Disenchantment by MESHUGGAH

だいぶ前の話だが、Exiteブログの記事にニコニコ動画が貼れる様になったようだ。別にこの機能を活用する気はないが、他所様と比べていささか遅すぎやしないだろうか。

それに限った話ではないが、Exiteブログは色々と問題があるというか、数あるブログの中ではかなりレベルが低いと聞いている。

ふぁじーも使ってて「こんなものくらいどうにかならないんですかねぇ」とため息をつきたくなるような時があるが、正直引っ越すのも面倒くさいし、過去の記事がキレイサッパリ無くなってしまうのも寂しいっちゃ寂しいので、ブログ引退まではここに居座り続けるつもりではある。

いろいろ言ったところで今日のバンド紹介
[PR]

by final-resistance | 2009-09-29 07:58 | Comments(0)

No Title

いつも好きなことばっかり書いているブログだが、たまには嫌いなことでも書いてみようと思う。

ふぁじーの嫌いなこと
[PR]

by final-resistance | 2009-09-28 00:45 | Comments(2)

Birth of Ignorance by BRUTAL TRUTH

ひじょおおおおおおおおおおおおおおおおに興味深い情報を見つけた。

オリコンシングルチャート、20位が史上初の3000枚割れ…59位からは売上1000枚に満たず
[PR]

by final-resistance | 2009-09-26 02:29 | Comments(5)

No Title

下らないバトンを拾ってきてしまった。

好みのタイプバトン(笑)
[PR]

by final-resistance | 2009-09-24 05:11 | Comments(4)

Akeldama by THE FACELESS

またやっちまったぜ!

鬱陶しがられるのはわかってはいるがやらずにはいられない。ただ、自分で何も調べないでこういうことをするのはさすがによろしくないと思ったのでちょっと調べてみた。

ポストメタルとは
[PR]

by final-resistance | 2009-09-21 02:24 | Comments(2)

An Autopsy by THE FACELESS

ちょっと事情があってCDを久しく買ってなかったのだが、たまたま訪れたTHE FACELESSのmyspaceでたまらない気分になって我慢できずについつい買ってしまった。

THE FACELESS:Akeldama
[PR]

by final-resistance | 2009-09-15 04:30 | Comments(2)

No Title

ふぁじーは夏の風物詩の一つである怪談が気に食わない。

お盆やらキモ試しやら何やらがあれど、一年のうちに夏だけに怪談が集中するなんてバカなことがあるわけがない。あんなものは極一部を除いて、アホが面白がって話をつくりあげただけの流行りモノで下らないウソっぱちであると思っている。

というわけで夏も終わったので、少し怖い話でもしようと思う。
[PR]

by final-resistance | 2009-09-14 17:38 | Comments(2)

Freedom by BLOOD STAIN CHILD

AMORPHISの新譜いいなぁ。歌パートはキャッチーでたまんないし、デス声パートは間違いなくフィンランド国内でベスト8に入る超ディープなグロウルだし。

こんなマッタリしたアルバム、買ったところで後悔するのは目に見えてるけど買っちゃおうかな。

Sampo by AMORPHIS
[PR]

by final-resistance | 2009-09-08 23:47 | Comments(0)

No Title

ふぁじーはディスプレイの後ろにある窓にかかっているカーテンを歩いているクモを眺めていた。ハエトリグモの仲間であるのはすぐにわかったが、種名まではわからなかった。

一対の触肢を不規則に動かしながら2,3cmほど移動して1秒ほど停止するのを繰り返すという愛らしい挙動をしばらく眺めていると、カーテンの裏へ歩いていった後に壁を這って行き、どこかに消えた。

その昔通っていた学校で昆虫の研究室にいたこととは全く関係ないが、ふぁじーは基本的に衛生害虫以外の虫は殺したり、排除したりすることはしない。虫の形を想像するのもダメというくらい超絶的に虫が嫌いな彼女からの評判は良くないが、そのまま放っておくか、せいぜい外に追い出すくらいである。

その醜悪な見た目とイメージから一般人からは不快害虫のレッテルを貼られているが、本来はこの季節になると凄まじく鬱陶しい羽虫等の害虫共を根こそぎ食い散らしてくれる頼もしい益虫様なのである。クモバンザイなのである。

虫嫌いの人の言い分も十分わかるが、もう少し、あとほんの少しでいいから、wikipediaをチラっと見るくらいでもいいから虫の本性というものを知ってほしいと願うふぁじーだった。



仕事中の話にがらりと変わるが、たまたま同じ時間に昼食をとった女性が出来合い弁当からカイワレを一つ一つ取り出して分けて置いていた。

グリーンピースやニンジンでこれをやる人は見たことはある。グリーンピースやニンジンはどれだけ細かくても風味や食感が残るのでわからなくもないが、カイワレで、しかも味も匂いも食感もへったくれもない出来合いの食べ物でこれをやる人を見るのはもちろん初めてだったので、失礼ながらも驚きから「えっ」と声を出してしまった。

すると彼女は苦い笑いを浮かべながら「緑色の食べ物がダメなんです」と答えてくれた。

食べ物の好き嫌いはほとんどと言っていいほどないふぁじーには「お前さん、カイワレ入ってるのわからなかったら絶対食ってただろ」と言うのをこらえるのに必死だったが、メタル好きのふぁじーにも好みがあるのと一緒なんだな、と思うと深く納得することができた。



苦手つながりでもう一つ話をすると、ふぁじーは他人様の家の風呂というものが苦手である。

祖母や友達の家に遊びに行って、そのまま勢いで泊まることになったりすると大抵の場合は風呂に入ることを薦められる。顔には出さないが、その度にふぁじーは心の中で渋い顔をしてしまう。

なんていうか、いくら親しい人物でもチンやマンやケツやらが触れたものに対してこちらも全裸で突撃するのは如何なものか、ということを考えてしまって気が引けてしまうのである。

不衛生に感じるだとか、潔癖染みたものだとかそういうものでは全く無い。そもそもふぁじーに限ってそんなことはないだろう。

この現象は就職後に帰省した時、慣れ親しんでいたはずの実家の風呂場でさえ起こったので、厳密に言えば"他人様の家の風呂が嫌い"というのとは少し違うのだろうか。

それにたまに家族で行く温泉や銭湯はずぇーんずぇん平気などころか、喜び勇んでダイビングしたりする始末である(ウソ)。我のことながらよくわからねえ性癖というかなんというか、である。



AMORPHISの"Silver Bride"は、永遠に満たされない悲哀に染まった恋の物語である。

Silver Bride
[PR]

by final-resistance | 2009-09-07 06:17 | Comments(2)

The Prophecy Unfolds by DETONATION

というわけで、ゆーすく(と呼ぶらしい)のおかげで紹介できなかったオランダのバンドを紹介しようと思う。

DETONATION & THE NEW DOMINION
[PR]

by final-resistance | 2009-09-07 04:19 | Comments(0)