<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No Title

嬢メタルという、「じ」の字を聞いただけでも不快指数MAXになるような単語を掲げてバンドや音源を紹介するブログ様に是非このバンド(ではなくプロジェクト)を紹介してもらいたい。

※注意※
youtubeで音源張ってますが、聴く前にこのプロジェクト名を検索するなりしてどういう音源か調べた方がいいです。興味本位で聴いてたけど、気持ち悪くなって途中で再生ストップしました。怖い話や心霊写真なんかを思い浮かべたら夜中に一人でトイレに行けなくなるような人は再生しないほうがいいかもしれません。





ほらほら女性Voですよ。あなた達の大好きな嬢メタルですよー。

と、ほじった後の鼻くそみたいなしょーもない嫌がらせをと自信満々でしようとしたら猛者がいた。正確にはこのRunhild Gammelsaeterという女性が参加した違うプロジェクトだが。こいつ女だったらなんでもいいのかよ…。

日本の政治家が相変わらずの華麗な転身を見せ付けてくれましたのでウンザリしてこんな嫌がらせをしてしまいました。反省?後悔?そんなものは福島県の瓦礫と一緒に石原慎太郎の家に埋めちまいな!
[PR]

by final-resistance | 2011-11-28 23:44 | Comments(0)

No Title

札幌に着きました。

3年。

長かった。

ようやく管理者画像の紹介文にある()を消すことが出来ます。

なんやかんや色々書くことあるけど、めんどうくさいので一言でまとめます。



ただいま。
[PR]

by final-resistance | 2011-11-23 23:51 | Comments(0)

Viral Grounds by IN DREAD RESPONSE

まずはこちらのPVをご覧下さい。





ひっさびさにメロデスでキました。全身全霊、会心の一撃。

ものっすごい欲しかった。

PV見つけて即購入を決め……たのはいいものの、バンドの存続が非常に不安定な状態にありレーベル側がアルバムの配給を無期限停止していたため(バンド名を変えたり何なりのえらいこっちゃだったらしい。既に解決済みだが、このアルバムは未だに絶版状態)mp3ファイルのダウンロード販売のみの扱いだった。

でもものっすごい欲しかった。

どのくらい欲しかったかというと、クレジットカードを持ってないので仕方がなく23時という割と非常識な時間にも関わらず急遽母親に電話してカードの情報を教えてもらって購入するくらい(起きてたけど)。

というわけで買いました。

IN DREAD RESPONSE:From The Oceanic Graves
バンドの存続が危うい状態であればいつmp3での販売も無くなるのかわからないから今買っておかないと後で買えなくなるかも知れない、と欲しい理由もちゃんと説明して母親も説得しました。説明してる最中こんなアホな息子はきっと日本中どこ探してもいないと思いました。う、ウソなんかついてないんだから!

さて中身はというと苦笑いする母親を無理矢理説得して買った甲斐がありました。速さ/メロ/激しさに騙されてる気がしないでもないが、本年度ベスト8余裕でいけるでコレ。

弾いて弾いて引き倒し、叩いて叩いて叩き壊す!なまっちょろいな歌声などもっての外、ひたすらデス声張り上げる!『メロディック・デスメタルはかくあるべし』という気合がびっしばし伝わってきます。どうでもいいですがVoの人、このチェックのシャツが大層気に入ってるのか"Stillborn Kingdam"のPVやインタビュー動画でも同じ物を着ています。一張羅ってやつか。

音像はDARKANEやCONSTRUCDEADやSOILWORK(全部初期ね)、最近ではTHE ARCANE ORDERとかCARNAL FORGEとかMORS PRINCIPIUM ESTといったスラッシュ派のメロデス/デスラッシュ。メロディの乗せ方や盛り上げ方はTORCHBEARERみたい。というかTORCHBEARERにいる時のCristian Alvestumみたい。低音でズガガガガガーッと雷鳴の如くギターをかき鳴らしながら、高音域で泣きに泣き喚くリードを乗っけてドラマティックに演出するアレ。ツボを突いて突いて突きまくり。これがもうしばらく聞けないと思うとすごく残念(理由は後述)。

#1"Viral Grounds"から既にクライマックス。速いパートはこんな調子でほとんどぶっ通しで突っ走ります。グルーヴもバッチリ。
#2"I Paint The World In Solitude"も走る走る。他の爆走チューンに比べたら若干遅いけど、ノリにノレる心地よいスピードですな。
#3"Cannons At Dawn"はかっこよすぎてPVを3回連続で見た。気が付いたらリードギターが鳴りっぱなしのずっとギターの俺のターン的な曲で、特に2:37からラストにかけて盛り上がり方が半端じゃない。
#4"Scarecrows In The Sky"はゆったりめに進行するのかな?という予想を完璧に裏切る6分の長尺。このメロディは反則だって。
#5"Concrete Sanctuary"も7分半近くある長尺。でも全然7分もある感じがしない。3分過ぎた頃から高音のリードメロディがひたすら繰り返されるという、ポストメタルみたいな展開も(こういう展開がそこかしこで出てくる)。
#6"Rememberance"は前のゆる~い繰り返しが終わってから聴くとものすごい激しく感じる激メロデスラッシュ。夕焼けをバックに号泣しながら疾走しているようなメロディが素敵過ぎる。
#7"Lost Avenues"はタイトルからしてもう…。切なすぎるアコースティックサウンドに心を打たれっぱなし。誰か助けてしんじゃう。
#8"Call Of The Carrion"はミッドテンポでどしどし進む。このまま終わるのかと思いきや、半分を過ぎたところで急にギターが騒がしく鳴り始め、いきなりVoが「うおおおおああああああああああああー!!!!!!」と絶叫して爆走に繋がるところはマジで今年一番のハイライトといってもいい。
#9"Stillborn Kingdom"は確かニコニコ動画か何かの音源詰め合わせ動画で聴いて感動したということを思い出した今作品最高速度を誇る曲。キャッチーなリフで疾走されるだけでメロメロですわ。ちなみにこの曲にもPVがあります。
#10"The Begotten"もこういうのが好きなリスナーならLPをごっそり持ってかれそうな曲。今までとちょいと志向を変えたテクニカルなリフ、ブラックメタルばりの豪快なブラストビート。ここまでやるか。
#11"Black Soterion"でこのバンドが出せるありとあらゆる音を詰め込んだらなんと10分超えちゃった。でも全然いいの。こんな幸せな時間終わらないほうがいい。前年度最高位をすっ飛ばしてmy favorite four albumsになっちゃったTHE ARCANE ORDERの"In the Wake of Collisions"の"Eruptions of Red"に肉薄する神曲。

全部で収録時間1時間超えてるけどぶっちゃけあっという間です。「長いなー」なんつって鼻ほじって聴く時間なんてこれっぽっちも無いくらい濃密にドラマティックなメロデスが銀盤一枚にギッチリ詰まってます。今年はほんっとに1位をのぞいたベスト8が激戦区だ…。

本題ここから。
[PR]

by final-resistance | 2011-11-12 00:13 | Comments(0)

Combat by HEAVEN SHALL BURN

HEAVEN SHALL BURNが格好良すぎで生きていく勇気が湧きすぎて困る。

僅かな衰えも見せずに観客を煽り続けながらあの化け物じみたデス声で一時間弱に渡って吼え続け、しかもあのだだっ広い舞台上をこれでもかと走り回ったりするMarcus Bischoffは間違いなくドイツの世界一ィィイィィな科学技術を結集させたアンドロイドか何か。
[PR]

by final-resistance | 2011-11-08 15:14 | Comments(0)

No Title

こんなゲームを見つけた。
d0089277_702080.png

ざっくり紹介すると『森の魔女と沼の魔女が争っているおとぎ話みたいな世界で、プレイヤーが沼の魔女の手下の百騎兵(の内の一人)となって森の魔女を討つべく物語を進める』ゲーム(詳細は公式サイトへGO!)

で、ゲーム自体は別にどうでもいいのだが、画像の右側の魔女が"沼の魔女"であり名をメタリカという。

さぁ、ここで気になってくるのが敵対する森の魔女の名前。ウェブ上にはまだ公表されていないので、メタルァの我々としてはゲームの中身より続報が待たれるところである。メタリカをロックバンドっていう一般人クラスに「は?何それ?」って言われる程度の知名度のヤツがいいな。エクソダスとかテスタメントとか。
[PR]

by final-resistance | 2011-11-07 07:01 | Comments(0)