2006年 12月 06日 ( 1 )

Vanishing Light by IN FLAMES

とあるサイトで、こんな様なことが書かれていました。


自分が死んで1億人が助かるか。
1億人が死んで自分が助かるか。
どちらかを選べ。



考えさせられましたね。私はもちろん助かりたい派ですが、1億もの尊い命を投げ打って救われるべき命では到底ないと思います。

かといって、見ず知らずの赤の他人の1億人のために命を捨てるか、と言われても困ります。
私のおかげで、生きてる価値も無い人間(凶悪犯罪者とか)や個人的に日常生活で気に入らないと思っている人間や、時々我が国に向けてミサイルぶっ放してくる国の指導者なんかを生かすハメになったりするかもしれないのもしゃくです。

この1億人というのが曲者です。

世界の全人口の中からランダムで1億人選ばれる場合、私の親しい人や愛する人、自分の大好きなデスメタルバンドのメンバーなどその他亡くなって欲しくない人間が含まれる確率が大いにあります。百人や千人単位だったら確率的にそれは低いと思うので、堂々と助かるほうを選びます。

仮に1億人を自由に選べるとしたら(1億人選ぶ労力は置いといて)、先ほど述べた死刑囚・凶悪犯罪者や、不治の病に冒されて余命あと1日なんていう人をチョイスして、迷わず助かるほうを選びます。でも1億人もそんな人がいるのかと聞かれると、少し疑問です。その場合は見ず知らずの健全な人にも犠牲になってもらいましょう。

なんだかDEATH NOTEみたいですね。この質問を考えた人の脳裏にはこの作品があったのでしょうか。



私は基本的に助かりたい派ですが…。
皆さんなら、どうしますか?(と、何気なくネタをふってみる
[PR]
by final-resistance | 2006-12-06 12:27 | Comments(0)

一生一緒にデスメタル。


by final-resistance
プロフィールを見る
画像一覧