Supremacy Through Annihilation by MALEVORENT CREATION

新年にかけてあけおめ書き込みラッシュで回線が重くなって記事が書けなくなると思うので、今のうちに言っておきます。



あけましておめでとう


ございます。





今年もデスメタルな年でありますように。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-31 18:43 | Comments(4)

The New Build by DARK TRANQUILLUITY

彼女がクリスマスプレゼントに新しいイヤホンを買ってくれました。

某P社の巻き取りタイプでン千円の品物ですが(安いからお返しが楽でいいです)、これがもう音質・つけ心地ともに抜群。今まで数個のイヤホンを使ってきましたが、その中でも一、二を争う出来です。低音もバッチリ。

今いろんなアーティストの曲をたらい回しに聴いてるのですが、今まで聞こえて来なかった小さな音まで鮮明に聞こえてきて、それぞれの曲の良さを再発見。
普段は目立たないベースの音や、細かいドラムワークなどがかなりクリアに聞き取れます。特にドラムはタム回しの時のタムの音一つ一つが鮮明に聞こえてきてびっくりします。

そんなわけで今日のバンド紹介はCYNIC。
「Focus」という歴史に残る名盤をリリースして解散した伝説のデスメタルバンド。アルバムはこれ一枚しか出してないのが「伝説」と呼ばれる所以です。再結成の噂もあるようです。
買った当時は「こんな静かなのデスメタルじゃなーい!」とバカ丸出しなことを言ってあまり聴いてなかったたわけですが、イヤフォンを買いなおした今、改めて聴いてみると土下座して謝りたくなるほどすごいアルバムであることを思い知らされました。
とにかく凄いアルバム。デスメタルとジャズとプログレの融合だとなんとか細かいこと言ってる場合じゃないです。まさに芸術的作品。



これからいろんなCDを聴いていく予定。気が向いたら感想とか書くかもしれません。
いい年末年始が過ごせそうです。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-30 23:04 | Comments(5)

Merciless by MALEVORENT CREATION

最近、私のクラスで流行っているものがあります。
流行っていると言っても、私が確認しただけでほんの5、6人なのですが、もっと多いかもしれません。20人しかいないクラスで考えれば十分流行っていると言えるでしょう。

で、一体何が流行っているのかと言うと、これです。

クラスメイトの女子が友達から借りてハマって、クラス中に広めているようです。
驚いたことに、彼女は某大学卒業後に編入してきたかなりの秀才、その上美人を絵に描いたような綺麗な女性。才色兼備、というやつですね。
言ってしまえば、こういうゲームは絶対にやらなそうな人です(でも確か彼女の兄がオタクっぽい人だと聞いたことがあるので、少なからず影響があるかもしれません)。

さらに驚くべきことは、彼女を含めてゲームをプレイしている人もどう見てもオタクには見えない人物ばかりだということ。
しかもイケメンで名の通っている男子も今度借りる約束をしていました。

偶然クラスに隠れオタクが集まってしまったか。
それとももしかしたら私が思っているよりもオタクは一般的なものなのか。

このゲームの内容を楽しそうに話しているクラスメイトを眺めつつ、そんなことを考えていました。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-27 19:40 | Comments(8)

On Fire by DISMEMBER

ブログ更新サボりまくりです。

いや、24、25日は何か書こうと思って投稿画面開いてたんですが、何てことないいつも通りの日々だったので…。一人暮らしに聖なる夜をどう過ごせと。
かといって特別な日なのに何もなかったことをネタにするのもどうかと思ったので、結局書かずじまい。

そんなわけで、いつも通り、朝起きてご飯食べて昼頃学校いって夜7時まで課題やって帰ってきてご飯食べて彼女とオンラインゲームやって過ごしました。



さて本日のお題。「デス声出せますか」
デス声。デスメタルをデスメタルたらしめている重大な要素の一つで、音程を無視して声を極端に歪めて発声する歌唱法のことです。

デス声と言っても、低音で唸る様に声を出すタイプ、高音でギャーギャー喚くタイプ、果ては最早人間とは思えない凄まじい声を出すタイプ(通称ガテラルボイス。某ブログの管理人が大好きなタイプ)などその種類は様々。

私は低音域のデスヴォイスならいくらでも出るんですが(ガテラルボイスも出せる)、メロディックデスメタル風、ブラックメタル風の高い声が全然出ません。がんばっても最近のSOIL WORKくらいまで。
彼らは変声期ちゃんと来てるんでしょうか。

そんな私のデス声自慢としては、DARK TRANQUILLITYのミカエル・スタンネの声マネが出きること。デスメタル界において「美声」とまで称されるデスヴォイス。どこが美しいのかよくわかりませんが。
初期の泣き喚くようなデス声は出ません。最近のドスの効いた咆哮しか出ません。
ちなみにこのまま少し音程を上げれば、KALMAHのペッカ・コッコの初期の声になります。

メロディックデスメタル風、ブラックメタル風の喚き系デスヴォイスが出せるという方はご一報ください。そして是非個人レッスンを。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-27 12:11 | Comments(8)

The Final Massacre by VADER

親子丼を作ろうと思い立ち、近くのスーパーに買い物に行きました。その前にドラッグストアによって野菜ジュースとパスタソース4種を購入。ドラッグストアって何でもありますね。
たまねぎと鶏肉を卵をぽい、ぽい、ぽい。その後おかずコーナーに寄ってみました。

余談ですが、スーパーのおかずコーナーの魔力は凄まじいものがありますよね。毎回毎回買いたくなるのをグッと堪えています。

しかし、私は今回はその魔力に屈し、見てはならないものをみてしまいました・・・。
ご飯時までにはほぼ必ず売り切れてしまうという、このスーパーのおかずコーナーの超人気商品


昔ながらのおやつコロッケ。


それを見つけた時にはもう手が伸びていた…。そして、その手を止めることは、私には出来なかった…。
どこか懐かしい茶色い紙袋に5個入っていて、268円。揚げたてのものを見つけたのはラッキーでした。
急ぎ足でレジを通り抜け(ちゃんとお金は払いました)帰宅途中に一つコロッケを袋から出してかじってみました。

どんな極悪人でもこれ食べさせれば涙を流しながら改心するんじゃないかっていうくらいおいしかったです。






家にお米が無いことを思い出し、お米を買ってないことに気付いたのは、揚げたてのコロッケをかじりながら、満面の笑顔で、アパートの階段を昇っている時でした。

コロッケを見つけた瞬間、お米が無いことなんて頭の中からブッ飛んでしまったんでしょうね。それに気付いた時に本当に「ハッ!」って口に出して言ってました。
もちろん荷物置いてからちゃんとお米を買いにいって、親子丼は無事完成しました。
おいしかったです。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-20 01:08 | Comments(6)

No Title

学校帰り。
MESHUGGAHの「Corridor Of Chameleons」のギターリフを口ずさんでいると、「何故私はこんなにもMESHUGGAHのことが好きなんだろうか」という思いが浮かび上がってきました。

考えてみれば、胸を張って一番好きといえるバンドであるMESHUGGAHには、私の萌え要素(メタルに限っての話です)があまり多くないように思います。

たしかに、あの全てをひき潰さんばかりの破壊的なサウンド、前代未聞のテクニカルなプレイは大きな萌え要素。Voのどこか非人間的な、機械的な絶叫ボイスも素敵です。

が、私のメタルにおける二大萌え要素、「ドラマティックな泣きのメロディ」「スラッシュビート、ブラストビートを軸とした激烈なドラミング」を考えてみると、なんと二つとも当てはまらないのです。

胸を締め付けられるような叙情的なメロディがあるわけではありません。
(ただただ無慈悲に、機械的に演奏する様は圧巻ですが)

スラッシュビート、ブラストビートは一部の曲を除いてほとんどありません。
(それを補って余りあるほど、ドラムプレイは超がつくほどテクニカルですが)

なのに。

メロディ皆無の曲を聴いても顔がほころんでくるのはどうしてでしょう。
スラッシュビート、ブラストビートの無いスローな曲を聴いても顔がにやけてくるのはどうしてでしょう。

もはや口では説明できない何らかの要素が私のメタルハートにクリティカルヒットしているとしか言えません。

ちなみに私が持っているのは3rdアルバム「Chaosphere」のみですが、このアルバムはあまり聴かないようにしています。
このアルバムは本当に大好きで何回でも聴けてしまい、他のアルバムが聴く暇がなくなるからです。
どうしてもこのアルバムが聴きたい!と言う時だけにしか聴きません。まさにここぞという時の伝家の宝刀。ランダムリピートでたまに流れてきても嬉しくなります。

聴けば聴くほど、考えれば考えるほど好きになっていくバンド。
その名も「MESHUGGAH」。
未聴のあなた、この唯一無二の世界を体験してみてはいかが?





注意:この記事は「管理人ふぁじーが普段はデスメタルしか聴かない狭い知見の持ち主で、かつMESHUGGAHのアルバムを『Chaosphere』しか持ってない」と言う事実を踏まえた上で読んで下さいって今言っても遅いですね。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-16 19:50 | Comments(2)

Hollow Heart by KALMAH

いつものようにネット上をふらふらとさまよっていたら、物凄いバンドの情報を入手しました。

VoはDIMENSION ZEROのヨッケ・ゴスベルグ。
GiはKALMAHのペッカ・コッコとMESHUGGAHのフレドリック・ソーデンタル。
BaはIMPIOUSのエリック・ピーターソン。
DrはSOIL WORKのダーク・ヴェルビューレン。
KeyはKALMAHのマルコ・スネック。


わかる人にはわかると思いますが、メンバー全員が北欧デスメタル界のトップに立つバンドから、さらに選りすぐられた歴戦の猛者ばかり。もう面子見ただけで鳥肌立ちます。
インタビューがありまして、各メンバーがこのバンドやアルバムに対する思いを語っています。

ヨッケ「集まったのはいずれ劣らぬ超一流のミュージシャンだ。だから僕も彼らに負けないように頑張ったんだ」

ペッカ「あまり多くは語りたくないが、これだけははっきり言える。これからオレたちが作るアルバムは、誰も聞いたことの無いすごいアルバムになる」

フレドリック「いつもは複雑なリフを弾いてるけど、このバンドでは大暴れさせてもらうよ」

エリック「オレはベースの音がまるっきり聞こえないアルバムは嫌いなんだ。だから思いっきりベースを弾かせてもらった」

ダーク「このプロジェクトに僕が選ばれた時は信じられなかったけど、すごく嬉しかった。精一杯やらせてもらう」

マルコ「Keyのパートが決まっていなかったときに、ペッカが僕を誘ったんだ。君の腕前はこのバンドに必要不可欠なものだ、ってね」


メンバー全員のこの気合の入りよう。ただごとじゃありません。
バンド名やアルバムタイトルなど未定な部分は多いですが、すでにアルバムの製作は佳境を迎えており、2007年初頭には1stフルアルバムを発表するそう。
2007年、いきなり最高の年になりそうです。








なんてことがあったらいいのになぁ…。

ちなみにメンバーは北欧デスメタルにおける私的フェイバリットミュージシャン。
こんなドリームバンドのCDが発売されたら彼女とデートする約束破ってでも買いに行きたいです。

以上妄想でした。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-15 21:00 | Comments(6)

No Title

東京遠征が終わり、今日の朝5時過ぎに帰還。
帰りの夜行バスの中ではろくに眠れず、へとへとに疲れて10時間ほど爆睡。午後3時頃に学校へ行って、遠征の結果を報告した後、試聴中で声が聞こえなくて店員さんに手で×マークを作られるまで(=閉店ですよ、のサイン)CD屋で試聴しまくり(HATESPHERE全アルバム)、さきほど帰宅してお風呂入ってきて今記事書いてます。

ふと時計を見るともうこんな時間。そういえばCD屋の閉店は20時でした。

さて晩御飯、と思い席を立つと、ある悩みが浮かび上がってきました。

晩御飯はパスタにしよう→しかし卵がない=ミートソースに半熟卵を入れられない→パスタ却下→かといってご飯を炊くのも面倒だ→ていうかおかずになるようなものがない→もう外出たくないので買い物にはいきたくない→インスタントラーメンなんてイヤだ。ていうか昼に食べた


日々の献立に悩む主婦の気持ちがほんのちょっとわかり、半ば絶望的に冷蔵庫を開けました。


焼きそばあったー!


そういえば帰るときに彼女からもらったナスビがある!キャベツもあるぞ!いやっほう!今日は野菜たっぷり焼きそばだー!

冷蔵庫に焼きそば入っててこんなに嬉しかったことはいまだかつてないです。
そういえば以前も焼きそばで記事を書いたような。

肉が入ってないのが残念ですが、まぁ良しとしましょう。
いただきます。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-14 21:42 | Comments(0)

Defeat by KALMAH

私は、とある些細なおしゃべりから、軽はずみな発言をしました。

結果、自分が最も愛する人を心の底から傷つけて、泣かせてしまいました。

先日、「自分に忠実に生きない」と心に誓ったばかりなのに、この有り様です。



それでも、私は生きなくてはならない。



私は私らしく生きてはならない。
私は私の思い通りに生きてはならない。
私は私の為に生きてはならない。
私は他人の為に生きなくてはならない。




私は愛する人の為に生きなくてはならない。

愛する人の為だけに生きなくてはならない。






というわけで(どういうわけだ)、ブログ名を「AGIEL」から「Defeat」に変更したいと思います。
ご迷惑だと思いますが、リンクして頂いている各方々は修正をお願いします。修正したらコメントに一言いれてくれると嬉しいです。私ものぞきに行きます。



あぁ、またわがまま言っちゃった。ごめんなさい。ごめんなさい。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-14 01:45 | Comments(5)

No Title

自分に忠実に生きない。

座右の銘にします。
[PR]

by final-resistance | 2006-12-09 23:36 | Comments(2)