Defeat

agiel.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 25日

Heaven's Descent by NEAERA

ニ連休です二連休。に、れ、ん、きゅう♪

TWO STEPS FROM HELL:Archangel
d0089277_14425319.jpg最近またちょっと熱を帯び始めてきたエピック枠の期待の新星、地獄の二歩手前さん。といっても活動歴はそこそこあってディスコグラフィーもItunesにたくさんありました。聴き比べても大体似たような曲調なのでどれにしようか迷ったけど「アークエンジェル」とかいう今時ヘヴィメタルでもやらn……いや、当たり前のようにやるよな。とにかくタイトルだけで惹かれて買った一枚。

前回購入したAntti Martikainenのアルバムと比べると曲の長さが2分かそこらで終わるものが多く、ゲームのサントラ的な感覚が強い。こういう曲はもっと壮大で長ったらしくやってもらっても構わない私個人としては曲が終わる度にむずがゆい気持ちになります。なるほど学習しました。


IRREVERSIBLE MECHANISM:Infinite Fields
d0089277_14425379.jpgウクライナだかイスラエルだかマルタ島だか、デスメタルを聴いてると何だかあんまり普段耳にしない国から登場したバンド。爆走と爆走と爆走の合間にテクニカルなフィルインをちょいちょい入れるドラム捌き。テケテケテケテケと二音ずつ刻むシュレッド。よくあるサブソニック優等生コスモジェネシックテクニカルデスです。他のテクデスと違うのはシンフォニック要素をがっつりモリモリ叩き込んでくる所かな。

それってOBSCURAじゃーん!というわけでそういうテクデスが好きな人は聴いてどうぞ。


りんぷびずきっと☆ちょこれーとすたーふぃっしゅ☆あんど☆ほっとどっぐふれいばーどうぉーたー☆
d0089277_14425251.jpg昔好きだったけど今もう持ってないバンドが無性に聴きたくなったから衝動買しちゃたよシリーズ、第二弾。多分第三弾はしばらく無いです。

こういうジャンルはもう卒業したとナナメにカマえているディスプレイの前のふぁじーを含めたそこのアナタ。アナタは何を以てして音楽を聴くのですか?流行ですか?主流ですか?時流ですか?

確かに今時こんなクッソイモ臭い曲調で「ひぇあーかもーん!」とか「げっざふぁっかー!」とか「ぶりぎろーん!」とかクッソイモ臭いこと言われても困ります。けどそのクッソイモ臭い音楽でクッソイモ臭い我々は育ったんです。クッソイモ臭い我々のクッソイモ臭いルーツがこのクッソイモ臭い音楽にあったんだということを決してお忘れなきよう。


NEAERA:The Rising Tide Of Oblivion
d0089277_14425271.jpg年間で二回はふぁじーのブログに登場しているかもしれないドイツのメロデスバンド。えぇ、メロデスです。何か間違ったこと言ってますか?

そうです。これはメロデスです。メロディック・デスメタル。それもアレです、ほら。大昔のIN FLAMESとかDARK TRANQUILLITYとか、下手すればDISSECTIONとかそういうのになりそうな、メロブラもメロデスもまだ区別が曖昧だった頃の若々しいメロデスです。

そうなんです。思い返してみたら、今でこそメタルコアという確立されたジャンルとして認識されているバンドって「メロデスかハードコア」のどっちかだったんですよ。十年も遡れば大体皆こういう音鳴らしてたんですね。十年も続いてるメタルコアバンドがあるかどうかは置いといて。

[PR]

by final-resistance | 2016-11-25 14:45 | Comments(0)


<< Sickness Within...      As I Wither Alo... >>