが意外や意外のUnique Leaderからのリリース。EP2枚とデモ2枚を出した後この1stでフルレンスデビュー。

にわかに脚光を浴び始めた「ポスト○○」というジャンルの影響が垣間見られるようだが、ふぁじーはよくわからない。ギターのトレモロ音にやたら浮遊感のある感じや、不協和音がいくつも重なってぼんやり霞む様な音像がポストってる要素なのか。離れた場所にある音階を単音でピロピロと飛び交うギターソロなんかもそうかもしれない。

そのポストな音作りがデスメタルと上手くマッチしているのか、バンドのポテンシャルの成せる業なのか、曲はどれもよく出来ている。

トレモロリフがブラックメタルみたいに寒々しく響く#1"Alpha Incipient"や#3"Become One"
#7"EnslavedEternal Phenomenon"や#8"Hallncnation"がこのバンドのカラーを上手くあらわしてると言える。

他にも佳曲は多く、THE FACELESSみたいな(3rdアルバムまだですかね)"#2"Ritual of Godlesh"。テクデス化したVALE OF PNATHのような#4"Cerebral Hybridization"。

BORN OF OSIRISの曲をVEIL OF MAYAがプレイしたみたいな#5"Prison of the Mind"
も好みである。そのBoOのインスト曲と区別の付かない#6"The Flame Surreal"。

#9"The Harvest Wombs"はモロにスウェーデンかノルウェーかっていう叙情メロブラみたいなので「あれ、今何聴いてるんだっけ」という気分に浸れる。Voいつ入るんだろうと思ったらインストだった。

ラストを飾るだけあって#10"Assemblage of Wolves"は素晴らしかった。聴き終えた後は何故かものすごく精神的に満たされた気分になるのはふぁじーのチャクラの波長と合うからなのか。

とまぁいろいろ書いたけど、根っこにあるのは「よくある高品質なテクデス」。個性的とは言わないまでも独特の存在感で今後は頭角を現していくに違いない。



VILDHJARTA:Masstaden
d0089277_18332961.png

メシ

もうアイツラの名前を思い浮かべないでこの記事を読むのは不可能な、幸か不幸かスウェーデン出身の変態的な轟音を鳴らすバンド。リズム隊の二人にツインVo、まさかのトリプルGtという何とも無駄な豪華な7人編成。

以前このバンドを紹介する時に「"Nothing"の後継者」というような書き方をしたが、訂正します。クソズ太い5,6弦の低音くらいしか共通点が見当たらないから。

彼らが鳴らすのは、もっとこう……薄気味悪い音。ぐっちゃり泥で汚れて近寄りがたく、何が沈んでるかわからない沼のような所から響いてくる音。簡単に言っちゃえばジャケット絵みたいな妖しい怪しい童話っぽい世界観のアルバムです。ふぁじーはコレを思い出しました。

それとは対照的なクリーントーンは神秘的で、聴いたこと無いのに名前を出すのは恐縮なんだけどすごく昔のOPETHっぽい。この2つの音の組み合わせが互いを際立たせて不気味さを演出しているような気がする。

その二大要素がまだ完全融合を果たしていないのか、新しいことをやっている割にどうにもオリジナリティがあるようには思えない。アンビエントすぎる音が捉えどころ無さ過ぎてどこをどう聴いて評価すべきなのかさっぱり浮かんでこない不思議なアルバム。

ところで#6"Traces"で聴こえてくるノーマルボイスの歌唱がMUDVAYNEみたいでステキ。
[PR]

by final-resistance | 2012-06-11 20:02 | Comments(0)

No title

「お前ら俺様を食うなよ。絶対食うなよ!」という見た目のウニを見て「実はコレ食えるんじゃね?」と思ってそれを実践した人がいた。




海底に転がってるウンコにしか見えないナマコを見て「こいつは食べれるかもしれない」と思ってそれを実践した人がいた。



見るからに毒々しいキノコを見て「これもしかしたら美味しいかも」と思ってそれを実践した人がいた。



「ニシンを塩漬けにした後缶詰にして、缶の中で発酵させた食べ物はおいしいかもしれない」というキチガイは、いないと思ったけど実際にいる。




食べ物の話ばかりで恐縮だ。





でもさすがに




「ジャズとスイングとオーケストラと…まあいいや他に何でもいいからいろいろを混ぜたヘヴィメタルをやってみよう」と思ってそれを実践するやつはいないだろwww


































( ´゚ω゚)


























噂や評価は様々な所で見聞きしたり、偉そうに人様のブログで「早く感想お願いします」とか言っておきながら音自体を聴くのは初めてだったりする。

いいんじゃないかな。演る方も聴く方も楽しそうなメタルがあったっていいと思う。

2、3回聴いたらもういいけどね、ふぁじーは。
[PR]

by final-resistance | 2012-06-02 17:14 | Comments(0)