<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

No Title

d0089277_2024134.jpg
VEIL OF MAYAの来日が決定しました。ふぁじーはVEIL~の方が好きだけど人気あるのはBORN OF OSIRISだから、彼らよりも先に来ちゃうとは予想外。

ついでに海外では2/28にリリース予定の新譜"Eclipse"のティザームービーをぺたり。


さらにその新譜からリークされた"Vicious Circle"をついでにぺたり。


おまけに海外のバカチョン銃殺ヒャッハーFPS"Homefront"の収録のU2(!?)のカバー。

[PR]

by final-resistance | 2012-01-23 20:04 | Comments(0)

No Title

さて、ネタで和ませたところで今日の本題いきます。

FLESHGOD APOCALYPSE:Agony
d0089277_18575535.png
こいつらのおかげで2011年を表す漢字は『苦痛』に決定したと言われるほど話題になった作品。かつてEMPEROR亡き後のシンフォニック・ブラックメタル界をConquerしたと言われるANOREXIA NERVOSAがブルータル・デスメタルとして再臨したかのようである。逆に同郷のHOUR OR PENANCEというご飯をみっちり敷き詰めた丼にシンフォニーという豪華な具材を丸ごと乗っけた特盛丼モノのようでもある。

前作は「クラシカルミュージックmeetsブルータルデスメタルの稀に見る完成系」として高い評価を得ていたようだが、youtubeで数曲聴いた程度であまり興味はなかった。が、ふぁじーも例に漏れず全世界のメタラーの度肝をブチ抜いて宇宙の塵に帰したあのPVは「あ、これ買いだな」と思わせるに十分だった。

"The Forsaking"のような割とゆったり進行するパートもあるものの、内容は言ってしまえばあのPVのような音、すなわち「RPGのオープニングでいきなりラスボスも隠しダンジョンの裏ボスも登場して主人公ご一行様が成す術なんてこれっぽっちもないまま蹂躙に蹂躙を重ねて挙句の果てに蹂躙しまくってゲームオーバー的な理不尽なまでに暴虐的な音楽の祭典」がシンフォイントロとピアノアウトロを除いた50分間みっちり展開される様はANAAL NATHRAKHの「widooooooooooooooooooooow!!!!!!!!!」に匹敵する。

リリースされてからしばらくウェブ上での評価を指をくわえて眺めていた限りでは「オーケストラやりすぎワロタ」という言葉を交えた否定的な意見がしばしば見られた。ふぁじーはそのような意見に対してイェルムンガンドを拳骨一発で海に沈める勢いで異を唱えていたが、実際に聴いてみて多少の納得が行った。これ通しで聴くのきっついわー。もちろん良い意味でね。

暴虐度、激烈度、シンフォニックアレンジ、ついでにハイトーンボイスもらーめん二郎の野菜並みに増し増しになって一杯で三日はご飯いらねーなと思わせるエクストリームにエクストリームなエクストリームミュージックでした。ANOREXIA NERVOSAやANAAL NATHRAKHのような地球を100回以上粉砕してもまだ足りずに宇宙へ飛び出していって銀河系すら飲み込まんとするデストラクションな音が好きな人は是非。

ULCERATE:The Destroyers Of All
d0089277_1933193.png
ニュージーランドが世界に誇らない、音で『カオス』を体言出来る数少ないバンドの一つ、ULCERATEの新譜。FLESHGOD様の後に聴いたおかげで不穏なスローパートがより雰囲気が出て聴けてしまった。

前作で一気にこのバンドに取り付かれたというか取り込まれてしまったふぁじー。MESHUGGAHなんかとは違った意味でDestoroy,Erase,Improveを体験したようであります。

その前作と路線は全く一緒。5分台の曲が半数を占めて6分台の曲がいくつか、ラストで7分半とまだまだリスナーに優しかった前作ですが、今回は5分台の曲すらありません。加えて曲の数が前作比1曲減なので曲の濃度もそれに応じてアップ。その内30分の曲が2つ入ったフルレンスとかリースしそうで怖い。

どちらかというと"Drown within"の後半や"Caecus"の序盤のような、信じられないほどに速いくせに正確な演奏は控えめで、"Tyranny"のようなじわじわと耳から精神を侵食しながら蟻地獄のような抜け出せない深みに落とし込む曲が大半。

初っ端#1"Burning Skies"で7分半とかパネェ真似をしてくれやがります。#2"Dead Oceans"も7分。脳味噌がぐわんぐわんぐわんと揺さぶられる。

#3"Cold Becoming"から#4"Beneath"に#5"The Hollow Idols"と6分台の長尺が延々。得体の知れない"何か"を耳から流し込まれて脳が溶かされる。

#6"Omens"。8分半。とろとろになった脳味噌が耳の穴から垂れ流しに。

ラストを締めくくる10分超えの#7"The Destoroyers of all"で、空っぽになったはずの頭蓋骨の中に生命の真理が見えます。

先のFLESHGOD APOCALYPSEは破壊衝動が外に向いてますが、こいつらは徹底的なまでに内省的といいますか、自己の深い深いところに鉄錆が沸いていくような感覚があります。ここまで人間ぽさを感じさせない音楽はあまりあるまい。唯一無二。唯我独尊。どこまでも暗鬱な深淵をまたしても垣間見た。

VALE OF PNATH:The Prodigal Empire
d0089277_1951325.png
さぁ、最後は爽やかに〆ましょう。THE BLACK DALIAH MURDERやABIGALI WILLIAMSという米国産二大メロデスアクトに続けとばかりにデビューアルバムをリリースしたふぁじーのイチオシスーパーノヴァ。
#1"Legacy of loss"でどっしりとしたスタートを切り、お待ちかねのメロディアス大爆走。相変わらずの切れ味良すぎるチタニウムブレードバッキングにはうっとりできます。

一聴してわかるのはドラミングの素晴らしさ。単純にスピード感もすごいが、手数足数が前作よりも3割増な上に驚くほどタイト。最高品質なプロダクションで一音一音がクッキリハッキリ。明らかな成長です。

#2"Mental Crucifixion"はちょっぴりDjent入った変態さん御用達チューン。この辺りの音使いはBORN OF OSIRIS等のSumerian勢にも通じるような気がする。#3"Brain Butchers"はゴアっぽいタイトルながら安心のPNATH印な爆走ナンバー。

#4"The Prodigal Empire"は曲が流れて0.1秒で「ブラダリや!」と叫ぶこと請け合いのリスペクトモロ出しな曲。テンポといいリフといい、彼らのアルバムに混じっていても何の違和感もないと思う。

#5"Borne Extinction"はKEEP OF KALESSINのような不穏なアコースティックギターの音色が印象的な、割りに長めの5分の曲。休む時は休むのです。最後はちゃっかり爆走しますけど。

インスト#6"Poisoned By Prosperity"で箸休め(といってもVoが入ってないだけで音自体は他と変わりません)。#7"Time of Reckoning"も聴いてるだけでにんまりできる心地よいブラストビートメインのメロディアス疾走チューン。

#8"Sightless"は耳に残るフレーズをいくつも叩き込んでくる様に悶絶せずにはいられないふぁじーイチオシナンバー。6分キッカリの#9"Cerulean Eclipse"までしっかりと飽きることなく聴かせてくれました。

ただ、聴き終えた後に残る感想は「こんなもんじゃないはず」。光速チューンが目白押しだった前作ミニアルバムよりもスピードが落ちてしまったのが残念です。もっともっと"Carcosa"や"...A Disoriented Blur"のような神曲いけるんちゃう?

それでも速くてメロディアスでシャープなハイパーハイスピードメロデスラッシュは、一点の曇りすらない名刀の如し。繰り返し聴いても全然不快にならない「進化したメロデス」だと思いました。
[PR]

by final-resistance | 2012-01-18 13:58 | Comments(0)

No Title

ロンドンオリンピックの歌手投票でK-POPを抜き初音ミクが1位に!2位以下はK-POP続き
ちょっと前から話題になっているのかなってないのかよくわかんないニュースでしたが、ここに来て我が国が誇るネットアイドルの初音ミク様が一気にトップの座に。ふぁじーはいいと思います。イギリス人ならこういうジョークも嫌いじゃなさそう。…ジョークですよね?

だがしかし、このニュースの突っ込みどころはそこではない。ましてや韓国勢が多数上位に食い込んでいることでは断じてない。そんなことはどうでもいい。
d0089277_1252062.png
ドイツの変態肉屋メタルバンドがまさかのトップ10入りで朝食のおでん吹いた。
これもジョークなんだろうか。
[PR]

by final-resistance | 2012-01-18 12:56 | Comments(0)

Do not defend me by THE LAST FELONY

DESECRAVITY
久しぶりにイカしたバンドのmyspaceを発見しました。しかも日本の(コレ重要)。しかもかの有名なWillowtip Rec.と契約(これも重要)。
※「ですめたるといえばにゅーくりあぶらすと!」というデスメタル初級者にわかりやすく言うと、Willotip Recordsは今をときめくFLESHGOD APOCALYPSE大先生が過去に所属していたり、カオティックデスメタルじゃなくて「デスメタルのようなカオス」と言われるULCERATE、ふぁじーのイチオシバンドVALE OF PNATH、かつてはNECROPHAGISTやSPAWN OF POSESSIONなどが所属。他にもARSISやCEPHARIC CARNAGEやION DISSONANCEやNEURAXIS...etc 聞くだけで涎が出てきそうなバンドが多く所属するテクニカルデスメタルの伏魔殿なのである。

そして更におめでたいことにデビューアルバム" Implicit Obedience"が今月末にリリースされるそう。音源が1個だけweb上に転がってたので聴いてみる。


こ、これは…!!!

耳を疑った。諸外国の一流どころにひけをとるどころかもはや仲間入り果たしてるレベルじゃないだろうか。ODIOUS MORTEM系のガチャガチャキチガイテクデス。日本のデスメタルのデビューアルバムにあるようなカスみたいな音質ではない。やっぱりデスメタルに理解のある国のプロダクションだと安心して聴いていられるね。日本でこれだけ手厚く処遇してくれるスタジオがどこにあるというのだろう。否、無い。

デビューアルバムでこのクォリティ。やっぱ日本人は器用だからテクニカルなデスメタルやるべきそうするべき。
[PR]

by final-resistance | 2012-01-14 22:28 | Comments(0)

No Title

すごいこと発見した。




完全に一致。
[PR]

by final-resistance | 2012-01-12 15:12 | Comments(0)

The Rise of Zion by RETALIATION

THE FORSAKEN速報!!!(といいつつ去年の年末の情報です。ファンサイト失格)

公式mysapaceのブログによると
・ドイツのMassacre Recordsと契約。
・ニューアルバムは今春リリース予定(タイトル未定)。
・Gu.のStefan Holmが脱退、後任はCalle Fäldt(ex-DERANGED、FEARED CREATION)
・Nile, The Haunted, Grave, Soilwork,Calibanなんかとツアー予定。
・youtubeにもTeaser他セッション動画があるのでチェキラー!!!

今年は過去に例のないくらい暖かい春になりそうです。動画があるということなのでさっそく見てみましょう。
Teaser

バックでかかっているのはmyspaceで公開中の"There is no god"。

Bass session

Ba.のStefan Belgが"Beyond redemption"をプレイ。

Vocal session

こちらは初公開の新曲"As we have sown"のボーカルレコーディング風景。







……音しょっぱくないっすか?ずっと前からmyspaceにある音源だし、リリース前だから何ともいえないけど…この音質で出すのはやめてほしいなぁ…。

何はともあれ今後に期待。
[PR]

by final-resistance | 2012-01-09 19:53 | Comments(0)

Ignition Sequence by IN-QUEST

2011年は「よくここまでボロボロになったもんだな」と思うくらい酷い事がたくさん起こったといいますか、地球さんの堪忍袋がとうとうブチ切れて本気出した大地震が不甲斐ないにもほどがある我が国に襲い掛かってきたおかげで残り9ヶ月がとんでもないことになったといいますか、そんな2011年でありました。

全ては政治家と東電のせいということで片付けておいて、ふぁじーはなんとか2011年を退けました。今ニートですけど。

家のアンテナの不調のせいで、3年振りでそりゃもう楽しみにしていたガキ使のアレが前半1時間半見れなくて「2011年はもういいや」気分でしたが、仕方ないといった空気の密度がハンパ無い紅白歌合戦がウザくて途中からチャンネル変えてNHKのオーケストラ見ている最中にチャンネル回したら何故かガキ使のチャンネルが復活して嬉しい悲鳴をあげてテレビの最前線をライブ会場の如く陣取って見てました。

年越しHEAVY METALソングに決めていたIN DREAD RESPONSEの"Cannons At Dawn"もPV付きで聴けて満足した年越しができました。俺様のブラストビート&ツーバス連打という名の除夜の鐘は108回じゃ済まないぜ!

年越しソングこっちでもよかったかなぁ、という曲を今聴いてます。年明けソングですね。これ紹介すんの何回目だよ。

ついでにコイツも。

2012年もふぁじーとDefeatをよろしくお願いします。雑煮うめえ。
[PR]

by final-resistance | 2012-01-01 14:03 | Comments(0)