No Title






[PR]

# by final-resistance | 2018-06-16 06:06 | Comments(5)

No title

買い物備忘録。非公開にしてたけどそんなに見たいなら見せてあげる。ただしアタシの流儀で。

------購入予定------
BLOODSHOT DAWN:Reanimation
ABORTED:Strychnine.213

GOD DETHRONED
ICON IN ME
OCEANO
MECHINA
DECREPIT BIRTH
DECAPITATED
ANAAL NATHRAKH
HEAVEN SHALL BURN
HATESPHERE
THY DISEASE

------うるさくないやつ枠------

Antti Martikainen
Two Steps from Hell
Audiomachine
Colossal Trailer Music

------レビュー済み------

DEIVOS:Theodicy(めんどくさいのでレビュー拒否)
NEAERA:The Ours is the Storm(つまんないのでレビュー拒否)
SERENITY IN MURDER:The Eclipse
THOUSAND EYES:Endless Nightmare
ダンボール戦機ウォーズ LBXバトルサントラ
AEON:Aeons Black
Antti Martikainen:The Sound of Courage
BATUSHKA:Litourgiya
ION DISSONANCE:Cast the First Stone
MESHUGGAH:The Violent sleep of Reason
ULCERATE:Shrines of Paralysis
DIVINITY:The Immortalist, Pt. 3 - Conqueror(フルアルバムでレビュー予定のため省略)
UNMERCIFUL:Ravenous Impulse
ORIGIN:Unparalleled Universe
TRIGGER THE BLOODSHED:Degenerate
CIRCLE OF CONTEMPT:Structures for Creation
NILE:Black Seeds of Vengeance
DAATH:The Hinderers
IMMORATION:Kingdom of Conspiracy
SHADE EMPIRE:Poetry Of The Ill-Minded
IMPIOUS:Death Domination
SOILWORK:Figure No Five
MURDER MADE GOD:Enslaved
FURYBORN:Dawn of Leviathan
SKYFIRE:Liberation In Death(ちょっとアレなので非レビュー)
HIDEOUS DIVINITY:Adveniens
SikTh:Opacities
DIVINITY:The Immortalist

------未レビュー------

無えぜ


[PR]

# by final-resistance | 2018-06-06 06:06 | Comments(4)

Aeris by VEIL OF MAYA

ここ二十年くらいにおいて最も更新頻度が上がっている我がブログではあるが、おかげでお前らのチンポのカスくらいにはたまったレビューがずんどこずんどこ消化されてしまって、ついにこいつのレビューを書くときが来た。否、書かざるを得ない時が来てしまったのである。

DIVINITY:The immortalist
d0089277_22394381.jpg
まず本作を語る前に、このバンドに起きたいくつかの出来事やこの作品について、ふぁじーが知ってることだけを羅列。

・アルバムの製作にあたって、クラウドファンディングで資金を募った(5万ドルそこそこだった気がする)が、結局目標の1/3程度しか集まらなかった。
・ミニアルバム"Pt.1-Awestruck"、"Pt.2-Momentum"、"Pt.3-Conqueror"の三部作からなる。
・完成までに2ndボーカリストのJeff Waiteが一度脱退し、すぐに復帰するも現在既に脱退済み(一応レコーディングには参加しているため、収録されている全ての曲で彼の声を聴くことは可能。)。
・更にメインコンポーザーの一人であったギタリストSacha Laskowも"Pt.1-Awestruck"リリース後に脱退、現在は新たなギタリストが加入して活動を継続している。

重要なのはこんなとこだろう。ジャンルとしては確実に日本以上に浸透しているであろうカナダや諸外国においてさえ、頭に「デス」と付くだけで否応無く厳しくなるヘヴィメタルバンドの活動とその不安定さを改めて思い知らされる出来事といえる。

さて中身の方。三部作っちゅーくらいだからまず間違いなくコンセプトアルバムであり連続したストーリーがあるはずだし、ミニアルバムの発表順と違う曲順にも当然何か意図があってのことだろうが、確実に義務教育未満の英語力しか持たないふぁじーには残念ながらそこまで読み解く能力と食指が及ばない。だからいつも通り演奏だけ聴いて評価を下すことにしますと、おめでとうございます。今年のナンバーワンはこれに決定です。

夜空の大海に数多広がる星々が煌くが如く、デスもブラックもブルータルもテクニカルもメロディもグルーヴも、クラシカルもカオティックもプログレもドゥームもゴシックも、ありとあらゆるサブジャンルの全てを内包したマクロコズミックな万華鏡デスメタルであり、ヘヴィメタルの一つの到達点であることは想像に難くない。

本作を例えるなら…例えば未だ知られていない謎の生命体であるとか、解明できていない自然原理であるとか、そういったものが数多く秘められた「海底」とか「森林」とか、あまりにだだっ広くて人知が全く及ばない物理的超広々領域を想像してもらえればよろしい。本作を聴いて脳裏に湧き出るイメージはそういった「人の理解を遥かに超えた超常現象」である。

もはや完全な妄想であり完全なこじつけであるが"The Immortalist"="永遠を望む者"というものは「そういったもの」を追い求めるバンド自身や我々ユーザー自身であり、広義で捉えればこの罪深きあまつちに蔓延る全ての生きとし生けるが故に滅びる者、即ち"人類"という概念を謳った作品であると推測する。

正直コンセンプトアルバムなのにメンバーチェンジが多発するってのもどうかなっていうのはこの際どうでもいいし、逆を言えばこれだけメンバーが流動的だったのにも関わらず完全な一つの作品としてまとめた手腕を大いに評価すべきである。

ちなみにどうでもいい追記をすると、先述したキャンペーンがそれを知った時既に締め切られてしまい惜しくも参加出来なかったふぁじーは、この作品がリリースされた瞬間興奮のあまり最初からCDを買えばよかったもののうっかり音源データをダダ漏れチンポのごとく先走って買ってしまった挙句「せっかくだからCDも買おう」と公式HPからブックレット及び多分一生聴くこともないであろうLP付きデジパックCDセットの購入を何の迷いも無く決意した。日本円で3000円もしないカナダドルは安くて良いね。


[PR]

# by final-resistance | 2017-12-08 23:59 | Comments(0)

No Title

HIDEOUS DIVINITY:Adveniens
d0089277_21051628.jpg
この国、このジャケ、このレーベル。買わないわけにはいかんでしょう(試聴はしたけど)。我らがUnique Leaderからイタリアのブルータルデス、三枚目。

意外にもイタリアンブルータル四天王(メンツは御想像にお任せします)やその他有名所とは人脈的な繋がりはほぼ無い。しかしそんなことはそこいらのチキンみてえなバンドはおろかそのイタリアン四天王に勝るとも勝らないこの爆音の前では全く以ってどうでもいい事。#1"Ages Die"のイントロから#9"Embodiment of Chaos"のラストまで殆ど休み無く音の大量殺戮が繰り広げられるが如し。全く、イタリア人は最高だぜ。

他のブルータル勢とちょっぴり違うところは6分前後の長尺な曲が比較的多いとこ。最長で7分半もある。だからっつって変なSEやたるい間奏でだらしなく引き伸ばしたりしているわけでもなく、基本的にどこを切っても爆走であるから恐れ入る。全く、イタリア人は最高だぜ。

SikTh:Opacities
d0089277_21051637.jpg

最早某DILLINGERエフッエフッやCONVERGEと並んでカオティック系メタル/ハードコアの伝説的な存在として今尚影響を与え続けてるっぽいバンド、遺作であった2ndアルバム"Deatg of a Dead Day"から実に11年を経てリリースされた3rdアルバム

は試聴した感じ微妙だったのでよりSikThっぽさが濃厚だったミニアルバムをチョイス。このバンドにスピード感をあんまり求めてないふぁじー個人としましては暴れ馬同士でファックしてるが如く豪快に跳ね回るニューメタル的グルーヴがひらすらもう気持ちいいのなんのって。

ちなみにどこかの大学生さんはその3rdアルバムでのMikee GoodmanのVoを酷評してたみたいですが、あれを劣化って言っちゃうあの人の耳はやっぱりアテになりませんね。シブさマシマシの良~い声になってると思いません?

[PR]

# by final-resistance | 2017-12-04 22:06 | Comments(2)

Exult in Extinction by FURYBORN

仕事はクソが付くほど不調だが、気が付いたら70000HITを記録した当ブログの更新速度はバカが付くほど好調である。

FURYBORN:Dawn of Leviathan
d0089277_21385119.jpg
「元BLOODSHOT DAWNのギタリストがゲストでソロを披露!」という理由から前作ミニアルバムを買った奴はふぁじーを含めても含めなくても地球上で30人くらいしかおらんであろう。イギリスのメロデスバンドがまさかの1stフルをリリース!購入自体はもう半年くらい前です。

良くも悪くもマシーナリーでスマートな感触の音作りだった前作に比べると音圧がバカみたく上がっている。スピードというか体感速度が若干落ちた代わりにヘヴィネスも当社比三割増、無駄に大仰なメロディは勿論据え置き。

前作ミニアルバムまではアクセント程度だった男らしいノーマルシンギングがサビパでゴリッと盛り込まれていて、キレのあるスピーディなメロデスをやっていた前作に比べると全体的にアグレッシヴになっており、メンバーの見た目体脂肪率も相まってなんというかこの時期ピッタリの非常に暑苦しい仕上がりである。

RAUNCHY:Deatg Pop Romance
d0089277_21385197.jpg
これ系にしちゃデス声もっさりのくせにデンマークでは最早国民的人気ロックバンドとして認知されているバンド。日本で言うと…全く聴いた事ないけどUVERWorldみたいなもんですかね。

俺が何でこんなきらきら☆でぽっぷ☆でぴこぴこもにょもにょしたアルバムを買ったかというと…まぁ、俺以外の他人には一生を五千回繰り返しても理解してもらえまい。「どうしても好きで好きでたまらなくてどうしてもほしかったんだ!」という男勝りな性格をしたボーイッシュなヒロインに言ってもらいたいセリフナンバー999みたいな理由ではないが、中身は、まぁ、アレだ。SOILWORKやSCAR SYMMETRYといったガチのメタル寄りのバンドというより、DISARMONIA MUNDIみたいなやつ(もしくはそれらに影響を受けた米国産メタルコアみたいなやつ)。基本的に食指は動かないが、たまに聴くなら悪くない系の。

それにしてもWikipediaの彼らの項目で出てくる「ロサンゼルスからきた最後のハイパーネオメタルバンド」って一体誰のことなんでしょう。
[PR]

# by final-resistance | 2017-11-05 21:57 | Comments(1)

A Morbid Institution by MURDER MADE GOD

日本で初めてこのバンドのアルバムをレビューしたブログとして後世に長く語り継がれるべく早めの更新。

MURDER MADE GOD:Enslaved
d0089277_20313038.jpg
未だ解決の目処も立たない経済危機の崖っ淵に立ちながらも、NYPで200円くらい高く支払いしてあげたら健気にもイカしたステッカーを一枚プレゼントしてくれたギリシャのブルータル・デスメタルバンド。まぁそれくらいのサービスは当然だよね(笑)

変に捻った展開。冗長なイントロ。無駄な間奏。まどろっこしいものは極力省いたある種爽やかさすら漂わせる潔さ。ギターソロすら全く無し!ギリシャらしさを微塵も感じさせないスピード感のある2~3分前後の小気味良い極悪トラックを連発してくれます。速過ぎなく心地よいBPM内でリフとリズムの緩急だけを利用してテンポ良く曲をまとめるセンスの良さは、当方でも超絶絶賛した同じくギリシャが銀河に誇る天才集団KRONOSを髣髴とさせてグッド。今後にも期待Awesome!

※ステッカーおまけしてもらって気を良くして書いてます


[PR]

# by final-resistance | 2017-11-02 21:02 | Comments(0)

No Title

ま、僕も選挙なんて行くほど暇じゃないから行ってないんですけどね(笑)

SOILWORK:Figure Number Five
d0089277_19083989.jpg
お馴染みビヨーンのビヨーンによるビヨーンのためのバンド、モダナイズ化された頃の5作目。

これとかライブ動画で聴いてたらわかりますが、ビヨーンさんって歌声はパワフルでだけど特段に「上手い」ボーカリストってわけでもないようですね。じゃあお前の言う上手いってどういうことだよって突っ込まれたらそこは何も言い返せないからスルーしますけども。

楽曲は…なんてことない、わかりやすいメロディックデス声メタルです。わかりやすいのは別にいいしランダム再生とかで聴いてりゃ気にならないんですけど、曲の展開が#1"Rejection Role"と大体同じ曲が5つも6つもあるってどういうことだよ!


IMPIOUS:Death Domination
d0089277_19083913.jpg
活動停止状態になってからもう10年近く経っちゃう「THE CROWNの後継者」なんて呼ばれてたスウェーデンのデスラァーッシュ!バンド。そのTHE CROWNが再結成してアルバム二枚も出しちゃってるってのがね…。

で、内容がこれまたいろんな意味でビクーリするモンでして、全体的にBPMが前作(は持ってないけど)及び前々作と比較してかなり高めに。更にドラムの手数も大幅増。リフもちょっぴりEvilな感じになって最早ちょっとしたブルータルデス。

00年代デスラッシュ名作として語り継がれる"Hellcinate"のような路線が好きだった私としましても……これはこれで好きですね。是非とも再結成してほしいゾ~。


AEON:Aeons Black
d0089277_19083945.jpg
前身バンドから数えると20年クラスの老舗、王道スウェディッスオールドスクールを地で行くバンドの…最新作かな。といっても四、五年は前の代物だけど。

いやー地味っすねコレ。笑っちゃうくらい地味。ド派手な演奏とかキレッキレのメロディとかそんなわかりやすいモノは一切含まれてない、何も轢かない何も屠さない混じりっ気一切無しの純度50000%オールドスクールデス。

ふぁじーの主食では無いけども、たまーに聴くと唸っちゃう位格好良いんですわ。多すぎるインストは意味不明だけどね。


SHADE EMPIRE:Poetry Of The Ill-Minded
d0089277_19083937.jpg
一時期長いこと活動停止してたけど(作品のスパンが長かっただけかもしれません)前作で突如として全世界に"To Nobles, Welcome to the Earth"とばかりに世界崩壊終末宣戦布告宣言を放ったフィンランドのラスボスメタルバンド。

ギターもベースもドラムもボーカルもこれくらいシンフォ部隊に押されちゃっても平気な「Keyが目立つなら他の楽器なんてどうなったって構わない主義者」であるふぁじーとしては演奏面で特筆すべきことはないんですけど、面白いのが曲の流れや空気をを無視して時々唐突にぶっ込まれるやけにJazzyでFusionなトランペットソロ。ただ単にバンド側がやりたかっただけなんじゃないでしょうかコレ。マッチしてるしてないとかは最早問題じゃなくて、聴いてて意表を突かれるという意味で面白かったです。

TRIGGER THE BLOODSHED:Degenerate

d0089277_19114594.jpg
もしかしたらもしかしなくても、今年一番聴いてるかもしれない今年のナンバーワン候補。こちらも大分長いこと活動停止しているようで、2008年の今作から一向に音沙汰が無くて寂しい限り。

先ほど紹介したAEONなんかと比べるともうドチャクソブチアゲのゴリゴリブリュブリュでヌルンヌルンビチャビチャ、ヘッドホン越しに明確な殺意すら感じさせる超絶エグいドグサレクソミソブルータルデスメタル。あぁ~^こういう何も考えないで聴けるデスメタル好きっすわ~^^

メタルの音作りの何たるかもわかってないションベン野グソのイェンス・ボグレンなんて屁とも下痢とも思わないこれだけでご飯65535杯イケちゃう超高品質なサウンドプロダクションも最高過ぎて言うこと無いっすね。こちらも是非是非活動再開希望ということで。


[PR]

# by final-resistance | 2017-10-29 19:33 | Comments(0)

No Title

ふぁじーがメタルを聴く際に最も重要視していることは「速い」ことである。どうしてってそりゃあお前、速い曲のほうがメタルとして格好良いに決まってるじゃあないか。速い曲よりも遅い曲『の方』が格好良いなんてこと絶対ないね。あるわけがない。

それにほら、見てみろよ。「速い曲はもちろん、遅い曲も格好良い」「遅い曲の配置が速い曲を引き立てることに成功している」「遅くても格好良い曲がある」なんて、どこのレビューサイトを見ても『遅い曲』について肯定的に書いてるところなんてまずお目にかかったことがない。かようにメタラーは結局、速い曲であれば反射的に絶対的に無条件で受け入れてしまうのである。


その事実を、このアルバムを聴くまで俺は疑うことすらしなかったのだ。


IMMOLATION:Kingdom of Conspiracy
d0089277_22111666.jpg
個人的に一生縁が無いと思っていたというのにうっかり試聴してしまったもんだからさあ大変。桁外れの膂力と規格外の迫力、威厳すら感じる圧倒的な存在感。一体何なんだこの怪物は。どうにかして他バンドに例えるなら、思いッッッッッきり遅くしたBEHEMOTHとかHATE ETERNALとか。正に音で聴く「遅さの暴力」。

恐ろしいことにこのアルバム(に限った話ではないかもしれないが)遅い曲『の方が』格好良い。不協和音とツーバスマシマシのスローテンポでズンダカズンダカやってる時の方が、ブラストビート鳴らして突っ走ってる時よりも数段格好良いのだ。遅→速のコントラストなんて普通のバンドなら問題なく格好良く聴こえるはずなのに、このバンドに限っては逆のパターンの方が格好良く聴こえる。「もっと遅く!重たく!引き摺り倒すように!」とスローパートを熱望してしまうほどに。

何かもう聴いちゃいけないヤバいもの聴いてると感じる瞬間が多々ありました。これは今年のNo.1合戦、えらいことになりそうですぞ!

[PR]

# by final-resistance | 2017-10-22 22:12 | Comments(0)

No Title

妹が俺のソファでメビウスFFやってる横でブログ書きます。

CIRCLE OF CONTEMPT:Structures for Creation
d0089277_20120420.jpg
フィンランドと言えばサンタクロースとムーミンとサウナとクサメタルが名産という常識をひっくり返す実力派Djent勢。Sumerian所属でしたが、今作はバンド自身のセルフリリースだそう。

前作フルレングスからEPと安定して良作をリリースしているバンドですが、今作もまた良い意味で安心して聴けるメロディアスなペンデュラムスウィングを連発。気持ち良い位に順当なレベルアップを果たしておりまして非常にグラッツェ!少し落ち着いたDjentブームに関係なく、テクニカルメタル好きなお前らにオススメいたしたい一品です。

DAATH:The Hinderers
d0089277_20120425.jpg
翻ってこちらはアメ産の……何ですかコレ。アヴァンギャルドとまでは行かないにせよ、ストレートなグルーヴデスメタルと不穏なミドルテンポを忙しなく行き来するヘンテコテクデス…いやテクデスってほどテクテクしてないし、独特なグルーヴもツーバスドドドの迫力もすごいし…そういえばKevin Talleyが在籍していたはず、との記憶を辿ってみるもどうやら今作ではヘルプで#6のみの参加の模様。

と「…」を多用したくなる程には解釈が難しいバンド。Kevinが本格参戦した次の次の作品が名作らしいのでその内そっちも買ってみようと思います。

NILE:Black Seeds of Vnegence
d0089277_20120573.jpg
これはもう説明不要ですね。いつでもどこでもいつまでも、孤高のピラミッドゴッドブルータルデスを貫き続けるバンドの初期作。

個人的意見としてドラムがGeorge Kollias固定になってからはスピードとアグレッションはバカみたいに上がったけどフィルインとかがすごく単調になった気がしてあまり好きじゃなくなりましたので、わざと加入前の初期作を買ってみたらビックリ。そういえばDerek Loddyが担当してましたね。

速い曲はもちろん素晴らしいのですが、そんなのより遥かに絶大なインパクトをリスナーに与えるのがラスト三曲。その辺のアングラブラックメタルなんかよりヤバみハンパねえ気味の悪いインスト。そう、インストなんです(しかも合わせて15分くらいある)。そんなもん聴いてるだけで本気でイムホテップか何かに呪い殺されそうな気がします。そのためだけに買う価値ある…とは言えませんが、一度聴いてみる価値はアリと思います。一回聴けば二度と聴くこともないかもしれませんが。

[PR]

# by final-resistance | 2017-09-11 20:46 | Comments(2)

メーデー by BUMP OF CHICKEN

5月くらいからのレビューたんまり溜まってるんですけど、一月前に届いたやつと昨日届いたブツの感想書きますね。

UNMERCIFUL:Ravenous Impulse
d0089277_20061709.jpg
ORIGIN抜けた組やORIGIN続けてる組、ORIGINヘルプ組等々ORIGIN関係者の多いORIGINバンド。

最近のORIGINがあんまりORIGINしてないので代わりになるかなと思って買ったんですが…うーん…

代わりというにはちっと弱い。わかんない人や興味ない人はどっちも一緒じゃんってなるわけじゃんなんだけど、そうじゃない。ORIGINというくらいだからORIGINALITYというものはあるのだ。次に紹介するORIGINの最新作を聴いて、俺はそう確信した。


ORIGIN:Unparalleled Universe

d0089277_20061913.jpg
まず諸君らに伝えよう。ORIGIN完全復活である。これこそがORIGINであり、ORIGINがORIGINと呼ばれる所以たるORIGINALのORIGINである。

やっぱこいつら頭おかしいわ。

ブルータリティはどっこいどっこいだけど、キチ度合いがまるで違う。テクニカルとかアヴァンギャルドなんてのとはまた別な意味で狂ってる。唯一のORIGINALメンバーであるPaul Ryanの本気は間違いなくAntithesisとコレだろう。前作、前々作の煮え切らなさに辟易してた俺に良し、お前らに良しである。



[PR]

# by final-resistance | 2017-08-28 20:31 | Comments(7)