Levi by PAJASO

『鏡面世界』のパジャソ様が最近オリジナルの曲の作曲に励んでいるようで(パジャソ様のブログを参照してください)出来上がった曲の一つをメールで送ってもらいました。

アシッドハウス?ドラムンベース?といった代物だそうですが、そういった音楽の知識は全くと良いほど無い私にはよくわかりません。
なので、曲に関しての良し悪しは何も言えないのですが(実際はかっこいい曲ですが)「音楽を自分の手で作ろう!」というクリエイティブな精神は素晴らしいと思います。
数曲出来上がっているそうなので、ちょこちょこ送ってもらう予定です。

こうなると、パジャソ様には是が非でも将来一人ブルータルデスメタルバンドorグラインドコアバンドを創設して欲しいところ。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-27 14:27 | Comments(3)

The Murder-Inn by DIMENSION ZERO

この一週間は卒業課題に追われていたので、まともに更新できませんでした。ネタは盛りだくさんなのですがいかんせん書く暇が無くて…。卒業課題だけでなく、学期末というか年度末なのでいろいろと忙しいのです。暇見つけて何か書きます。
先ほども言いましたがネタは盛りだくさんなので。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-24 10:58 | Comments(0)

Come Clarity by IN FLAMES

注意
IN FLAMESが好きで好きでたまらなくてアルバム1枚しか持ってなくてIN FLAMESの何たるかをちっともわかっちゃいねぇクセにIN FLAMESをバカにする奴ぁ三途の川に叩き込んでやる!っていうくらいIN FLAMESラブな人はこの記事を見ないことをオススメします。結構アレなこと書いてるので。



本題。

別にIN FLAMESのファンでも何でもないのにIN FLAMESのライブにドラマーとして参加している夢を見ました。「Take This Life」と知らない曲を1曲演奏して夢が覚めました。普通にビシバシ叩けてました。ちょっぴり嬉しかったです。ダニエルごめんよ。

というわけで7thアルバム「Come Clarity」聴いてます。IN FLAMESのアルバムはこれしか持っていません(しかもパジャソ様からの頂き物。サンクス)。

IN FLAMESはデスメタル(と、呼ばれるバンド)の中ではトップクラスの人気がありファンも無茶苦茶多いのでこんなこと書くと怒られそうですが、別段好きなバンドでもないです(だからといって嫌いなわけではないです)。
このアルバムもそんなにヘヴィロテしていないのですが、独特のマイルドなメロディが好きなのでたまに聴いています。

冒頭の「Take This Life」を筆頭に「Dead End」「Scream」「Vacuum」「Versus Terminus」など、スタスタと疾走する曲が好き。「Scream」の最初と最後のギターのスラッシィな刻みに悶絶。「Come Clarity」など、速い曲じゃなくても魅力的な曲が多いです。とりあえず捨て曲は無し。

唯一許せないのがVoのアンダースの声質。デスヴォイスが何だか無理して絞り出している様に聞こえます。普通声もKORNのジョナサン(彼の声が嫌いってわけじゃなく。あれはあれでいいのです)みたいで正直キモい。

個人的に「90~100点のキラーチューンがちょっぴり、他は70点くらいの曲のアルバム」ではなく「80点くらいがほとんどを占める」という感じがするアルバムなので、全体を通して味わうタイプのアルバムなのではないでしょうか。

うーん。我ながら大御所に対して何たる口の利き方だろう。道端でファンに刺し殺されないか心配です。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-18 14:47 | Comments(6)

On Fire by DISMEMBER

結構久々にカレーライスを作りました。メインの材料は豚肉を筆頭に、たまねぎ、にんじん、じゃがいも、なすび、きのこ水煮缶。ルーはハウス食品ジャワカレースパイシーブレンドとエスビー食品のゴールデンカレー辛口をブレンド。
隠し味として摩り下ろした生姜とにんにく、七味唐辛子、アルファベットチョコレート、パスタ用のトマトソース、濃い口醤油、とんかつソース、お昼に作ったおしるこの余ったあんこを適当にぶっ込んでみました。

三度の飯よりデスメタル!な私ですが、その三度の飯の中に一食でもカレーライスが入っていたら、あっさり飯のほうに軍配が上がります。

カレー大好き。
カレー最高。
好きな食べ物はカレーとカレーとカレー。あとカレー。
寝ても覚めてもカレー。
カレーが無きゃ生きていけない。
カレーは神が創りたもうた至高の食品。
カレーだけ食っていば生きていけそう。
カレーについてなら三日三晩語れる。
生まれ変わったらカレーになりたい。
一生に一度食えるかってくらいの超高級料理と普通のカレーが並んでても迷わずカレー。
一にカレー二にカレー三四もカレーで五もカレー。
デスメタルに例えるならデスメタルの帝王MORBID ANGEL。
カレーになら犯されてもいい。むしろ犯されたい。
彼女とカレーどっちか選べ、と言われたらほんのちょっと悩んでカレー選びそうになりながらも危うく踏みとどまって彼女を選ぶ。
三国志で例えるなら三国最強、天下無双の呂布奉先(福神漬けは赤兎馬。スプーンは方天画戟)。
昔、ばーちゃんから「○○(私の名前)の好きなカレー作ったよー」という電話がかかってきて、カレーを食べるためだけに自転車で30分かかるばーちゃんの家に行ったことがある。
カレーを火にかけていて、トイレに行ってる間(5分くらい)に真っ黒焦げになっててマジ泣きしたことがある。
実家にいた頃「三食カレーが一週間続いてもいける」と豪語し、本当に一週間三食ぶっ通しでカレーを食べ続けて家族に呆れられたことがある。

嗚呼、カレーに対する賛辞がこれ以上浮かんでこない自分が肉い!もとい憎い!



とにかくカレー最高。辛めのが好きです。はふはふ。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-17 21:24 | Comments(2)

The Sea Came in at Last by VADER

いつもお邪魔させてもらってるSLAYERファンサイトの掲示板に、めちゃくちゃ面白いものがあったので拾ってきました。

SlipknoTがGREEN DAYの名曲「American Idiot」をカバー!?



…なわけないですね。you tubeの動画ですが、どう見てもパロディです。
それにしてもよく作ってあります。タイミングバッチリです。ジャンプしたり頭振ったりしてるタイミングとか、鼻とピエロがお手製ドラム叩いてる時とか、ミック王子のピッキングとか。

曲もバンドも知ってる私にとっては、久々の神動画でした。両方知らない人はまったく面白くないかもしれませんが。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-14 10:12 | Comments(0)

Edenspring by DARK TRANQUILLITY

本日9:30締め切りの課題を提出するためにがんばっていたので、ブログ更新を停止していました。更新を楽しみにしていた奇特な方、申し訳ありませんでした。

ちなみに課題はちゃんと提出できました。締め切り15分前に。
今日は午後から授業なので、提出してから帰って速攻寝ました。

でもまだ終わってない課題が一つあります。期限は(延期に延期を重ねて)卒業課題発表前4日前の20日。



教訓:課題はこつこつやって、とっとと終わらせましょう。後で泣きを見ます。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-13 12:20 | Comments(5)

No Title

今、何気なく彼女と交わしていた会話。

私「今なにしてんの?」
彼女「ハンゲームのトランプゲーム」
私「…ヒマでしょ」
彼女:「うん。ヒマ」
私「相手できなくてごめんよ。今やってる課題終わんなくて…」
彼女「いいよ。もうちょっとでドラマ始まるから。ゆっくり課題やってて」
私「何のドラマ?」
彼女「ええとね、『渡る世間は鬼だらけ』だっけ?」

微妙に違います。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-08 22:01 | Comments(2)

Stengah by MESHUGGAH

MESHUGGAHのNothing(再発盤)ですが、相変わらずヘヴィローテーションしてます。CDもDVDも。

このアルバムは私が今まで聴いて来たアルバムの中で最大級のヘヴィネスを誇っていると断言できます。

ただ単純に「ヘヴィな音を出している」というわけではないのですが…なんと言うんでしょう、「音」そのものが重いんです。
「各楽器やヴォーカルが放っている『音』の一つ一つにとてつもないヘヴィネスが詰まっていて、それらが『サウンド』として我々の耳に届いた時に凄まじい破壊力で爆発している」と表現すれば伝わる…わけないですね。いつもながらにショボい文章力に乾杯。

MESHUGGAHのギタリスト、フレドリック氏は「ギターを取っ払って、ベース3本で録音しようと考えていた」と語っていたそうですが、これほどのヘヴィさを叩きつけられたら「ベース3本で録ったんだよ」と言われても信じてしまいます(彼らならいずれはやりかねないような気もしますが)。

数曲聴いただけで、下手をすれば一曲聴いただけで心地良い疲労感と満足感に襲われます。文庫サイズの本を一冊通して読み終えた時の、あの感覚。




で、ここからDVDの話。

バンドとしては初の公式DVDということですが、もう感動の一言。
you tubeなどで彼らのライブ映像などで動く彼らは見たことはありましたが、画像の荒さや音の悪さに歯噛みしながら見ていました。音質・画質ともに高品質のこのDVDはそんな悔しい思いを見事に吹き飛ばしてくれる素晴らしい作品です。

収録されているのは
●UK Download Festivalでのライブ映像
Straws Pulled At Random
In Death,Is Death
Future Breed Machine

あの複雑怪奇な演奏をライブでも狂い無くこなしているさまに軽く失禁。格好良すぎです。

途中、フレドリック氏が口に何か加えながらタッピングでソロを弾いているシーンがあるのですが、アレは一体何なんでしょう。エフェクターか何かか、はたまたハーモニカみたいにあれ自体が音を出す楽器の一種なのか。ご存知の方ご一報下さい。

※ドラムのトーマス氏の弟、ヨハン氏が作った「ブレスコントローラー」という新手のエフェクターのようです。

●今までのPV
New Millenium Cyanid Christ
Rational Gaze
Shed
Rational Gaze (Mr.Kidman delirium version)

ラストに入っているのは「Rational Gaze」をBGMにVoのイェンス氏が…と、まだ見ていない人のためにここはシークレットということで。とりあえず面白すぎ。

ちなみに以前に見たことあるこれがありませんでしたが、収録されていないの見るに、ファンが作った作品なのでしょうか。写ってるの本人っぽくないですし…。これも真偽がわかる方ご一報下さい。

※彼ら自身が作った公式なPVですが、本作品に収録されていない理由は不明です。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-07 12:27 | Comments(4)

もらい泣き by 一青窈(平井 堅)

昨日、某所で人気テレビ番組「トリビアの泉」の「一青窈の『もらい泣き』の再生速度を遅くすると平井堅が歌っているように聞こえる」の回の動画を見つけて、いたく感激していた彼女。

その流れで「再生速度変えたり、ボーカルだけ再生させたり、バックの音楽だけ再生させたりとか、そういうツールがフリーソフトとして出回ってるよ」という話をしていました。

余談ですが、私は音楽を聴いていて「ここの細かいドラミングどうやってやってんだろ」とか「ここのギターリフだけ聴けたらいいな」と思うことがあって、ボーカル抜いて聴いたり出来たらいいなぁと常々思っていたり思わなかったり。

今そんなもの使うと課題そっちのけでハマってしまいそうなので自粛しています。落ち着いたら探求の道を歩もう。

で、彼女は今日そのツールを見つけたらしく、 早速一青窈の曲を平井堅にフィーチャーさせて遊んでました。

それは別に構わないのですが、食事中にそれを聴かせるのはやめて下さい。一青窈の声がいきなり平井堅の声に変わったりすると吹き出しそうになります。

ええいぃ~あぁ~君からもぉら~い泣ぁきぃ~みたいに。

いきなり再生速度アップさせたりするのも勘弁です。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-05 21:11 | Comments(0)

No Title

今晩のおかずをタイムセールでゲットしてこようと思ってスーパーに行ったら、恵方巻きが売ってました。
一人暮らしになってからどうでもよくなったけど、そういえば節分だったなぁーと思いながら、恐らく作りすぎて売れ残ったのであろう、山積みになった恵方巻きを見ていると


150円だよー! 恵方巻き150円だよー!


速攻売り場にダッシュ!
まとめて10個くらい買いたかったのですが、保存のことも考えて3つ購入。

ちなみに、こんなんです。元の値段は580円。
d0089277_21322352.jpg

「七福神」という商品名にちなんで、7種類の巻き寿司がはいっています。これで150円なんて信じられない…。

1パックと3つ食べておなか一杯になりました。もちろん今年の恵方(北北西)を向いて食べました。ごちそうさまでした。
[PR]

by final-resistance | 2007-02-03 21:35 | Comments(0)